« 入学して約2か月 | トップページ | 解決! 足が弱くなった猫のトイレ問題 »

2015.11.11

1年生に絵本読み。

小学校で絵本を読んだ。

11月は学校の読書週間で、
その一環として
「保護者が読み聞かせをする日」を
各学年で設けているらしい。

私が選んだのは

『とべバッタ(田島 征三)』大型絵本

『あたまに かきの木(昔話)』紙芝居

クラスで読む予定が、
急遽1年生全員(約80人)に
読むこととなり、
あらかじめ図書館で
候補として選んでおいたものの中から
判型が大きいもの、
人数が多くても内容が届きそうなもの
に絞った。

『とべバッタ』は、
迫力のある絵が大好きな本で、
「虫」「冒険」「強い」ところが、
楽しんでもらえそうだなと選んだ。

『あたまに かきの木』は、
季節の果物「柿」が出てくるところ、
ユーモアのあるお話、
それと、途中で聞き手に質問する場面が
あるのも気に入った
(コール&レスポンス的な一体感)。
11月末の学芸会で、
1年生は昔話を演じるので、
この機会に昔話に親しむという点でも
いいかなと思った。

幼稚園のときもそうだったけれど、
本を読むよ、というと
子どもたちは集中して聞いてくれる。

笑ったり、「すごいー!」「えー!」と
反応が素直で、とても楽しい。
やっぱり読み聞かせって好きだわ。

本を選んだり、
読む練習をしたり、
大型絵本の場合は、
自分からは字が見えないので、
テキストを別に用意して、
読みながら本をめくりやすいように
下準備をしたり。

子どもたちがお話しと絵を
十分に楽しめるように、
読むこと、見せること。

バンドのライブの練習みたいだな、
仕事のプレゼンの準備みたいだな、
と思いながら、
少し緊張した前日と当日の朝。

でもやってみると、
子どもたちの反応に
こっちも乗ってきて、
最後は、あー終わっちゃった。
もっとやりたかったなあ、と思う。

これも、ライブと似たような気持ち。
(プレゼンはそうは思わいけど 笑)

来年も立候補しよう。

子どもが大きくなったら、
「母さん学校に来ないでよ」って
言われるかもしれないし、
こんなことができるのは
低学年のうちかもしれないな。

|

« 入学して約2か月 | トップページ | 解決! 足が弱くなった猫のトイレ問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/62656353

この記事へのトラックバック一覧です: 1年生に絵本読み。:

« 入学して約2か月 | トップページ | 解決! 足が弱くなった猫のトイレ問題 »