« 「デザイン あ 展」に行ってきた! | トップページ | AERA with Baby 4月号 »

2013.03.29

「小」の字の幸せ

毎晩「川」の字、というか「小」の字になって寝ている。
私を挟んで左右に息子たち。
「かあさんが まんなか」じゃないとケンカになる。

だいたい20時から21時の間に
「小」の字になって絵本を読んで寝かしつけ、
(赤ん坊の頃と違って5分もたたないうちに寝るから
寝かしつけってほどでもないが)
うまくいけば、私はそこで起き上がる。
(うまくいかず、一緒に眠ってしまうこと多し)

そのあと、夜中の0時とか1時に私は再び寝るのだが、
子どもたちの間に入って寝るこの瞬間が好きだ。

寝返りをうって好き放題に寝ている子どもたちを移動させ
自分が収まるスペースを作り、そこに横たわるときの幸せ!
なんだろう、あれ。
子どもの横に寝ると、
安心感、多幸感、そんなような気持ちになる。

愛おしい気持ちとか、
子どもの暖かさや柔らかさもあるだろうし、
絶対的に必要としてくれている自己肯定感とか、
ここに書くにあたって考えてみたのだけれど、
いい言葉が見つからない。

毎日一緒に寝ているので、
「子どもを気にせずに体を伸ばして寝たいー」
と思うときもあるけれど、
それは「そんな気持ちになるときもある」だけで、
実際には狭くても子どもと一緒に寝たい。
この幸せを取らないで!と思う。

日中は子どもに対して、
あーっ!まとわりつかないで!離れて!と
思っていたりするのに、不思議なものだ。
子どもたちよ、毎晩幸せをありがとう。

|

« 「デザイン あ 展」に行ってきた! | トップページ | AERA with Baby 4月号 »

コメント

私は、猫4匹(今4匹になっちゃたんですよ・笑)をベッドからふるい落として自分の場所を確保。
あっという間にまた上から乗っかられまくって、うれしくるしい状態です!
はたはたさんのブログ読んでいると、いつも娘が小さかったときのこと思い出して、幸せな気分になりますよ~!

投稿: kaname | 2013.03.31 11:01

かなめさん

こんにちは。コメントありがとうございます!
猫ちゃん4匹は、かなりうれくるしいですね(笑)

>いつも娘が小さかったときのこと思い出して、幸せな気分になりますよ~!

とても嬉しいです!
幸せな気分になってもらえるなんて、私すごいじゃないですか!(笑)
子育てから手が離れても、少し記憶をつっつくと、たくさんの思い出や感情が溢れてくるのだと思います。
また気が向いたときにこのブログに立ち寄ってもらえたら嬉しいです。

投稿: hatahata | 2013.04.02 09:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/57040920

この記事へのトラックバック一覧です: 「小」の字の幸せ:

« 「デザイン あ 展」に行ってきた! | トップページ | AERA with Baby 4月号 »