2012.09.25

夫の愚痴

愚痴っぽいのは嫌だ。
自分が愚痴っぽいのも、人が愚痴っぽいのも。

でも一方で、
愚痴を聞くのは好きだし、
愚痴を聞いてもらうのも好きだ。
それができる関係はとても限られていると思うから。

その日は珍しく、
ワインなんかが飲めるお店に行って家族で外食をした。
すると珍しく、夫が仕事の愚痴をぽろぽろと話し始めた。

この4月から部署が変わり、希望していた仕事とはいえ、
いろいろと大変なんだろうなと思っていた。
でも「どう?」と聞いても、
「いろいろ大変だなぁ」くらいの返答で
具体的な話はほとんど話さなかった。

途中、あぁ、ストレスたまってそうだなと思う期間があったが、
そのときもあまり話さなかった。
それから約1ヶ月。
お酒と場の雰囲気だろうか、話してくれたのだった。

そのとき私は
「あー、話してくれてよかった」と思った。

思いやりが深い人間ではないので、
“大変そうだな”と思っているのと、
実際の話を聞くのとでは、
夫に対する「お疲れ様」や「ありがとう」の思いが違ってくる。
早く話してくれればよかったのに、とも思ったけれど、
愚痴るのはかっこわるいと思っているのだろうし、
話すのもパワーがいることだし、
私が疲れていて、
“聞きますよオーラ”を発していなかったのかもしれない。

夫は、愚痴話でごめんと言っていたが、
話してくれてよかったことを伝えた。
そして、そのときに大枠の仕事の様子が分かったので、
それからはたま~にポツポツ仕事の話をする。

そういえば、私が子どもの頃、
父は転勤や転職で忙しい時期があった。
家ではあまりしゃべらないタイプで、
その頃は常に不機嫌。
家族みんなでビクビクしていたように思う。
子どもながらに「愚痴るのはかっこわるいかもしれないけど、
不機嫌オーラを出されるよりは、よっぽどいい」と
思ったことを覚えている。
(冷たい娘で父さんごめん!)

そしてもひとつ、愚痴と言えば…、
むかーしむかし好きだった人が、
普段は話さない仕事の愚痴をしゃべってくれたときは、
嬉しかったなぁ。
仲間になれたような、近づけたような、甘えてもらったような。
(遠い目…)

「愚痴」なんてテーマで書くことはあまりないと思うので
つい色々書いてしまった。

そうそう、冒頭の「ワインなんかが飲めるお店」では、
「ちびっこの日」という日があって、
メニューは変わらないが、
子づれや、子どもが騒いでもOKという日で、
その日は、子づれでも気兼ねなく食事を楽しめるのだ。
ありがたい!

夫婦の会話は「ちびっ子の日」のおかげでもあり、
この日を予約した私のおかげでもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.18

座・高円寺 「絵本の旅カフェ」

「座・高円寺」という劇場の2階にある
「カフェ アンリ・ファーブル」では、毎週土曜日に
「絵本の旅カフェ」という絵本の会が開かれている。

「カフェ アンリ・ファーブル」は
高円寺とは思えない(って失礼?)贅沢な空間と接客で
壁にはたくさんのそそられる絵本が置かれていて、
絵本の会以外のときでも、
食事やお茶をしながら絵本が楽しめるし、
ランチのクオリティも高く、お値段は手頃。
子どもメニューもちゃんと作られていて美味しいのだ。
子づれOKでこんなに落ちついた雰囲気は貴重!

(ある日のランチメニュー)
Kodomoranti
KID’Sのハンバーグプレート ドリンク付きで600円
デザートが桃のコンポート!

Pasuta_2
海老と季節の有機野菜のバジルソースパスタ。
前菜とドリンクが付いて900円

そして「絵本の旅・カフェ」。
絵本の会というと、一人の読み手に複数の聞き手
というのが、よくあるスタイルだが、
ここでは「本読み案内人」という人が何人かいらっしゃって、
子どもが読みたい絵本を選んで
「読んでください」と声をかけると、
1対1で絵本を読んでくれるシステムになっている。

うちの子たちの場合は、一対一ではなく、
兄弟一緒に案内人のお兄さんやお姉さんに読んでもらったり、
「かあさん よんで」と言われて私が読んだり。
ゆるく自由に絵本を楽しめる時間と空間だった。
案内人の方は、座・高円寺だけに、どこかの劇団の方かしら?
と思うような発声と巧みなセリフまわしで、迫力あったなぁ。

参加費は、デザートとドリンク付きで一人500円。
訪れる前は、図書館や児童館などで行われている
無料の読み聞かせ会を考えると高いかしら?と思ったが、
デザートのクオリティが高くてビックリ。
ドリンクはプラカップだったけれど、
この日のデザートはちゃんしたお皿に乗った
「抹茶シフォン生クリーム添え」。(写真撮り忘れた!)
500円はドリンク・デザート代なのね、きっと。
しかも、ゆったりした空間で、
好きな本を対面で読んでもらえる体験ができるのだから、
全然高くないと思う。

私たちが参加した日のテーマは「元気にうんち!」
Ehonnotabi1

子どもたちが選んできて読んでもらった本は、
テーマ本の中から、
 『もっちゃう もっちゃう』
 『はるちゃんトイレ』
 『うんこいってきます! ぼくはうんこヒーロー』
 『かえるのフリッツPuups!』
 『うんち したのは だれよ』
それ以外には
 『たろうのともだち』
 『ぼくんちカレーライス』 
 『それいけ!きょうりゅう サッカー大決戦』 など。

Ehonnotabi2

絵本の旅カフェは
10:30~12:00。
この日は天気がくるくる変わる夏の日だったので、
終わって外に出ると、夏の雷雨。
なので、そのままここでランチを食べました。
(食べ終わったら雨は止んで、太陽の周りに虹が出てた!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.14

ジュースバー

夫が駅のジュースバーのミックスジュースを
初めて子どもに飲ませたのはいつだっただろうか。

夫は駅のジュースバーのミックスジュースが好きだ。

私には「ジュースバーでジュースを飲みたい」という欲求が
ほとんどないので、
夫が子どもの機嫌を整えるために
子どもたちをジュースバーに連れていったときには
“その手があったか!”と小さく驚いたものだったが、
あれからはもうジュースバーが視界に入ろうものなら、
「ミックスジュース!」と子どもたちにねだられるように
なってしまったし、
こっちも「仕方がないか」と思うようになった。

でも。
私はそうやって子どもたちとジュースバーに行くたびに
他のジュースが飲みたくて仕方がないのだ。
最近で言えば「カシスと黒酢」や「小松菜」、
夏なら「桃」など、ミックスジュース以外を飲んでみたい。
しかし私が別のジュースを飲んだら
“ミックスジュース以外にも美味しいジュースがある、飲める”
ことを子どもたちが知ってしまうことになるため、
私は毎回軽く我慢している。
せこい話、ミックスジュースは最も安い180円だけれど、
私が飲みたいジュースは220円や300円だし。

そんなことを感じていたら、
清水ミチコさんのブログのこんな記事が。
http://4325.net/blog/2012/06/12/1138.html
(抜粋)
ミックスジュースほど
誰が作っても同じ味に
なってしまうものは
ありません。
ただまんべんなく
全部の味!がするだけで、
つまりはまんべんなく
不満足になるであろうに。

そうなのよ、そうなんです!
なんかぼんやりして締まらないあの感じ。
あぁミックスジュース以外を飲んでみたい!

いや、そんなに飲んでみたいなら、
「これは大人が飲むものなのよ」と
淡々とピシッと子どもたちに言えば
おそらく別のジュースを飲むことはできるのですが、
そうしないのは、たぶん、
子どものために立ち寄ったジュースバーで
そこまでして別のジュースを飲もうとすることに
恥ずかしさを感じているのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.10

料理教室

年が明けると、先月のことでも去年になるので
なんとなくバツが悪い感がありますが・・・。

12月にこちらの料理教室に参加した。
そして、めちゃくちゃ楽しかった!


Sunuko_kurisumasu_201212

教室は昼間だけれどお酒つき。
ということで、料理を作り、食べ飲みしゃべり、
“料理を教えてもらえる女子会”といった雰囲気。
私は先生をはじめ参加メンバーの方々とも初対面だったが、
大いに楽しませていただいた。

子育てが始まると「友人と食事やお酒を楽しみながら
しゃべる」ということが、以前ほど気軽にできなくなる。
あんなに日常的だったことがイベント的回数になる。
そのことに対して、子育てがイヤになるほどのストレスを
感じているわけではないが、
つまんないなという思いは常にどこかにあるし、
たまにとても寂しくなったりもする。
(私は授乳も終了しているしそれほどのストレスではないが)

それが、このお料理教室に参加したら
「美味しいものを食べて飲んでおしゃべりしたい!」
という思いが全部かなえられて、
帰路につくときの爽快感といったら!

スヌ子先生がとてもチャーミングな女性で、
レシピや美味しい調味料などの食に関する情報を
教えてくださるだけでなく、
場を和ませ盛り上げ楽しませ。
だからみんなのおしゃべりが弾み盛り上がり
心地よいのだと思う。

参加した日は「クリスマスディナーのお料理」
 ・レモンチキン、ミントヨーグルトソース、
 ・マーマレードとスパイス入りレバーペースト
 ・ジンを効かせたカクテルソース添えゆで海老
 ・牡蠣とブロッコリーのポタージュ

これらのメニューを
スティービー・ワンダーのクリスマス・ソングが流れる中、
先生が作るのを手伝い、セッティングして、いただいた。

3歳の息子と、ハーブやスパイスが不得意な夫を持つ妻が
習う料理じゃないじゃん、とも思うが、
例えば“レバーのくさみを抑える洗い方や加熱の仕方”など
他の料理でも役立つコツやポイントを知ることもできるし、
さらに“美味しいものに目がない”メンバーから、
お店や調味料などの情報も教えてもらって、
実際にそのお店に行ったり調味料を購入するかは別として
ホクホクした気持ちになった。

それから、クリスマスらしさを演出する
テーブルセンターや紙ナプキン、カトラリーなど、
テーブルセッティングで、こんなに気持ちが上がるのか!と
思えたのは、嬉しい感覚と体験だった。

このところ、ほぼ毎日、同じ食器を使っている。
子どもが食べやすいものを使っていること、
大皿から取り分けることが減ったこと、
これに盛り付けたい!という今の気分にあった器がないこと、
夫に片付けてもらうことも多いので、器の種類が増えると
洗ったりしまったりするのに夫が嫌がるだろうなという気持ち、
まぁいっかという気持ち、
などから、食器を選ぶことをほとんどしなくなっていた。

でも、例えば器が変わらなくても
テーブルセッティングでこんなに楽しく感じるものなのね!
(とはいえ、その後も我が家の食卓は何も変わっていない
のだけれど…)

女子ばかりの集まりは、
いろんなタイプや雰囲気があるとは思うけれど、
“外呑み外食おしゃべり欠乏症”を感じているママは、
料理教室に参加してみるのも、ひとつの手だと実感!
もちろん、子どもを、旦那様や両親、親戚、保育施設などに
預けるというハードルがあるのだけれど、
あまり無理のないところで、料理教室をチャレンジする
きっかけにしてみるっていうのもよいのではないかと。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.22

茶屋 つゆくさ

「茶屋 つゆくさ」さん

「ちょっとお茶をしたいけれど珈琲は身体にしんどい」とか、
「身体に(胃腸に?)優しいご飯が食べたいな」というときに
行きたくなるお店。

・鉄瓶で沸かしたお湯で淹れたオーガニックなお茶
・無農薬の胚芽米
・いろいろ野菜のおかずたち

ランチメニューは日替わり。
私がいただいた日は、
Tuyukusaranti2011_2
・無農薬の胚芽米ごはん
・お味噌汁(茸とかぶの葉)
・大根と人参と車麩の煮物
・小松菜とわかめの和えもの
・きゅうりと玉ねぎのピクルス
・じゃこピーマン
・ぬか漬け

がっつり食べる人には量が少し物足りないかも?
でも、こういうご飯を食べたいときは、
身体が少し疲れ気味な気がするので、ちょうどいいかな。
腹八分目。
それにしても、授乳中に食べたかった!と思うメニューだな。

こちらは、夏にいただいたお茶とお菓子。
Tuyukusa_greentea2011

Tuyukusa_siratamaazuki2011

お茶受けの“おかき”も有機栽培米の無添加のものとのこと。

「つゆくさ」さんは、食材や調味料など、
身体にいいものを選んでいるのだけれど、
なんというか“かたくなさ”のようなものは全然感じなくて、
光がたくさん入るお店も、店主さんも、ほーっとした感じ。
近所のおうちでお昼をいただいているような。

Tuyukusamenyu2011
Tuyukusa_menhyu2_2011
(クリックすると大きくなります)

有機農法ビールやオーガニックワインもあるそうなので
夜も行ってみたいと思いつつ未訪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.15

手しおごはん 玄

「手しおごはん 玄」
メニューは定食屋さん、雰囲気はカフェって感じのお店。

テーブルレイアウトが広々としていて
(ベビーカーも入れる。うちのWベビーカーでは
行ったことないけれど)
落ち着いたインテリア。
女性客も家族連れもよく見かける。

メニューが豊富!
ご飯が白米と雑穀米が選べるのが嬉しい。
季節の魚や野菜のメニューがあるのが嬉しい。
お味噌汁が、具たっぷりで切り方がおおぶりなのが嬉しい。

Konsaikoroke2011
これは、根菜たっぷりコロッケ。
家ではコロッケをほとんど作らないので、
こういうお店ではとても惹かれる。
でも結局旬のメニューに目移りして頼まないことも多い中
「根菜」の文字にやられました。はい。

Nukaduke2011
あと糠漬けも頼んだ。
「ズッキーニを漬けてみたんだけど、召し上がりますか?」
ハイ、ぜひ! 美味しかった!

糠漬け、季節のおひたし、薬味たっぷり冷奴など
サイドメニューも充実。
「定食メニューのおかず半分サイズ」っていうのもあるので、
夜、ひとりで、ビールとおかずと冷奴なんてのもいいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.08

ピッツェリア パラディーゾ (PIZZERIA PARADISO)

ナポリ風ピザというのだろうか。
釜焼きピザを食べられる店が増えてきた。

阿佐ヶ谷の
ピッツェリア パラディーゾ (PIZZERIA PARADISO)
そんな釜焼きピザのお店。

入り口が狭いので少し分かりにくいのと、
入ってすぐがカウンターなので、狭そう…と思うけれど、
入ってみるとテーブル席は窮屈ではないし居心地がいい。
Kama20090908


ランチは、ピザとパスタを選べて、
サラダ&ドリンク付きで900円。

ピザが美味しいのはもちろんだけれど、
私がおっ!と思ったのはサラダのドレッシング。
Piza

Sarada

すりおろした野菜の甘みとうまみがあって
マイルドで美味しい~。
店頭で500円で売っていたので購入してみたら
「卵が入っているので早めに食べてくださいね」とのこと。
なるほど~。

夕飯のサラダにかけて出すと、夫も美味しい♪と。

あっ、ドレッシングの話しばかりになってしまった。

レバパテやムール貝のワイン蒸しなど
前菜も手頃なお値段なので、
Torireba20090909_1

夜、ひとりで軽く飲みたいときに、
前菜とグラスワインってのもなかなかよかった。

ランチは結構込んでる様子。
夜は、私が行ったときは空いていた(日曜の夜)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.01

Bakery & Cafe Restaurant MUSUI

食ネタでかつ、最寄駅以外のお店のことを書くのは
かなり久しぶり。でも書きたいと思ったお店だったので。

Bakery & Cafe Restaurant MUSUI

吉祥寺はたくさんの飲食店があり変化も激しいので、
よく行く街なのにお店には疎くて。
だから、いつも同じ店ばかりに行っていたのだけれど、
先日、子どもたちと井の頭自然文化園に遊びに行ったとき、
いせや本店の先に、とても気になるお店があった。

朝10時くらいに子どもたちを追いかけながら
バタバタとお店の前を通ったときは、
“パンがおいしそうな雰囲気のいいカフェ”かしら?と思い、
公園からの帰りにまたバタバタと通ったときは、
お昼どきだったこともあり、
「焼きたてパン、デリ、本日のサンドウィッチ」という文字が
目に飛び込んできた。

入りたい! パンだけでも買って帰りたい!と思ったが、
夫は“パンだとちゃんとご飯を食べた気がしない”人だし、
2歳の子ども連れで入れる店かどうか分からなかったし、
子どもの空腹や疲れが頂点で寄り道している場合では
なかったので、後ろ髪を引かれるおもいで(おおげさ!)
店の前を通り過ぎた。

ということで、後日一人でランチに訪問。
(前置き長!)

ランチは、“本日のデリ”から3品選べるようになっていて、
パンとドリンク付きで800円。
(テイクアウトのランチボックスは、ドリンクなしで500円!)
そのデリメニューが、想像していたよりも超好みっぽい。
名前だけではどんなお料理か分からないものもあって、
分からないからこそ気分も上がるし
“ぜんぶ食べたい!”と思ったのだった。

ちなみに私が行った日のランチメニュー。
Musui_ranti_menu2011

こんな感じで出てくる。
Musui_ranti_2011_10

パンもデリも量が少ないのが残念だけれど、
(選ぶメニューによって腹持ち具合は違うと思う。
私はサラダを2種選んだので)
200円払えばもう1品デリを追加できるので、
そうするとちょうど1000円。
お腹と相談すればいいかなぁと。

鶏胸肉のサラダは、ピーナッツが特大でしっとり。
レンズ豆も入っていて嬉しい。
スクワッシュ(カボチャの総称?でも日本のカボチャとは
違い、さっぱりしていた)とコリアンダーのサラダは
爽やかで美味しかった。
キノコのラグーのパッケリは、作り置きだからモゴモゴ
してたけど味は好み。

店頭で売っているパンはハード系のお酒に合うものが多くて
それも好み。
私が買ったのは、イチジク、オリーブ、ベーグル、
ドライフルーツとクルミ(だったかな?)のパン。

ドライフルーツのパンは、切ってみたら
こんなにフィリングが入っていて(アンパン状態!)、
赤ワイン~、クリームチーズ~って感じ。
Musui_pan_2

ネットで見てみたら、モーニング営業もしていて
朝7:00~11:00は
1.パン+スープ+ドリンク
2.パン+ジャム+ドリンク
のセットが380円だって!!

そういえば、レジ脇に雑誌『天然生活』で見たことがある
“エバジャム”が販売されていて気になったのだけれど、
モーニングのジャムはエバジャムさんのかしらん。

デリなので、出来立てを食べる美味しさとは違うけれど、
吉祥寺でランチに行きたいと思うお店の選択肢が増えて
嬉しい。
今度は、魚、肉、それにアランチーニを食べてみたい!

Musui_akebi_2011

カウンターに飾って(置いて?)あったアケビ。
お店の雰囲気にとてもなじんでいて、
素敵っていうより好き!って感じがしたのでパチリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.27

よんで。

家族でリーズナブルな中華料理屋に入った。
初めて入った店で、テーブルには葉っぱ模様の塩ビのクロス、
壁には、エビチリや北京ダック、高菜チャーハンや春巻きなど、
もう少し美味しく撮れそうなものなのにと思ってしまう
店の人が撮ったのであろうたくさんのメニュー写真。

私たちは、蒸し鶏の辛し味噌和え、焼き餃子、タンメン、
腸詰とピータン入りチャーハン、中華丼、を頼んだ。

夫と私が蒸し鶏をほぼ食べ終わり、
子ども用のスティッチが描かれた皿にタンメンを取り分け、
夫と私が6個入り焼き餃子から1個ずつを食べ、
子どもたちのために2個の餃子を半分に割って冷まし、
運ばれてきたチャーハンのパラッとしてなさ加減に
私が怒ったような悲しいような悔しいような気持ちでいるとき、
あれ?中華丼が遅すぎないか?と思い、お店の人を呼んだ。

確認してみると、オーダーが通っていなかった様子。
けれど、私が頼んだチャーハンの量が2人前ほどあったため、
中華丼を食べるはずだった夫が「オーダーしないままでいい」
と言う。
「そのままでいいです」と伝えると店員さんは戻っていった。

しばらくするとヒダリが「よんで」と言う。
一瞬、“読んで”なのか“呼んで”なのかも分からないでいると
お店の人のほうを見て、「よんで」と言う。
さっきのやりとりがあったので、
もしかしたら、父さんが食べるものを注文してっていうこと?
とか思いながら「なんで?」と聞くと
「ヒダリくん ギョーザ もっと食べたいから」

割って冷ましてあった2個の餃子を食べ、
残りの2個のうち1個を手づかみで自分の小皿に乗せ、
「それもヒダリくんのだからね!」と最後の1個もキープし、
結局6個あった餃子の4個を食べたヒダリ。
タンメンもそこそこ食べているのに、まだ食べたいらしい。

にしても、「もっと食べたい」とか「ギョーザたのんで」
ならまだしも、いきなり「よんで」って…。

結局、夫がまだ餃子を食べたかったこともあり、
もう一皿オーダーして、夫とヒダリで3個ずつ食べた。

2歳でこの食欲。
食事が終わるといつもお腹はパンパン。
でもそのうちに、シューンと平らになる。
その胃腸の強さと代謝率がうらやましい。

(ちなみにミギは、ひたすらタンメンを食べ続けていた)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.29

そとでたべたい。

家族4人、阿佐ヶ谷の中華料理店で昼食を食べた。
(ちなみに「翠海」。ランチの黒酢の酢豚美味しかった~
ここの辛くて痺れる麻婆豆腐はたまにスゴク食べたくなる)

子どもたちは五目汁そばを食べたのだけれど、
想像以上に具をほとんど食べず
(魚介も野菜も歯ごたえしっかりだったからね)
麺だけでは量が足りなかった様子。
「らーめんもっとたべる~」とミギが大泣き。
やはり、2人で1つでは足りなかったか・・・。
(2歳児なのに、大人並みに食べる2人)

店の中で大泣きさせるわけにいかないので
夫が「じゃあ、ドーナツ買いに行こう!」と
テーブルから剥がすようにミギを抱きかかえて店を出た。
(ちなみに、ヒダリは食べるのが早いので
ミギよりも麺をたくさん食べていたのと、
ミギのように「ウワー!」と騒いで駄々のこねるタイプでは
ないので、事なきを得た)。

夫が”ドーナツ”と言ったのは、
少し前に高円寺のフロレスタ(ドーナツ店)で一緒に買った
ドーナツを子どもたちがとても喜んでいたから。
でも阿佐ヶ谷の「はらドーナツ」は駅から遠いし、
とりあえず店から一番近い駅前のパン屋に入る。
あいにく丸くて穴の開いたドーナツはなかったが、
子どもたちはそれぞれ食べたいと思うパンを選んで上機嫌。

「じゃあバスに乗ってお家に帰って食べよう!」と私が言うと、
「そとでたべたい」とヒダリ。

ここんところ、週末は近所のお祭りに行くことが多く、
外で食べる楽しさを覚えてしまった双子たち。
買い食いを日常化させるはイヤなので
「外で食べるのはお祭りのときだけ」と言うが
ガンとして外で食べると言い張るヒダリ。
「駅の噴水のベンチに座って食べようか」と夫。
まあ、仕方がないか。
子どもたちは嬉しそうに、ねじって揚げたシナモンドーナツや
チョコチップマフィン(とうとうチョコ初体験させてしまった)を
食べた。本当に嬉しそうに。

先日、江國香織さんのエッセイを読んでいたら、
日清のカップヌードルがはじめて登場したとき、
小学生だった江國さんは、
お湯を注ぐだけでいつでもどこでも食べられるものを、
普通の食事みたいに家で食べるのは意味がないと主張して、
マホービンにお湯をつめて近くの空き地にでかけ、
どきどきしながら一人で食べた、という話しが載っていた。

やんなっちゃうなぁ。
こんなの読んだら、ヒダリの「そとでたべたい」に
ダメ出しした私が、ちっちゃく感じるじゃない。
「外で食べると気持ちいいよね~」って
言えばよかったと思うじゃない。

いいよなぁ江國さん。
そうじゃなくても気持ちが上がる初めてのカップラーメンを
さらに楽しもうとするところ。
それをしっかり家族に主張するところ。
そして、最終的にはそれを許した江國さんの家族も。

でも。
たまに外で食べるからこそ、
ちょっと行儀が悪いことが分かっているからこそ、
外で食べるのが楽しいんだし、
画期的なカップラーメンじゃなくて普通のパンだし、
外で食べる必然性が全く違うし・・・。

結局、状況しだいではあるわけだが、
次にまた「そとでたべたい」と言われたら
なんと答えるのか私自身が少し楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧