2012.01.09

ちひろ美術館

前出の「谷川俊太郎と絵本の仲間たち」展のために
久しぶりに行った「ちひろ美術館」

実は、いわさきちひろさんの絵は、今のところ
自分の家に飾りたいと思うタイプの絵ではない
(失礼ごめんなさい!)。
あの独特なにじみやぼかしに、
いろんな子どもの表情や感情の中の、
寂しさや儚さが強調されているように感じるからだろうか。

ということもあって、わりと近所にあるにもかかわらず
随分訪れていなかったのだけれど、
今回は、また近いうちに来たいと思った。

まず企画展が楽しかったこと。

いろんな作家の絵本を閲覧できる図書室も、
授乳室も備えたおもちゃや絵本がある「こどものへや」も、
そんなに広くはないけれど居心地がよさそうだったし、
セレクトされて置かれた図書室の本は
その内容も多すぎない冊数も、
ここだけに訪れてのんびり絵本を読みたいと思ったし、
子どもを連れてきたいとも思ったこと
(でもうちの子たちはおとなしく遊ぶタイプじゃないから、
無理かしらとも思ったが…)。

展示室をつなぐ廊下やカフェの広く大きな窓は
全て中庭に面していて明るく開放的で、
暖かい季節ならもっと気持ち良さそうだし、
季節のお庭の変化も楽しそうだなと思ったこと、など。

一言でいうと、
「ちひろさん」のイメージが強くて訪れないのは、
もったいなかったなという気持ち(だから、失礼だってば!)。

実は今回の企画展も、気にはなっていたものの
行かずに終わってしまいそうだった。
ところが去年の暮れに誘っていただいた楽しい女子会で、
偶然、「谷川俊太郎と絵本の仲間たち」のお話しを
聞くことができて、やっぱり行こう!と思ったのだった。

企画展と同時に行われていた「ちひろの白」という
展示では、普段触れることのないちひろさんの絵を見て、
持っていたイメージとは違う絵や、
これは好きだなと思う絵に出会えたのも面白かった。

ちなみに写真はカフェでいただいたメニュー。
シフォンケーキが人気メニューらしいのだけれど、
こっちのほうが気になって。
Tihiro_cafe20121

冬のケーク・サレ 630円(数量限定)
ブロッコリー、長ねぎ、かぼちゃ等の冬野菜とローズマリー、
ハム、チーズ。
ケーク・サレをちゃんといただくのは初めて。
想像していたよりふわっとしていた。
付け合わせのピクルスが美味しかった!

全粒ケーキ〈オーガニック小麦のパウンドケーキ〉 400円
砂糖や動物性素材を使わず、ドライフルーツとフルーツ果汁の
甘みを生かしたパウンドケーキ。アプリコットジャムを添えて。
ワインを飲みながら、ちびちび食べたい感じの好みの味。

他に、キッシュやおむすびプレート、スープ、ワインやビール、
ハーブティやタンポポコーヒー、7ヶ月頃から食べられる
ベビーのおやつなどあり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.08

「谷川俊太郎と絵本の仲間たち」展

ちひろ美術館で開催されている
「谷川俊太郎と絵本の仲間たち」展に行った。

ちひろ美術館には随分前に一度来たことがあったのだけれど、
2002年に改築されたからは訪れたことがなく、
大きな窓から中庭が見渡せる明るく開放的な空間に
別の場所に来たような印象。
駅からの距離も記憶していたよりも近かった。
もっと早く来てみればよかった。

今回の企画展は谷川俊太郎を中心に、
谷川俊太郎&堀内誠一
谷川俊太郎&長新太
谷川俊太郎&和田誠
とコーナーが分かれており、
絵本と原画と俊太郎さんのコメントなどが楽しめる内容。
絵本や4名の方々に詳しいわけではないのだけれど、
絵、言葉、デザイン、思い、考え方、いろいろなものに
出会えて見ごたえたっぷりだった。

発見の中からいくつか。

堀内さんって、『たろうのおでかけ』の人だったのか!と
驚いたり。
(子どもの頃好きだった絵本をこの企画展で思い出した!
そうそう、このアイスクリームの箱!
ダメダメ言われてばかりでしつけ本的傾向が強いのに、
大胆な構図や絵が大好きだった。
代表作らしいので私が知らなさ過ぎなのだろうけど)

俊太郎さんが訳したマザーグースの一編に
たぶん今だからこそ、膝を打つ!って感じで納得したり。

 おとこのこって なんでできてる? 
 おとこのこって なんでできてる? 
 かえるに かたつむりに こいぬのしっぽ 
 そんなもんでできてるよ

 おんなのこって なんでできてる? 
 おんなのこって なんでできてる? 
 おさとうとスパイスと すてきななにもかも 
 そんなもんでできてるよ

(特に“スパイス”ってところに感動すら覚える。
私のまわりには“おさけとスパイス”な女子が多いけれど)

書店や図書館で絵本を見ると、その量に圧倒され
「買おう」って気持ちに行き着くことが少ない。
それよりも、こういう企画展や絵本ショップの出張ミニ店舗、
古本屋など、少ない量のほうがじっくり見られて楽しいし、
購入意欲が沸いてくる。
(今回は4冊も買ってしまった)

仕事柄か、絵本ではないけれど、
俊太郎さんと堀内さんが手掛けたヤマハの古いPR誌
『ピアノの本』、から生まれた『ピアノ小読本』の
オリジナリティや面白さや完成度の高さに驚いたり、
和田さんの、トレぺに書いた几帳面な色指定や
切り張りされた原画を見て、紙の厚さや具体性、
指先を動かすことや時代を感じたり、
楽しかったなあ。

企画展は1月29日まで。
興味をそそられた方はぜひ。

そうだ、書き忘れてた!
今回の企画展では、おみくじが販売されている。
俊太郎さんの言葉を楽しむための「俊みくじ」。
全部で50通りあって、全部書き下ろし、100円。
私がひいたのがどんな言葉だったかはナイショ。
Syunmikuji

それと、ぜひお手洗いにも入ってみて!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.22

茶屋 つゆくさ

「茶屋 つゆくさ」さん

「ちょっとお茶をしたいけれど珈琲は身体にしんどい」とか、
「身体に(胃腸に?)優しいご飯が食べたいな」というときに
行きたくなるお店。

・鉄瓶で沸かしたお湯で淹れたオーガニックなお茶
・無農薬の胚芽米
・いろいろ野菜のおかずたち

ランチメニューは日替わり。
私がいただいた日は、
Tuyukusaranti2011_2
・無農薬の胚芽米ごはん
・お味噌汁(茸とかぶの葉)
・大根と人参と車麩の煮物
・小松菜とわかめの和えもの
・きゅうりと玉ねぎのピクルス
・じゃこピーマン
・ぬか漬け

がっつり食べる人には量が少し物足りないかも?
でも、こういうご飯を食べたいときは、
身体が少し疲れ気味な気がするので、ちょうどいいかな。
腹八分目。
それにしても、授乳中に食べたかった!と思うメニューだな。

こちらは、夏にいただいたお茶とお菓子。
Tuyukusa_greentea2011

Tuyukusa_siratamaazuki2011

お茶受けの“おかき”も有機栽培米の無添加のものとのこと。

「つゆくさ」さんは、食材や調味料など、
身体にいいものを選んでいるのだけれど、
なんというか“かたくなさ”のようなものは全然感じなくて、
光がたくさん入るお店も、店主さんも、ほーっとした感じ。
近所のおうちでお昼をいただいているような。

Tuyukusamenyu2011
Tuyukusa_menhyu2_2011
(クリックすると大きくなります)

有機農法ビールやオーガニックワインもあるそうなので
夜も行ってみたいと思いつつ未訪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.04

おうちカフェ COZZY

近所にできた気になるお店
おうちカフェ cozzy」に行って来た。

くつろげそうな雰囲気と、からだのことを考えたご飯。
それにプラスして、ツイッターやサイトを見ると、
オープン早々からいろいろなワークショップやセミナー
(フラワーアレンジメント、マインドマップ、セルフケア、
ベビー&ママランチデーなど)を開いていることも
気になっていた。

お店の扉を開けると、
本当にどこかのお家の居間にお邪魔したようなまったり感。
私がうかがったのは夏の暑い日の午後だったからか、
お部屋の中がいい感じに薄暗くて
たくさんの縦長の窓から見える静かな通りと街路樹が
なんとなく避暑地っぽ感じ。

ランチは日替わり・ワンメニュー。
私がいただいた日のランチ。
 ・鶏と野菜のトマト煮ご飯
 ・ジャガイモとソーセージのサラダ
 ・ニラ玉
 ・明太子ディップ
 ・胡麻豆腐
 ・ショウガのスープ(クコの実入り)
Cozzy

献立も「おうち」っぽい。
体や旬を考えて、品数・素材いろいろ、
どこかちょっと野暮ったいけれど、それがとっても嬉しい。

 *

いろいろお話を聞いてみると、

ご飯やお茶を提供するだけのカフェではなく、
「人が今より少し楽しくなったりステップアップしたり、
人と人がつながったり、そういう場を作りたい」との思いで
この3月にお店をオープンしたとのこと。
さらに、オープン直前までは会社にお勤めしていて、
人材育成などにかかわるベテラン社員さんだったと聞いて
ビックリ! (しかも、それ以前にも、様々なお仕事を経験
されていて、そのお話を聞くだけで勉強になる~)

でも、とても納得。
cozzyさんは、人材育成に携わっていたキャリアを含め
さまざまな出会いや経験を経て、
ちょっとした出会いやきっかけで
人がグーンと伸びたり、生きるのが少しラクになったりする
場面にたくさん出会ってきたのだと思う。
そしてご自身もそういう経験をされたのだと思う。

だから、セミナーを開催したり、
お店のスペース貸しをサイトに掲載されていたり、
子どもがまだ小さくて自由な時間やほっとする時間を
作りづらいママへをサポートするメニューがあったり。
何より、オーナーのcozzyさんご自身が
人との出会いやつながりを大切に、でもフットワーク軽く
楽しんでいる様子が、とても素敵だなと感じる。

 *

西武新宿線の鷺ノ宮駅は、準急が止まる駅にもかかわらず、
落ち着いてランチやお茶をしたいなと思う店がなかった。
いつも混んでるドトール(ミラノサンド大好きだけど)とか、
モスバーガーとか・・・。

でも少し前から、行きたいな、今日はどこに行こうかなと
選ぶ選択肢が増えてきて嬉しい。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.06.28

Honey's Bagel サイト

たまにしか、書かない町ネタだけれど、
検索ワードで訪れてくれる人の多くは、
その町ネタでこのブログにたどりつく。

最近多い検索ワード
「Hone'ys Bagel(ハニーズベーグル)」

最近、鷺ノ宮にOPENしたベーグル屋さん。
以前ここにレポートを書いたあとも、
いろいろと新商品が出ていて、
いくたびに、どれを買おうか迷ってしまう。

さてこの
「Hone'ys Bagel(ハニーズベーグル)」に
HPができたとのこと。

このサイトで、商品をチェックしてから行くと、
お店で迷わない、かも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.12

Hone'ys Bagel(ハニーズベーグル)

久しぶりの街ネタ。

近所にベーグル屋さんがOPEN。
『Hone'ys Bagel(ハニーズベーグル』

準急が止まるのに何かと地味な鷺ノ宮駅周辺に
新しい風が吹いてきたかしら?と思わせる
ナチュラル&シンプルで雰囲気のいい店構え。
Tentou_20100510

全種類買いたい!という衝動を抑え、
今回購入したのは

Tunaabokado_20100510

Beguru_20100510

 ・ツナ&アボカドのスパイシーサンド(350円)
 ・クランベリー&イチジククリームサンド(ハーフ100円)
 ・全粒紛&くるみ(160円)
 ・抹茶大納言(180円)
(サンドは、プレーンベーグル)
 ・いちじく&メープルスコーン(170円)

ツナ&アボカドサンドは、
アボカドスライスではなく、
ツナとすりおろしニンニクとオレガノ(かな?)、
少し辛いのはタバスコ? 黒胡椒?などと
アボカドを混ぜたスパイシー濃厚ディップと
レタスとトマトが挟まれたサンドウィッチ。
香辛料がいい感じ。 食べ応えあり。

クランベリー&イチジククリームサンドは、
クランベリー色に染まったクリームチーズに、
柔らかいドライイチジクがたっぷり入っていて
満足感高し!
(クリーム系はハーフでも購入できる)。

抹茶&大納言は、色がきれい!!!
持つとずっしりと重くて、もっちりみっちり。
大納言の甘さと分量と抹茶の風味がちょうどよくて
美味しい。
Mattyadainagon_20100510


くるみ全粒粉は、全粒粉ってところがそそられる(笑)。
香ばしくて、粉の甘みもあって、みっちりもっちり。

そそられるといえば、
スコーンの「いちじく&メープル」の組み合わせ。
外側サックリ、中は柔らか。
ちょっと甘いものも欲しいなってときにスコーンは嬉しい。

冷凍もできるし、みっちりもっちりの生地と
トーストしたときのカリッと感も大好きなベーグル。
美味しいベーグルが買えるお店が近所にできて嬉しい。

Tennai_20100510

(焼き上がり時間などが違うので、
常に全種類のベーグル&サンドウィッチはないらしいです)

 *
 
中野区上鷺宮1-1-19
8:00~18:00
定休日 月曜日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.05.30

かりん糖

最寄駅にある“かりん糖”のお店。
正直言って、店構えもロゴも雰囲気も、
それまで「買ってみたい」と思ったことがなかった。

ある日夫が、
「おみやげ~」と、この店のかりん糖を買ってきてくれた。

そのときの私は、まだ、“おっぱいトラブル”を抱えていて
(母乳が乳房の中で詰まって、腫れたり
シコリができたり刺すような痛みがあったりする)、
油っぽいものや乳製品を控える食事をしていたので、
おやつも和菓子系のものを選んでいた。

和菓子を食べない夫は、”美味しい和菓子”も、
”美味しそうな和菓子”も分からない。基準がない。
だから、
“かりん糖専門店のかりん糖なら、それなりに
美味しいんじゃないかな”と思ったのだろう。

かりん糖は美味しかった。
そして、和菓子嫌いの夫が、私も行ったことがない
かりん糖屋さんに行ったことが、ちょっと悔しかった。

後日、お店に行ってみた。
すると、ちょっとウキウキするくらいたくさんの種類があり、
甘い味だけでなく、ネギ味噌、黒こしょう、
キンピラゴボウなど、しょっぱい系の味もあって、
すべて試食できるようになっていた!

さらに、平日の昼間にもかかわらず、
私がお店にいる間にも4、5人のお客さんが
かりん糖を買っていった。 
意外と(失礼!)人気があるお店なんだなぁ。

例えば黒こしょう味はビールにも合うし、
おやつでも、おつまみでもイケるから、
今では、自分のおやつとして買ったり、
父の日に贈ったりなど重宝させてもらっている。

今のお気に入りは、この三つ。
左からチョコ、キンピラゴボウ、胡麻。
どっしりとした黒砂糖のかりん糖も大好きだけれど、
ちょっと軽めのかりん糖はバリエーションの楽しもあり、
どれも、ついつい手が出る後ひく美味しさだ。

Karintou090529

チョコはコーティングではなく、染み込んでいる感じと
サクッとした食感の意外性が好き。
キンピラゴボウはゴボウの香りと”辛いかりん糖”という
これまた意外性がいい。
胡麻はオーソドックスに見えて、塩味が効いてるところが
またまた意外で(笑)で美味。
お店のサイトによると、胡麻が一番人気らしい。

商品のパッケージやサイトは野暮ったいのだけれど
(すみません!)、地元の人に愛される美味しい
かりん糖屋さんなのだ。

 *
旭製菓のかりん糖 鷺ノ宮店
〒165-0032
東京都中野区鷺宮3-17
TEL 03-3330-4158


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.04.23

蕎麦ランチ

天気がいいので、阿佐ヶ谷まで歩いてランチ。

あちこちにハナミズキや、桜餅みたいな八重桜が咲いていて、
こっちにも、あっ、あっちにも、と見つけるのが楽しい。

体にやさしい感じのものが食べたいなと思い、
『遊遊』でロールキャベツを食べようか
(あっさりスープに柚子胡椒が添えてあって、野菜たっぷり)、
『すが原』で蕎麦を食べようかなどと考えながら歩く。

初夏のような陽気で、阿佐ヶ谷まで歩くと暑い。
袖口をまくりながら、急に、ざるうどんが食べたい!と思ったが、
心惹かれるお店が思い浮かばなかったので、
うどんに近いし・・・と、蕎麦屋『すが原』へ。

ここの「つけとろせいろ」が美味しいんだよなぁ。
だが、限定10食の「野菜小天丼とせいろ(1380円)」があったので、
そっちをオーダー。
野菜丼は、タレがちょっと甘めだったけど、逆に蕎麦の爽やかさが
引き立つような気がした。丼を食べると蕎麦が食べたくなる感じ。

蕎麦は詳しくないけれど、
阿佐ヶ谷駅周辺で美味しいと思ったのは、この『すが原』と『一栄』
(ちょっと量が少なめだけど)。
鷺ノ宮駅近くでは『加賀屋』が好き。
でも蕎麦は、天せいろとか、つけ鴨せいろとかにすると、
値段が高くなってしまうので、あまり気軽には行けないのよねぇ。
まあ、それがその蕎麦屋の雰囲気のひとつだとも言えるんだけど。

そういえば、阿佐ヶ谷で蕎麦と言えば、
一度、『みや野』に行ってみたいなぁ。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.04.07

枝垂桜の週末

家の近くを流れる妙正寺川。
週末は、川沿いを上って妙正寺公園まで散歩。

途中、いろんな花に会う。
花壇の花より、足元の雑草が気になる。
ヒナゲシ、ナズナ、ハナニラかな?
Hinagesi_080406 Nazuna_080406_2 
Hananira_080406

妙正寺公園近くの川沿いは、枝垂桜並木!
ソメイヨシノなどに比べて1週間ほど見ごろが遅いので、ちょうど満開。
Sidarezakura2_080406

公園まで、枝垂桜のトンネルが続く。
Sidarezakura1_080406

ソメイヨシノに比べて、花の色はピンク色が少し濃く、
枝ぶりが柔らかで美しい。
4年ほどここに住んでいるのに、
こんなキレイな桜並木があるなんて知らなかった。

気温が高いので、妙正寺公園まで歩いてくると、
半袖でもいい!と感じるほど暑い。
この感じ、まるでゴールデンウィーク頃の陽気だなぁ。

公園から、井草川遊歩道を歩きながら下井草駅へ。
井草川遊歩道は、「サザンカ」「ピラカンサ」「メタセコイヤ」など
それぞれの植物に、名前と簡単な説明が書かれたプレートが
ついていて楽しい。

下井草駅近くの「らせん屋」でランチ。
TVでも、ちょくちょく取り上げられている洋食屋さんらしく、
なかなか美味しかった。
今度はハンバーグを食べてみたいな。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.10.25

鷺ノ宮に吹くタイの風

Pakanafaiden071022

これは、「パッカナーファイデーン」というお料理。
パッカナーというタイの野菜を、
唐辛子やナンプラーなどで辛じょっぱく炒めて、
ご飯(タイ米!)にかけたもの。
かなり辛くて美味しい(ちょっと、しょっぱいけど)。

ランチでよく利用するお店「HOPPE CAFE」
オープンエアで、店と道路の仕切りはすだれだけっていう、
小さくて、アジアの屋台みたいなお店。
ほとんどのランチメニューが600円。
タイ風ミニデザート(タピオカやコーヒーゼリーなど)付き。
(本当に暑い夏や、本当に寒い冬は、テイクアウトにすることも多い。
↓これは、鶏カシューナッツ炒めと紅茶のゼリー だったと思う。)
Hoppe_cafe_takeuot_20071025_2


グリーンカレーやナシゴレン、ガイヤーンなど、
メジャーなタイ料理ももちろんあるけれど、
日によって、あんまり知らないメニューがあるので楽しい。
「パッポンカリー(カニなどの魚介類エキスたっぷりのスープに
溶きたまごを絡めた、ふわふわのとろとろカレー♪)」も、
ここで初めて食べた。

鷺ノ宮には、
「今日は、ここでいっかー」というお店ではなく、
「今日は、ここのランチが食べたい!」というお店が、
あまりないので、
「HOPPE CAFE」があるのは(去年の夏にオープン)、
ホントに嬉しい。

よく行くお店のことは、あんまりココに書いてなかったなぁと思い、
書いてみました。
*
西武新宿線 鷺ノ宮駅 北口 すぐ
線路沿い(新宿方面)に並ぶお店の一角

★現在は、お店の名前が「FUNDEEN」に変わりました。
  でも、美味しさはそのまま、っていうか、
  バージョンアップしてるかも。 オススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧