« ~はじめてみる、ちひろの世界。~「いわさきちひろ×佐藤卓=展」2 | トップページ | 雨のしずく »

2014.08.30

あつくて ねむれない

涼しかったり、蒸し暑かったりのこの頃。

真夜中、「かあさん あつくてねむれない」
というミギの声に起こされた。
うとうとしながらも起きてみると、確かに少し蒸し暑かった。
布団に入ったときは涼しかったが、
雨が降ってきたからか、部屋の湿度が上がっている様子。

「扇風機つけていいから、近くに行って寝なさい」
少しすると
「まだ あつい! あつくてあつくて ねむれない」とミギ。

見ると、扇風機はついているものの、
風があまり当たらないところに寝ている。

「どうしてそこで寝てるの。 もっとあっちに行って寝なさい」
「なんか ぬれてるとこがあったの」
「自分の汗かよだれが少しついてるだけじゃないの。
涼しいところで寝なさい」
布団をササッとなでてみたが、それらしいところは見当たらず、
“おねしょ”じゃないことを確認した私はそう答えた。

と、すぐにまた
「せんぷうきつけても あつくて ねむれない!」とミギ。
「そんなに暑くないよ。扇風機に当たれば大丈夫でしょ」
「ねむれない!」

深い眠りのところで起こされた私は、早く眠らせてほしくて、
まあ、ぞんざいな対応をしていた。

「じゃあ、お水でも飲む?」
「のむ。のんで、おトイレにいく」
「じゃあ行くよ。早くおいで」

水を飲ませてトイレに行くとき、“はっ”とした。
ミギの体が熱い。

「熱があるね。熱があったんだね。
ごめんね気がつかなくて、だから暑かったんだね。
ごめんね、ごめんね」

私が謝ると、ミギがうなずきながら泣き出した。
きっと、暑がっていることがまちがってなかったこと、
やっとわかってもらえて安心したのだと思う。

あー、ダメじゃん私。
ミギが起きてきたときに熱に気がつかなかった。
子どもが小さい頃は、もっと敏感だったと思うのに。
ましてやあの子はあんなに「あつい」って言ってたのに。

涙はすぐに止まり、
そこからは“ぼくは病気で特別”という意識になったため、
真夜中にもかかわらず“テレビをみたい”と言い、
録画してある『ひつじのショーン』を一話だけ見てから
アイスノン枕をして眠った。

翌朝、起きたときにはまだ熱があったが、
朝食を食べ終わる頃には、もう平熱に下がった。

「きのう かあさん、ぼくに すごく あやまったんだよね~」
朝食を食べているとき、楽しそうにミギが言った。

「ミギが“あつい”って起きてきたんだけど、
 母さん、はじめは熱があることに気がつかなくて、
 だからごめんねってあやまったんだよね」
私は、ミギに応えつつヒダリに説明するように話した。

たいしたことがなくてよかった。

ミギにとっても私にとっても、
印象に残る夏の終わりの夜の出来事。

|

« ~はじめてみる、ちひろの世界。~「いわさきちひろ×佐藤卓=展」2 | トップページ | 雨のしずく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/60231266

この記事へのトラックバック一覧です: あつくて ねむれない:

« ~はじめてみる、ちひろの世界。~「いわさきちひろ×佐藤卓=展」2 | トップページ | 雨のしずく »