« 2017年6月 | トップページ

2017.07.13

七夕のつづき

‪妊娠中、七夕飾りの短冊に
「元気な赤ちゃんが産まれます」と
書いたことを息子たちに話したら、
嬉しそうな恥ずかしそうな
顏をしていた。‬

‪そして
「母さん、ぼく生まれてきて本当に
よかった〜」としみじみと言う息子。‬

‪そんなふうに思い続けられる人生を
ミギとヒダリが送ってくれたら、
母さんは何も言うことはないよ。

でも、気のせいか、
この話をした頃から
これまで以上に
私にくっついてくるので、
気温30度を越す暑さの中、
それにはちょっと参っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.07

七夕 

今年も七夕が来た。

この日が来ると、短冊に
「元気な赤ちゃんが産まれます」と
書いた日のことを思いだす。

何回かここにも書いているけれど、
(なので、もう聞き飽きたよ!
という方がいるかも 汗)

「元気な赤ちゃんが産まれますように」
と書くと、
逆に、そうじゃなかった場合のことを
想像してしまい、
あえて言い切りで書いたのだった。
そんなことを気にしていたのだから、
自分では実感がなかったけれど、
不安だったのだろう。

今年息子たちは8才。
元気に育っている。

誕生日をはじめ、
いろいろなタイミングで、
子どもたちが元気でいることを
ありがたく感じるけれど、
私にとっては、七夕もまた、
そういう日なのだ。

ちなみに、
家のプチ七夕飾りに
息子たちが書いた今年の短冊は
「楽しく生きられますように」だった。

親としては、
いろいろつっこみどころのある
願いだなと思ってしまうけれど、
素直に受け止めれば、
本当にその通りだと思う。

Img_8138_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ