« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014.12.06

あわてんぼうのサンタクロースのつづき

“あわてんぼうのサンタクロース”って
つづきはどうなるのかな?

お風呂に入ってるときに
子どもとそんな話になった。

思いつくままにちょっとふざけて歌ってみた。
(一字一句は覚えてないけど、こんな感じ)

♪あわてんぼうのサンタクロース
クリスマスの日にやってきた
だけどねプレゼント
わすれちゃって、
あわてて取りにいったよ。
あらら、あらら、あらら♪

「かあさん おもしろーい! 次は、次は?」

リクエストに応えて、
年が明けてからお正月に来ちゃったり、
季節を間違えて真夏に来ちゃったり、
次の年も、またちょうど1年目の
クリスマス前の同じ日に来ちゃったり、
と歌ってみると子どもに大ウケ。

次は子どもが作り出した。

トナカイを忘れて落っこちそうになったり、
洋服を忘れてはだかんぼうだったり、
ひげそりでジリジリとひげをそったり。
おならをしたり、おもらしをしたり。
(最後はどうしても、この年頃にありがちの
下ネタになっていく・・・)

普段お風呂では、
しりとりや、知ってる妖怪を言い合う、
知ってるドラえもんの秘密道具を言い合う
などのゲームをすることが多いので、
目新しく、子どもウケもよく
けっこう盛り上がったので楽しかった。

6歳前後のお子さんがいるお宅では、
もしかしたら、楽しめるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.01

きえちゃうんでしょ

夜が明ける前のまだ暗い朝5時頃。
「かあさん」と静かに起こされた。

ミギが泣いていた。

「どうしたの? こわい夢見たの?」

夫やヒダリに知られたくないのだろう。
とても小さい声で
「かあさんがおばあちゃんになったら、
 いつかはしんで、きえちゃうんでしょ」

「そうだねー。でもそれは、
ずっとずっとずっと先のことだよ。
それまでは、ミギのそばにずーっといるよ」

ミギはうんうんとうなずきながら、
私の腕で涙をぬぐいながら泣き続ける。
静かに、でもしゃくりあげるように。
“それはわかってるんだけど、
それはわかってるんだけど”
そんな気持ちが伝わってくる。

「かんがえると、こわくなっちゃうよね。
いやだよね」

「もしきえちゃっても、
ミギのことをずーっと見てるよ」

なぐさめにはならないよなと感じながらも
ギュッとしながら声をかける。

息が苦しそうなほどに泣き続けるので
水を飲ませたら、
ようやく少し落ちついて、
ミギも私も、もう一度眠った。

起きる時間になって
いつも通り「おはよー」と
起きてきたミギは、
泣いていたそぶりもみせない。
もしかしたら夢だと思ってる?
記憶がぼんやりしてる?
それとも、ヒダリや夫がいるから?

ミギの耳元で「夜のこと覚えてる?」と
小さな声で聞くと
しっかり「うん」と答えた。

「なになに? なんのはなし?」
その様子を見ていたヒダリが聞いてきた。

私はヒダリの耳元で
「ヒダリくん 大好き」と言った。

「えー? ミギくんにも、
だいすきっていったの?」とヒダリ。

「そうだよ。ねー、ミギ」
「うん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »