« おばあちゃん猫との暮らし | トップページ | はじめての習字 »

2017.05.14

ホッとできる人と場所

とてもお世話になった女性が
引っ越されると聞いて、
少しの時間だったけれど
お部屋の片付け中にお邪魔した。

彼女は以前、
中国茶と家庭的なランチが
いただけるカフェを開いていて、
私はよくそのお店にうかがっていた。
靴を脱いで入るそのお店は、
インドや台湾で買ってきたという
置き物や食器などがあり、
彼女の家にお邪魔しているような
心地よさと安心感があった。

中でも一番嬉しかったのが、
赤ちゃん連れ、子ども連れ
大歓迎だったことだ。
「お子さんも大丈夫ですよ」ではなく、
文字通り大歓迎。
子どものおもちゃや絵本、
赤ちゃんを寝かせられるソファーベッド
など、物理的なものもそうだけれど、
子どもと一緒に遊んでくれたり、
子どもの言動を面白がってくれたり、
彼女は、お店に来る子どもたちに
会えることや成長が感じられることを
心から楽しんでくれているように
感じた。

ご自身も、働きながら二人の息子さんを
育てあげた先輩ママということもあり、
行くたびに育児の疲れを労ってくれたり
話しを聞いてくれた。

大人と話すことに飢えているあの時期、
肩身の狭い思いをせず、
お店で子どもを叱りすぎることもなく
安心できるご飯と
美味しい中国茶を飲みながら、
子どもと一緒に遊んだり
彼女とおしゃべりできる時間に
どれだけ助けられたことだろう。

ランチメニューは
ニンジンのじっくり炒めや
豆苗のごま油和えなど、
シンプルな野菜メニューが豊富で、
大人のメニューから
子どもが食べられそうなものを選ぶと、
プチデザート付きの子ども用ランチを
作ってくれた。
息子たちはデザートの
『手作りカステラ』が大好きで、
「今日はカステラあるかなあ」
と言いながら、
自転車の前と後ろに息子たちを
乗せて、お店に向かったものだった。

残念ながら、カフェは3年前に
閉店されたのだが、だからこそ、
彼女がカフェをオープンしていた期間と
私が幼い子どもの育児をしていた期間が
重なった幸運に感謝したい。

久しぶりにお会いして
あの頃の感謝の気持ちと、
おかげさまで
息子たちは8才になったこと、
お互いの近況などを話した。
帰りに、
当時、カフェで子どもたちが
大好きだった猫の写真集と
犬のぬいぐるみをいただいた。
持ち帰ると、子どもたちも
覚えていて、とても喜んでいた。

今彼女は、
プライベートが忙しい中、
前職の実績などを活かし、
カフェとは全く違う仕事で
活躍している。

育児の疲れや不安、
閉ざされた感覚や
労ってほしい気持ち、
叱りすぎることへの罪悪感
「大人としゃべりたい」
「今日は子供と何して遊ぼう」
「ご飯はどうしよう」
いろんな気持ちを受け止めて
もらっていたと思う。

私はまだ母になって8年生だけれど、
幼い子どもの育児真っ最中から
少しは客観的に見られる部分も
あるだろうと思うので、
彼女の何分の一かでも、
幼い子どもを育てているお母さんの
気持ちに寄り添いたいと思う。

|

« おばあちゃん猫との暮らし | トップページ | はじめての習字 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/65257483

この記事へのトラックバック一覧です: ホッとできる人と場所:

« おばあちゃん猫との暮らし | トップページ | はじめての習字 »