« 2017年10月 | トップページ

2017.11.01

「つ」のつく最後の年

息子たちが9才になった。「ここのつ」。
次は「とお」。

育児関連では、
「『つ』のつくうちは膝の上」という
言葉がある。
「『つ』のつくうちは手をかけて、
『つ』がとれたら目をかける」
というのも聞いたことがある。

まあ単純に年齢が二桁になるって
ことなんだけど。
(みもふたもない!)

食事やトイレや着替えが
ひとりでできるようになっても
「つ」がつくまでは
まだまだくっついてくるものよ、
手がかかるものなのよ、
という意味もあるだろうし、

「つ」がつくまでは
抱っこしたりハグしたり
隣に座ったり付き添ったり、
スキンシップや直接的な
愛情表現が大切よ
という意味もあるだろう。

そして「つ」がとれたら。

「つ」がとれる年齢は
小学4年生頃。
いわゆる、ギャングエイジ、
第二次反抗期。
体もしだいに変化してくるし、
周りや将来のことを意識し始め、
学校でも色々な摩擦が増える頃。

子育て講座で、
「オタマジャクシがカエルになるように
全く別の生き物になると
思っていたほうがいいですよ」
という話を聞いた。
「一人立ちをするために
大切な変化です。
動揺せず、あまり干渉せず、
これまで通り、
安心して帰って来られる家を
保ってください」とも。

「つ」のつく最後の年。
こんなにいろんな話をしてくれるのも、
母さん一番な蜜月期間も、
そろそろ終盤なんだなあ。
「母さん大好き星人」から
「母さんウザイ星人」へ。

自分も友だちも
変化していく環境の中で
何が待ち受けているのやら。
カエルの後ろ足が生えてくるような
変化を視野に入れつつ、
小学校中学年なりの蜜月期間を
親子共々、笑顔多めで
過ごしていけたらと願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ