« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013.07.16

髪を切って

髪を切った。
えりあしギリギリ、横は耳にかけたい。
そうして仕上がった自分を鏡で見たら、懐かしいと思った。
「お久しぶり」という感覚。

そうだよ。えりあしギリギリ&横長め=ほぼボブじゃん。

その昔、今をときめく“鈴鹿ひろ美”こと薬師丸ひろ子ちゃんの
髪型に憧れて、髪をボブにし、
白くて丸いイヤリングを買ったこともあった(恥!)。
分かるかしら? 『探偵物語』の頃のヘアスタイル。
そういえば、耳たぶをパチンと挟むイヤリングって痛かったなぁ。
今はピアスの穴を開けたから、あの痛みは思い出となったけど。

その後、高校から大学にかけて髪を胸くらいまで伸ばし、
一時期はワンレンソバージュだったことも。(これまた恥!)
さらにこの頃は人生最重量体重だったため、
大学の写真はできれば封印したい。
写真を持ってる方は取り扱い厳重注意でヨロシクです。

就職してからは、基本ボブベースのセミロング丈で
パーマをかけてクルンとしたりクシャッとしたり。
出産後は子ども相手に髪が邪魔で毎日ひとつに結わえてて、
その後短く切ったんだけど、どんな髪にしたんだっけ。

まあ、最近のことは置いといて。
髪型ひとつで色々と思い出し、
髪型ひとつで恥ずかしい過去があるなあと。

そういえば、少し前にマッシュルームチックなヘアスタイルに
したことがあり、夫には苦笑され、友だちには後日
「あれはあれでよかったけど、今のほうが安心して見られる。
今の髪型似合ってるよ」と言ってもらった。
友人の正直な言葉はありがたい。

冒頭に戻って薬師丸ひろ子ちゃん。
素敵な女優さんになったなぁ。
“鈴鹿ひろ美”ももちろんいいけれど、
映画「今度は愛妻家」の北見さくら役がすごく良かったです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.04

勝手にかくれんぼ

いつからだろう。
あまりにも日常になっていたけれど、
これは子ども特有の面白さだろうなと。

「かあさ~ん。もう はいってきて いいよ~」
「かあさ~ん ヒダリくんとミギくん どこでしょ~か」
「かあさ~ん、 かあさ~ん」

隣の部屋から子どもたちの声がする。
まただ。
また勝手にかくれんぼだ。

“かくれんぼするよ” “かくれんぼしようよ” の言葉もなく、
勝手に隠れて探すことを要求する。

トイレや洗面所から私が出てくると「かあさん きちゃう!」
の声とともにバタバタバタッと足音がして隠れたり、
キッチンで料理を作ってると
「かあさん きていいよ~」と、まるで私が“もういいよ”の
言葉を待っていたかのように言われたり、
1日に何度かこの小さなかくれんぼは繰り広げられる。

家中使って隠れることはしないため、
押入れの中か、カーテンの裏か、布団の中か、テーブルの下。
この4つしか隠れる場所がない。
しかも2人一緒に同じ場所に隠れていることも多い。
ようするに、ばればれ。 
いつもばればれ。

でも私は
「あれー、ヒダリくんとミギくん どこかなー」
「さっきまで いたのになー」
「ここかな? ちがうなー ここかな?」と演技をする。

しかし最近は私がこのやりとりに飽きてしまって、
演技がおざなりだったり、すぐ見つけたり、
探すこともしなかったりするので、
最近はもっぱら
「とうさ~ん、とうさ~ん」と夫相手にかくれんぼ。

毎朝6時半頃、私が幼稚園のお弁当を作っている横で
「とうさ~ん、とうさ~ん」と始まる。
夫が早く帰宅した夜は、
夫が風呂から出るのを待ちきれず
「とうさん はやく でてきてよ~」。
出てくると
「とうさん もういいよ~」。

夫は“しょうがないなぁ”と“嬉しい可愛いなぁ”が混じった顔で
「あれー ヒダリくんミギくん どこかなぁ」と相手をしている。
ちゃんと相手をしていてスゴイなぁと感心する気持ちと、
夫は1日中一緒にいるわけじゃないしね、という思いと。

なんとなく・・・。
“かくれんぼ”という遊びをしているのだけれど、
「かくれる→でもすぐに見つけくれる」という安心感の蓄積を
しているようにも感じる。
だから、見つけられやすい場所に隠れるんじゃないかな。
自分から「ここでした~!」って出てくることも多いし。
だって、見つけてもらえないって、とても怖いと思うから。
考えすぎかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »