« 注射がこわい | トップページ | アウェイ感 »

2016.11.10

去年の自分に教えてもらう

5年日記をつけている。
現在4年目。

きっかけは友人から聞いて
楽しそうだと思ったから。

実際、去年や一昨年の今頃の
自分や家族の様子が分かったり、
毎年行っているイベントが
何日頃だったかを確認するのにも役立っていて、
ただ日記をつけるよりも楽しくて
毎日書いている。

書くスペースが小さいのも続いている要因だと思う。
ついあれもこれもと長く書いてしまいがちなので、
これだけ少ないと(3.5×6㎝のスぺースに6行)
書く時間が短いので重荷にならない。
(スペースが足りないときは、
後ろにノートが付いているので、
そこに書いている)

そして、日記の片隅に
夕飯のメニューを書いているのだが
これがすこぶる役に立っている。

(余談:「すこぶる」って普段使わないよなあ。
と検索してみたら、
少ないという意味の「すこ」と
いかにもそれらしい様子という意味の「ぶる」
が合わさった言葉で、元々は、
「少し、ちょっと」と、今とは反対の意味だったらしい。
なぜ反対の意味にになったかは不明らしいが
「ヤバい」みたいな感じかしら)

で、夕飯のメニュー。
例えば、去年の11月9日の日記には、
「サバと白菜の煮込み コウケンテツさんの。
家族もおいしいって」と書いてあった。

そんなこと忘れてた。
忘れてたけど自分の日記に教えてもらって
今年も作ることができる。
そうやって自分の日記に刺激されて何度か作っていると、
ようやく私の脳に定着して
「あれ作ろう!」と思いつくことができる。

料理番組を見て「美味しそう」と思ったり、
「あの料理は美味しかった」という刺激がないと
子どもと夫がまちがいなく喜ぶ、
カレーやクリームシチューなどになりがち。
それもあって料理番組をいくつか録画して見てもいるのだが、
自分で作って家族も美味しかったメニューならまちがいない。
(料理番組は旬の素材を使った
手軽に作れるものが多いので便利。
かつ動画、かつ上沼恵美子さんは正直。笑)

役に立つ一方で、
5年日記の夕飯メニューは
「クリームシチューばかり作ってるわあ」と
我ながら嫌になることもあるけれど、
それも戒めってことで。

|

« 注射がこわい | トップページ | アウェイ感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/64466241

この記事へのトラックバック一覧です: 去年の自分に教えてもらう:

« 注射がこわい | トップページ | アウェイ感 »