« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017.10.18

「つい想像しちゃうんだよね〜」

怖い映画やテレビを見たあと、
トイレに行くのがなんとなく怖い
ってことは大人でもある。
うちの子たちは
その傾向が少し強いのか、
この年頃はまだこんな感じなのか、
サスペンス二時間ドラマのCMが
流れ始めたりすると、
耳を塞いでワーワー言いながら
チャンネルを変えて!と言う。
誰かが死んだり怖いめに合うシーンを
見たくないからだ。
進撃の巨人の映画やアニメの露出が
多かったころはTSUTAYAが鬼門だった。

一方でヒカキンチャンネルで
ホラーゲーム「青鬼」の動画を見たり、
危険生物の番組を
怖がりながらも見るので、
「興味が勝てば見ちゃう」のは
大人と一緒なのかな。
でもその後「トイレについてきて」
「洗面所についてきて」と言われるのが
困る。

さらにヒダリはニュースなどへの
反応も強い。
地震、ヒアリ、ガン、拳銃など。
「母さんガンにならないよね?」
「子どももガンになる?」
などとよく聞かれる。

「想像しちゃうんだよね〜。
楽しいことは忘れちゃうのに
怖いことは思い出して
色々想像しちゃう」

「読んでる間は怖いこと考えないから
本を読むんだ。ぼーっとしてると
怖いこと考えちゃうからさ」

そんな理由で本を読んでるって
知らなかったよ!

怖がりなのは悪いことではない。
怖いからこそヒダリの方が
先のことを考えて行動する。
想像力もあるし、
自分の気持ちを客観的に
見られているという一面もある。

私は東日本大震災が起きてから、
家から(子どもたちから)
少し離れた場所に行くときに
いつも少し怖いと思っている。
そういう人は多いと思う。

私がホラー映画を初めて見たのは
いつ頃だっただろう。
そういえばヒッチコック好きな母と
「鳥」を見たのは何才だったかな。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.16

つまようじ

夫と子どもが果物などを食べた後
皿とつまようじが流しに置かれていると
「あーあ」と思う。
小さなフォークを使ってくれればいいのに。

なぜ、つまようじがイヤなのかというと、
ポリ袋にプスッと穴を開けるからだ。

つまようじは生ゴミ袋に捨てることも多い。
袋はギューッと空気を抜いて
キュッとしばってゴミ箱に入れる。
その時につまようじが入っていると、
プスッと穴があいて
空気が入ってしまうことがある。
水分も出てしまう。
直接ゴミ箱につまようじを捨てても、
ゴミ袋に穴があいたり
裂けたりするのがイヤなのだ。

つまようじはフォークと違って
ゴミになるからイヤだ
という気持ちもあるけれど、
それよりも何よりも、
あの「プスッ」がイヤなのだ。

でも、考えてみると、一度もこのことを
家族に言ったことがない。
「言うほどのことじゃない」という思いと、
私だって、野菜の茹で加減や
肉の焼き加減を確認するときなどに
つまようじをよく使うから。

でも、「あーあ」と思っているのなら
伝えたほうがいいのかもしれない。
今度思い出したら言ってみようっと。

私は「言わないでため込みがち。
ある日爆発する」傾向がやや強いので、
日常生活は
「言うほどのことじゃない」けれど
「気になっている」ことだらけで、
だからこそ言いにくくて
でももしかしたら、それが、
言わなきゃいけないことや
言ってほしいことだったりするよなあと、
つまようじを眺めながら
あらためて思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »