« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »

2014.02.28

ニコちゃん

おにぎりを毎日ニコちゃん顔にしている。
でも、最初のときから特に子どもたちからの反応はない。

先日、ご飯に混ぜたふりかけのせいで
海苔が見えにくかったから、
初めて顔ナシのおにぎりにしてみた。

すると「きょうは おかお なかったよ!」とヒダリ。

毎日あるものがないと気になるだけかもしれないが、
気づいてくれて少し嬉しかった。

__


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.27

パジャマが買えない

みなさんは、どんなパジャマを着ているのだろうか。

現在私が着ているパジャマは、
恥ずかしくて何年前から着ているか言えないほど
年月がたっているトレーナーと、
これもかなり年季が入ったルームパンツだ。

トレーナーはとうとう袖の所が破れてきた。
パンツは去年膝に穴が開いたのだが、
裁縫箱に入っていた無印良品のシンプルなアップリケで塞いで
履き続けている。
そしたら最近、また別のところが破れてきた。

洗い替えもあるが、
破れてきたもののほうが着心地がいいので
こればかり着ている。

新しいものを買えばいいことだ。
外出したついでに買うつもりで見たりはしているのだけれど、
今だ購入には至っていない。

買えない理由を考えてみると…。

手頃に買えるものは起毛素材やフリース素材などが多く、
寝汗をかいたら心地が悪そう。

今着ているパジャマの着古したあのクタッっとした肌触りが
捨てがたい(これが一番の理由のような気がする)。

肌触りの良いそれなりのものを買えばいいのだが、
家族の目にしか触れないパジャマに
そこそこのお金をかける決断ができない。
(そのくせ、すぐ消えてしまう飲み食いにお金を使っていたりする)

パジャマを買うことにワクワクしない。
どこで買えばよいのかなあと思ってしまう。

そういえば、実家に住んでいたころに着ていたネルのパジャマは
心地よかったなあ。
あれは、親が買ってくれたのだろうか、
自分で買ったものだったのだろうか。

そして今晩も穴のあいたパジャマを着るのだ。
女子力低い!っていうか、人としてだらしない。

ああ、もうそんなことをゴチャゴチャ言ってないで買わなければ。
でも、もしかして共感してくれる人がいるのでは?と
(さすがに破れているものを着ている人はいないと思うが)、
ここで(ブログ)最後の悪あがき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.16

かあさんの つめたいのが すき

子どもは体温が高いからなのか、
「このつめたいのがきもちいいんだよねー」と
私のジーンズの裾やセーターの袖をまくっては、
ふくらはぎや腕に触ってくる。

眠る時は、私のパジャマのズボンの裾をまくって
ふくらはぎにスリスリしながら寝たりもする。
“かあさんのイメージ”って、
通常、温かいものだと思うのだけれど、
意外と冬でも「かあさんの つめたいのが すき」とくっついてくる
息子たちなのだ。
もちろんそれとは別に「だっこしてー」とも言われるし、
抱きつきながら寝たりもするのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.02

お風呂のおもちゃ

いつもはお風呂から出るとき、
子どもたちは遊んだおもちゃを湯船から出して、
水をきって適当に置くだけなのだが、
今日は珍しく、私が言ったわけでもないのに、
きれいに並べていた。

「すごいね! きれいで気持ちいい〜」と私が言うと、

ヒダリは「ド、レ、ミ、ファ、みたいに並べようと思ったんだ」
ミギは「こころも きれいなかんじになるね」と言う。

うわ〜。なんか今キラキラをもらった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »