« 2016年12月 | トップページ | 2017年4月 »

2017.02.22

「インフルエンザ」と「ありがとう」

夫→ミギ(双子弟)→ヒダリ(双子兄)の順に
インフルエンザ発症。

子どもと私は毎年ワクチンを打っているのに、
3年連続どちらかの子どもが感染している。
健康管理が悪いのかしらと少し情けなくなるが、
ワクチンのおかげで症状が軽いのでヨシとする。

軽いのはありがたいが、
元気なのに学校にも行けず
外出もできないので、
「かあさん 何すればいい~?」
「テレビ見てもいい?」
「お昼ごはん何~?」
「え〜、そのメニューはヤダ~」
と、いろいろウルサイ。

今回はミギとヒダリの発症期間が重なり、
4日間も二人一緒に学校を休んだため、
あまり暇を感をじずに過ごせてしまったが、
それでもエネルギーが有り余っていたのだろう。
最後の日は兄弟喧嘩ばかりしていたので、
私は早く学校に行ってくれ~と思っていた。

そんなんで、
子どもはウルサイし、
夫は病み上がりで戦力外だしで
私は少しイライラがたまっていた。

夜、私が夕飯後に洗い物をしていると、
「これどこに片付けたらいい?」と
ミギが食卓に残っていた粉チーズの容器を持ってきた。
普段は自分の食器しか下げないことが多いので
不穏な空気を察したのだろう。‬

‪「冷蔵庫の引き出しに入れといて」
と伝えると、
ミギは冷蔵庫を開けながら
「あ~あ~。ありがとうとか、
どうも〜、も言ってくれないのか〜」と言う。
私が内心少し慌てて、でも本心で、
「入れ終わったら言おうと思ってたんだよ。
ありがとう」と言うと、
「はーい」と応えて去っていった。

いいな〜。
素直にありがとうをリクエストできるの
いいな〜。
そしてリクエストしてくれて、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年4月 »