« 「つ」のつく最後の年 | トップページ

2018.04.20

『物語のなかとそと』江國香織 著

「ただいま」そんな気持ちになった。
久しぶりでどこか懐かしく、
そう感じている自分が嬉しかった。

書店の平積みの本の中に
『物語のなかとそと』という
江國香織の散文集を見つけた。
冒頭の1ページを読んだら、
近頃の私にしては珍しく
「続きが読みたい。読もう」と思い、
でも気軽に本を買える生活ではないので
タイトルを記憶して図書館で
借りることにした
(購入せずにごめんなさい)。

意外にも予約人数はそれほど多くなく
(ひっそりとした本だからだろうか)、
ほどなくして「ご予約いただいた資料の
ご用意ができました」というメールが
届いた。

くすっとしたり、ぞぞっとしたり、
羨ましかったり、ああ!と叫んだり
(心の中で)。
感情は静かに忙しいのに
文章はするすると入ってくる。
瑣末、潤色、愉しい、陶然、
かまびすしい、耽溺、含羞…
そんな言葉がちらほらと出てくるたびに
ほくそ笑む気持ちになる。
やっぱり好きだなあ。

子どもを産んでから
小説をほとんど読まなくなった。
読むものといえばもっぱら、
子育て、絵本、家族、料理、家事、
心理、運動や栄養など、何かしら
自分の生活に関する情報物がほとんど。
書店で小説を手にとっても「読む」に
至る本は少なく、読んでみても
少し頑張っているところがあった。

だから書店で『物語のなかとそと』を
見つけたときも、
「きっとまた私はそれほどは興味を
感じないんんだろうな。大好きな
江國さんの文章なのに」と
残念な思いをするのを覚悟で
試すように表紙をめくったのだ。

でも今回は、
私の生活にほとんど関係のない、
使い古された消しゴムたちの物語や、
奔放に咲く異国のチューリップの姿
などを愉しく読んだ。
散文集という形がリハビリ的で
よかったのかもしれない。

『物語のなかとそと』という
タイトルどおり、
短編小説もあれば随筆や書評もあり、
思いがけなく江國さんから
「文句なしにすばらしい」本や絵本も
教えてもらった。
(次に読むものを教えてくれるなんて、
ここにも隠れリハビリ要素が!)

最近、以前好きだったものが私に
帰ってきたような感覚をたびたび
感じていて、この本もそのひとつ。


|

« 「つ」のつく最後の年 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/66631473

この記事へのトラックバック一覧です: 『物語のなかとそと』江國香織 著:

« 「つ」のつく最後の年 | トップページ