2013.09.07

『給水塔と赤い屋根展〜阿佐ヶ谷住宅のおはなし〜』展

阿佐ヶ谷コンテクストで行われている
『給水塔と赤い屋根〜阿佐ヶ谷住宅のおはなし〜』展
に行ってきた。

陳腐な言葉に聞こえてしまうかもしれないけれど、
愛がいっぱいだった。
あの空間を思い出すとほんの少し涙ぐみそうになる。
阿佐ヶ谷住宅との思い出は多くはないのに。

阿佐ヶ谷住宅については、アサガヤデンショさんの
サイトをリンクさせていただこうと思う。こちら。
(アサガヤデンショ:東京・阿佐ヶ谷で電書をつくるために
集まった職業、年齢、性別も様々な集団)

『給水塔と赤い屋根〜阿佐ヶ谷住宅のおはなし〜』展は、
取り壊しが始まってしまった阿佐ヶ谷住宅への思いを、
アサガヤデンンショさんが一冊の電子書籍にまとめた
『給水塔と赤い屋根〜阿佐ヶ谷住宅のおはなし〜』
発行を記念して行われた展示。

最初はこの展示を見ることに少し躊躇していた。
私と阿佐ヶ谷住宅の接点はそれほど濃密ではないし、
“阿佐ヶ谷住宅大好きだよね”の輪に入れずに
ポツンとした気分になるのではないかと思ったり、
私ごときが足を踏み入れるのは
ひやかしているようで申し訳ない気もしたり。
だから、他の用事を作って、自分の中で“時間があったら
行こうかなぐらいの設定”にしておいて、行ったのだった。

でもそんなちっちゃな思いこみはどーでもよかった。
阿佐ヶ谷住宅も、阿佐ヶ谷住宅を愛していた人たちも、
もっともっと深くて広くて大きかった。

出迎えてくれる花たち(阿佐ヶ谷住宅の植物の挿し木苗)と
阿佐ヶ谷住宅の写真たち。

写真(ポストカード)、版画、阿佐ヶ谷住宅をモチーフにした
手ぬぐいやお菓子、ジオラマのような陶芸の作品、
給水塔の定点観測、
そして、阿佐ヶ谷住宅の植物の花や種を使って
自分のオリジナル万華鏡を作れるコーナーなど。

場所があって、人がいて、
季節や日々で移り変わる風景があって、
その記憶。

阿佐ヶ谷住宅に触れた人はもちろん、
阿佐ヶ谷住宅じゃなくても、
人には何かしらそういう風景があって、
それが心のどこかに大切にしまわれていること感じる、
そんな展示だった。
だから少しセンチメンタルにもなるけれど、
それを胸にいだいて“次へ!”も感じられて。

植物の花や種子で作る万華鏡は、本当に楽しかった!
たんぽぽの綿毛のような細い線や種も、
万華鏡の中では不思議な線や形を作り出してくれるし、
乾燥した植物の静かで強い色合いが
万華鏡への光の入り方で、鮮やかになったり暗くなったり。
そして、阿佐ヶ谷住宅の植物を持ち帰れる嬉しさ。

ちなみに私が入れた植物は、好きなものを中心に、
ナズナ、サルスベリ、タンポポ、ドウダンツツジ、ハナモモ
ムクゲ、ソメイヨシノ、名前の分からない赤い実。

Mangekyou1 Mangekyou2 Mangekyou3_ Mangekyou4_2

最後に『給水塔と赤い屋根 ~阿佐ヶ谷住宅のおはなし~』の動画版をご紹介。とても素敵な作品です。
動画版『給水塔と赤い屋根 ~阿佐ヶ谷住宅のおはなし~』

ほんの少しでも阿佐ヶ谷住宅に触れられてよかった。
子どもと一緒に自転車で走ったり、たまには降りたりして、
虫や鳥や植物とふれあうことができました。
ありがとう。

阿佐ヶ谷コンテクストでの展示はあと2日。
9月7日、8日(日)11~19時。
ただし、7日はライブ&準備のために
13~15時がクローズとなるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.19

ゆりり食堂 Part2 Nostalgia へ

(珍しく子どもネタじゃない内容です)

「こっちが好きで勝手に読ませていただいているブログ」
というものがいくつかある。

初めは全く接点がないけれど、
ちょっと勇気を出してコメントしてみたら、
お返事をいただけたり、
おっ!twitterもやってらっしゃるのね!とフォローして
そこでも少しおしゃべりができたり。

それだけでも嬉しいのだけれど、
今回、そのブログを書いている方が個展をされるとういことで、
在廊時間に行けばお会いできるのね!とうかがったのだ。

Yuriri

お料理や写真や器や雰囲気が好きで
読ませていただいているブログ

ブログによく登場する、パテやペーストやコンフィなど、
洋風・スパイス・ワインを連想させるお料理も大好きだし、
以前ゆりりさんが、福島を応援したいというコンセプトで
開いたホームパーティ「福島のお酒を楽しむ会」のときの
お料理の数々をみたときは、メニューのひとつひとつに
温かさや愛情を感じて、うわー素敵だなと思っていたのだ。
(それにしても、ゆりりさんのホームパーティ「ゆりり亭」は
いつもその品数の多さに驚く!)

少し無理を言って在廊時間を早めていただいたのにも
かかわらず、色々なお話しを気さくにしてくださった。
 初めはお料理が得意ではなかったこと。
 雑誌のレシピを切り張りしてレパートリーを増やしたこと。
 お子さんのお弁当には嫌いなものは入れなかったこと。
 嫌いなものはお子さんに無理に食べさせなかったけれど
 今はなんでも楽しく食べるし偏食ではないこと。
 気づいたら食卓につまみしか並んでいなくて、慌てて
 お子さんのおかずを作ったこと。
 写真のこと、食器のこと、などなど…。

私が幼子を育てていることを知っていてくださることもあって
主婦&母の先輩として、励みになったり参考にしたい!と
思うお話をいろいろできて、ちょっと緊張しつつもとても
楽しい時間を過ごさせていただいた。

個展のオープニングパーティにうかがえれば
ゆりりさんのお料理をいただくことができたのに!と思って
いたけれど、別の日にうかがったおかげで、
約1時間ほども(!)ゆりりさんを独り占めしておしゃべり
してしまった。

ゆりりさん、本当にありがとうございました!
初対面なのにもかかわらずズケズケ質問してしまった
かもしれません・・・、すみません!
お料理、子育て、がんばります!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.09.10

4人のガラス屋さん

私のブログは、「後日談」がほとんど。
なので、イベントレポは
書いた頃には終了していることが多い・・・。

が、今回は開催中に書いてみよう。
といっても、12日(日)までなんだけど・・・。

阿佐ヶ谷の、素敵な一軒屋ギャラリー「CONTEXT-S」
駅近なのに、しっとりこんもりした潤い空間。
Contexts20100910


そこで9月12日まで開催されている
「4人のガラス屋さん」
先日行った105喫茶室の寅印さんも参加されているということで、楽しみ!

普段使いにぴったりなガラスの器と
色のニュアンスや組み合わせがキレイなアクセサリー。
そして寅さんのパウンドケーキ、クッキー、マシュマロが
並ぶ中、
ギャラリーのお庭から入る木漏れ日を感じながら、
“もうすぐ2ヶ月”という赤ちゃんを抱いたガラス作家さんと
子育てトークを楽しみつつ、
ガラスの「ぽってり感」を楽しむ。
(私は、ガラスのぽってりとした質感にとても弱い)。


これは私が購入したもの。

Garasuten20100910

Garasuten220100910 Garasuten320100910

水がはねたような器
(耐熱ガラスでよくみかけるような色味がいい感じ)。

月がモチーフになっているというネックレス
(写真は、七宝焼きみたいな色になってしまって残念。
実際は宇宙に浮かぶ月のような色合い)。

お菓子は、いちじくたっぷりのパウンドケーキと
しっかりとした厚みとホロッカリッの歯ざわりが美味しい
へーゼルナッツクッキーと、
マシュマロの概念が変わっちゃうくらいの絶品マシュマロ
(これはフランボワーズ)。

 *
コンテクストがある通りには、
「ワラビヤ」というセレクト雑貨とギャラリーのお店
(こちらも、雰囲気のある木造平屋の民家!)や、

本当に子供にとっていいと思う絵本だけを置いている
骨太な絵本のお店
「こどものえほん」
などがあるので、楽しい散歩道。

今週末9月11日、12日は、
阿佐ヶ谷神明宮のお祭りもあるし、
11日は、産業商工会館で「すぎなみパン祭り」もあるし、
充実した阿佐ヶ谷散歩を楽しめるのでは~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.06.23

買ってよかったゴミ箱

「ゴミ箱のこと、ブログに書いた?」と夫から言われた。
書いていないと答えると
「書くべきだよ~。困ってる人多いと思うし」
ということで。

その名も“吸着密閉ペダルピン 無臭(ムッシュ)”。

ムッシュって! 
と突っ込みを入れたくなるネーミングだけれど、
その無臭っぷりは、感謝状を進呈したいくらい
あっぱれなのだ!

ニオイが外に漏れないようにフタが二重になっていて、
閉めると密閉状態になる。
うちではオムツ専用に使っているのだけれど、
これが、ホントーに、ニオイが漏れない。
(どこかのサイトでは、ドリアンのニオイも漏れない!と
書いてあった)

1日に何度もウンチをする赤ん坊が二人もいる我が家。
1週間に2回の“燃えるゴミの日”前日には、
ギューギューとゴミ箱に押し込まないと入らないくらい
オムツゴムが出る。
しかし! 
このゴミ箱なら、中はすんごいニオイだけれど、
閉めてしまえば全くと言っていいほどニオワないので、
部屋の中はとても快適なのだ!
(ちなみに育児用品店にはオムツ専用のゴミ箱が
売っていたが、収容量が小さかったり、カートリッジの
交換が必要だったりで我が家には合わなかった)

そろそろ蒸し暑くなってきて
生ゴミのニオイに悩まされる季節。
キッチン用にも買いたいと思いつつ、
今使っているゴミ箱スペースに”無臭(ムッシュ)”が
入らないので、目下検討中。

ゴミのニオイが気になっている方は、
検討する価値ありのゴミ箱です。

(なんだかアフィリエイトみたいな内容になったけれど、
貴方がリンク先に行っても行かなくても、
ムッシュを購入してもしなくても、
私は得も損もしない(と思う)ので、
その点は気になさらずに)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.30

かりん糖

最寄駅にある“かりん糖”のお店。
正直言って、店構えもロゴも雰囲気も、
それまで「買ってみたい」と思ったことがなかった。

ある日夫が、
「おみやげ~」と、この店のかりん糖を買ってきてくれた。

そのときの私は、まだ、“おっぱいトラブル”を抱えていて
(母乳が乳房の中で詰まって、腫れたり
シコリができたり刺すような痛みがあったりする)、
油っぽいものや乳製品を控える食事をしていたので、
おやつも和菓子系のものを選んでいた。

和菓子を食べない夫は、”美味しい和菓子”も、
”美味しそうな和菓子”も分からない。基準がない。
だから、
“かりん糖専門店のかりん糖なら、それなりに
美味しいんじゃないかな”と思ったのだろう。

かりん糖は美味しかった。
そして、和菓子嫌いの夫が、私も行ったことがない
かりん糖屋さんに行ったことが、ちょっと悔しかった。

後日、お店に行ってみた。
すると、ちょっとウキウキするくらいたくさんの種類があり、
甘い味だけでなく、ネギ味噌、黒こしょう、
キンピラゴボウなど、しょっぱい系の味もあって、
すべて試食できるようになっていた!

さらに、平日の昼間にもかかわらず、
私がお店にいる間にも4、5人のお客さんが
かりん糖を買っていった。 
意外と(失礼!)人気があるお店なんだなぁ。

例えば黒こしょう味はビールにも合うし、
おやつでも、おつまみでもイケるから、
今では、自分のおやつとして買ったり、
父の日に贈ったりなど重宝させてもらっている。

今のお気に入りは、この三つ。
左からチョコ、キンピラゴボウ、胡麻。
どっしりとした黒砂糖のかりん糖も大好きだけれど、
ちょっと軽めのかりん糖はバリエーションの楽しもあり、
どれも、ついつい手が出る後ひく美味しさだ。

Karintou090529

チョコはコーティングではなく、染み込んでいる感じと
サクッとした食感の意外性が好き。
キンピラゴボウはゴボウの香りと”辛いかりん糖”という
これまた意外性がいい。
胡麻はオーソドックスに見えて、塩味が効いてるところが
またまた意外で(笑)で美味。
お店のサイトによると、胡麻が一番人気らしい。

商品のパッケージやサイトは野暮ったいのだけれど
(すみません!)、地元の人に愛される美味しい
かりん糖屋さんなのだ。

 *
旭製菓のかりん糖 鷺ノ宮店
〒165-0032
東京都中野区鷺宮3-17
TEL 03-3330-4158


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.05.02

フランス展

新宿で用事があったついでに、
伊勢丹のフランス展に立ち寄ってしまった。

試食が盛りだくさん。
小さく切ったフランスパンがあちこちに置いてあって、
レバーペーストや、オリーブオイル、オリーブペースト、リエットなどを
つけて食べられるようになっている。
その他、パンやスープや蜂蜜など、いろいろ・・・。

ゴールデンウィークに友達の家に遊びに行くので、
フランスでは定番という「アヒルのレバームース」の缶詰を買った。

こういうところでは、ひとつ何かを買ってしまうと、次から次へと
買ってしまうんだよなぁ。 はぁ。

高い!と思いつつ、買ってしまったものたち。

「スープ・デ・ポワソンというブイヤベース」
味が濃いのでいろんな料理のソースとして使えそう。  
冷凍すれば日持ちもするし。

「ルイユ(ブイヤベースにかかせないというソース)」
ニンニクやマスタード、オリーブオイルが入っていて、
そのままパンにつけて食べてもおいしい。

そしてこの日の夕飯にした
「ひな鶏の木の子詰めロースト じゃがいも付き」と、
「ブリオッシュ・ド・フロマージュ/バジルとチーズのフィセル
(ジョクトーブーランジェ)」 

ひな鶏はレンジではなく、オーブンで温めなおした。
詰め物の香りが良くて、お肉も柔らかく、皮も香ばしくて、  
誕生日でも記念日でもクリスマスでもないのに超贅沢な夕飯!
じゃがいもの塩加減もちょうどよくて、ねっとりしていい感じ。
パンは、チーズの味が濃くて、ワインが合いそうな味だった!

Hinadori_080501

まだ胃腸が本調子ではないというのに・・・われながら呆れるなぁ。
でも、夫に多めに食べてもらったし、鶏好きの夫も大満足だったし、
なによりおいしかったし、まあ、いいってことで!

そういえば、南フランスのJars社という食器が、
きれいで使いやすそうで丈夫で良かったなぁ。買わなかったけど。
それから、フランスの市場のように(行ったことないけど 笑)
フレッシュな木の子や白アスパラが販売されてて美味しそうだった!

ちなみに伊勢丹新宿店フランス展は、5月6日まで開催です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.13

水場のメモ帳

私は、お風呂に入ってるときに何かを思いつくことが、とても多い。

ここに書くテーマ、
コピー、
コンセプト的なもの、
伝え方、
進め方、
仕事で忘れていたこと、
言い忘れていたこと、
読もうと思って忘れていた本のこと、
など。

そうだ! と思っても、
お風呂を出て色々なことをしている間に
忘れてしまうこともある。

そこで、思いついたらすぐに書けるように、
(書いてる様子は想像しないでください 笑)
風呂場横の洗面所に置くメモ帳を探していたら、
「水に濡れにくいメモ帳」があった。
Memo


2カ月ほど使っているけど、いい感じ。
また、この書き味がいいのだ。
この書き味、知ってる、なんだっけ? 
そうだ! 選挙の投票用紙だ!

このメモ帳の素材は紙ではなく、プラスチック。
折ってもすぐに開いてくれるため、
(くしゃくしゃっと紙のように丸めることができない)
投票用紙の素材として採用しているということを
テレビで見たことを思い出した。 水にも強いのね。

ということで、
このメモ帳は燃えないゴミ(現在の東京では)に分類される。
すると、集計後、投票用紙はどうやって処分してるんだろ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.09.28

過ぎた夏の定点観測

風通しがいいらしく、夏の間は、ここで過ごしていることが多かった。
階段の下り口で邪魔なんだけどねぇ。
15 

ということで、定点観測(ちょっと多かったかしら)。
1jpeg 2jpeg_2 3jpeg_2 4jpeg_2 5jpeg_2 6jpeg_2 7jpeg_2 8jpeg_2 9 10jpeg 11jpeg 11jpeg_2 11jpeg_3 12jpeg_2 13jpeg

陽が当たって暑いときは、ここに移動してた。
14jpeg_2

最近は涼しくなってきたので、
ここに寝そべってることは、ほとんどないんだよねぇ。


| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007.09.26

仲良し

Nakayosineko_0709

何回か登場している、近所の仲良しネコ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.25

スプーン

アイスやヨーグルトを食べるための木のスプーン。
気に入ったものと出会えて嬉しい。
Supun_0709 Supun2_0709

あちこちのお店を探し回っていたわけではなく、
見かけるとチェックする感じで、出会った。

実はこれを買う前に、白木のスプーンと漆のスプーンを使っていた。
白木のは、可愛いのだけれど、
使ってみると、舌触りがザラっとしていて、ちょっとさしにくい。
漆のは、舌触りはいいけれど、少しずつ漆がはげてくる。
今度のスプーンは、さし心地も舌触りも大きさもお気に入り。
Supun3_0709_2

夫がコンビニでアイスやヨーグルトを買ってくると、
必ずプラスチックや木のスプーンをもらってくる
(というか、もらうことを断ってこない)。
あのチープなスプーンで食べたほうが
雰囲気的に美味しい、楽しい気分も分かるのだけれど、
もったいないなと思うので、実はあまりもらってきてほしくない。

使い心地の良いスプーンがあれば、もらってこないのでは?と
期待してるのだけれど、どうだろうなー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧