« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014.05.31

どうする?

「空からイチゴが降ってきたらどうする?」
「地球より大きい隕石が落ちてきたらどうする?」
「おならでミギくんが飛んでいったらどうする?」

最近よく、この「どうする?」の問いかけを
子どもたちからされるのだが、
返答の仕方が分からなくて困る。

もちろん子どもたちは真面目に聞いているわけではない。
“この質問面白いでしょ。かあさんはこの面白さが分かる?”
と、まるで私が試されているような雰囲気が漂っている。

普通に応えると興ざめな空気になるし、
ちょっとオモシロおかしく応えても「へー」みたいな反応なのだ。

まだ試してはいないけれど、
わざとらしく大げさに笑って「そんなことあるわけないじゃーん」
とでも言えばいいのだろうか。
それとも「じゃあ、イチゴがおならをしたらどうする?」とか
ナンセンスにはナンセンスで返せばいいのだろうか?

幼稚園で同じクラスのママ友に
この「どうする?」の話をしたら、
「そうそう! あの“どうする?”はなんなの!って思ってたー。
どこのうちでもやってるんだねー」とのこと。

この年頃特有の遊びなのか、
たまたま子どもたちの幼稚園ではやっているのか。

“とても困っている”というほどでもないのだけれど、
「どうする?」が始まると少しイラッとするのよね~。
せっかくだから、この遊びの楽しいのっかり方、もしくは、
お互いに気持ちよく早く終了する対処の仕方を
知りたいのだけれど。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.25

少し若い!?

検証はできていないのだが・・・。

昨日の風呂上り。鏡を見たとき
”あれ?なんか顔が少し若い? 
 あーーー!ほうれい線が少し浅いかもー!”

しかし、新しい化粧品を試したわけでも、
マッサージを念入りにした記憶もない。
もしや・・・。前からそうかな~と感じていたアレだろうか。

この日、私は子どもたちを夫にまかせて、
1日中、家で自分だけの作業をしていた。
そのため、子どもたちを怒ることもイライラすることもなかった。
険しい顔になることも、ふてくされることも、
広角がグイッと下がることもなかった。

最近、老けたなあ(この漢字イヤね~)と感じていて、
それには色々理由があるけれど、中でも、
”手に負えないものを毎日相手にしている”ことで、
顔がコワくなっていることも大きいのではないかと
思っていたのだ。

折しもこの日、1日子どもの相手をして帰宅した夫の顔が、
なんとなく険しくて疲れていて、
”あ~、なんかまた子どもにイライラさせられたんだろうな”
ということがすぐわかったので、
子どもが寝たあと、いつもとは逆に、
私が夫に“今日の子どものイライラポイント”などを聞いて、
「だよね~」とか言いながら発泡酒を飲んだ。

でも、子育ては大変だってことが言いたいのではなく、
(会社勤めをしていた頃も、同僚が近寄りがたいほど
私はちょくちょく忙しいオーラを放っていたらしいし・・・)
息抜きとか客観的に見ることって大事よね(当たり前だけど)、
そして、険しい顔は老けるぞ!と、意識するようにしよっ
と思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.11

母の日のプレゼント

幼稚園から持ち帰った母の日プレゼント用の工作。

牛乳パックで作った小物入れの上に
かあさんの似顔絵が描いてあり、その裏に
子どもからのメッセージを先生が代書してくれているのだが、

ミギのは
「いつも おべんとう ありがとう」。
無難な回答(笑)。
カッコ悪いことを嫌う傾向があるので、照れもあるんだろうな。

ヒダリのは
「かあさんの あしの ぷにぷにしているところが だいすき」。
すごいわ~。
こういうことを素直に先生に伝えられるところが
ヒダリの良さでもある。

家に持ち帰ってから初めてお互いの作品を見た二人。
ミギが、「ぷにぷにだって~」とヒダリをからかうと
「ミギくんだって かあさんの あし すきでしょ!」と
反論するヒダリ。

そうだよね~。
いつも二人して足にしがみついたり、
すりすりしてくるもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »