« ずいぶん | トップページ | 5時間の別行動 »

2013.06.13

自分から登園!

以前書いたが
登園のとき、ほぼ毎日ミギは泣いていた。
つい2、3日前まで。

園についても靴を脱ごうとしない。
私から離れない。私を引っ張って帰ろうとする。
そして最後は引き剥がすように
先生に抱きかかえられて教室に入る。
あまりに毎日なので、これは儀式か寸劇か!?と思うほど。
かわいそうだとも思うし、なんとかラクに登園できるように
助けてあげたいと思っているのだけれど。

それがある日、
「きょうは だっこしない(先生に抱っこしてもらわない)」と
言い捨てて、さっさと靴を脱ぎ靴箱に歩いていった。
ど、どうしたんだ!?と私が固まっていると、
タタタタタッと私のところに戻ってきて、
耳元で「なんで だっこしなかったかって いうと・・・」
(教えて教えて!と心の中で期待が高まる)
「・・・。おかえりのときに おしえてあげる」

えー!
まあ、元気に登園できるなら何より。
そしてお迎えのとき。
「○くんとあそびたかったから だっこしなかったんだよ」と、
わざと大したことなさそうに告白してきた。

ようは、クラスに一緒に遊ぶ男の子の友だちができたから
それが嬉しくて楽しみで、自分から登園できるようになった
ということらしい。
その日から毎日「きょうも なかないよ!」と言って、
自分で靴を脱ぎ、ろくにバイバイも言わず登園している。

よかったねー。

それまでも一人ぼっちでいるわけではなく、
『教室に入ると元気にしている』らしかったけれど、
年中になってクラスが変わり、人数が増え、
ヒダリや友だちとも違うクラスになって、
居場所がないというか居心地が悪かったのだろう。
ヒダリはミギほどは幼稚園を嫌がっていないが、
「おきょうしつに おともだちがたくさんいて
 だれとあそんでいいか わかんないんだよ」と言っていた。

これからまだまだいろいろあるだろうけれど、
親としては、やっとミギの年中生活がスタートした気分。

|

« ずいぶん | トップページ | 5時間の別行動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/57559940

この記事へのトラックバック一覧です: 自分から登園!:

« ずいぶん | トップページ | 5時間の別行動 »