« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013.01.27

先生に言えた!

今朝も
「ようちえんに いきたくない」とヒダリ。

そして今日はミギも
「だって ようちえん つまんないんだもん。
○○くんが うでをつかんだりするし」

するとヒダリも
「ヒダリくんも ○○くんに パンチされた」

最近ヒダリがまた、幼稚園に行きたくない、早くお迎えに来てと
言うようになった。
原因は○○くんだけではないかもしれないけれど、
ハッキリと子どもたちの原因らしいことを聞いたのは初めて。

「やめてとか、痛いとか言わないとお友達には分からないし
言えたほうがかっこいいよ」
と言うと
「いえない」
「お友達に言えなかったら、先生には言えるかな」
「いえない」

そんなことを言いながら幼稚園に着くと、
ミギはいつもどおり「いってきまーす」と別れたが
ヒダリは「ようちえんに いきたくない」と泣き出した。
泣くこと自体は珍しくないし
さっきのことで泣いているかハッキリしないので
「どうしたの」と聞くと
「○○くんがパンチするから」
さっき話していたことが込み上げてきてしまった様子。

「先生に言ってみよう。母さんも一緒に行くから」
毎朝、クラスの子どもたちを
教室の前で待っている担任の先生のところに行くと
「○○くんが パンチするの」と言えたヒダリ。
泣いていたため先生がハッキリ聞き取れず
私が少しフォローはしたけれど、
「そうだったの。先生気がつかなくてごめんね。
大丈夫だよ、○○くんにお話するね。
△先生(副担任)にも伝えるね」

そのときのヒダリの、晴れやかな顔!!
少し恥ずかしさは残るものの
笑い泣きしながら、もう気持ちは幼稚園に向いていた。
「よかったね、先生に言えたね」と伝えて送り出した。

その日のお迎えでは、私の顔を見るなり
「きょうは パンチされなかったよ!」と笑顔のヒダリ。

よかったね。
嫌なことがあったら先生に言っても大丈夫なこと。
先生に言えなかったら母さんに言ってほしいこと、
それは母さんは嬉しいことだから、ということを
抱っこしながらもう一度伝えた。

想像するに、家ではヒダリとミギで、
パンチやキックや取っ組み合いをして遊んでいるけれど、
友達にはどの程度やっていいのか分からないんだろうな。
だからやられっぱなしになるっていう感じだろうか。

最近、ミギもヒダリも「抱っこして」という言葉が増えて、
以前よりおっぱいに触りたがる。
「外で頑張っていると、そういうふうに甘えが出ることが
あるらしいよ」と同い年の男の子を持つ友人が教えてくれた。

嫌と言えない傾向とか、男の子同士の遊び方とか、
先のことを考えると少々不安にもなるが、
勇気を出して先生に言ったらパンチされなかった!
という体験ができて、今日はいい日だった。

(ちなみに、次の日も「はやく おむかえに きて」とは
言われたけれど、登園時には泣かなかった)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.26

紙筒大好き

すぐに紙筒を作りたがる。
家でも作るし、幼稚園の延長保育では
必ずといっていいほど作ってくる。
たいてい、昨日作ったものには目もくれず
また作り始めるので、すぐに数が増える。

基本は、剣や銃に見たてて戦いごっこ。
他には、紙筒同士や折り紙などにくっつけてオブジェ作り。

最近は、筒の中を詰めると
固くて強い筒ができることがわかってきたので、
巻き始めの細い筒作りや、
以前作った筒の中にさらに細い筒を作ることを
私にオーダーしてくる。
タイミングによってはとても面倒に感じることもある。
少し前までは、セロハンテープをたくさん貼りさえすれば
強くなると思いこんでいたためテープ消費量が激しかった。
目を離していると折り紙を束にして筒を作ってしまうため、
あっという間に買ったばかりの折り紙がなくなるという現象も。
チラシや新聞で作ってって言ってるでしょっ!

写真は
「たくさん筒が溜まってきたから、使わないものを
一度捨てたいんんだけど」と私が言ったら
子どもたちが出してきたもの。

なんだ、ほとんど使わないんじゃん。
または、私の言い方が脅迫めいていたか・・・。

お金がかかることでもないし自分で作るっていいと思うし、
紙筒の片付けだけみれば、
全然たいしたことじゃないと自分でも思うのだけれど、
あっちこっちに紙筒が転がっている風景は
「いいかげんにしてくれー!」という感情が
あふれてしまうことが多々あるのです。

___2

最近ちょっと子どもに対してイライラモードなので、
いつになく(?)そんな空気が漂う文章に。
でも現実は、こっちの空気がほぼ毎日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.18

仲裁

「かあさーん! ミギくんが かしてくれないって」

「かあさーん! ヒダリくんが 眼をバーンってやったー」

「かあさーん! いたいー! ミギくんが ひっぱって
ぶつけたー」

「かあさーん! ヒダリくん おこって!
ずーっと つかってばっかり!」

「かあさーん! ミギくんが とったー!」

「かあさーん! ヒダリくんばっかり こーんなに
ブロックもってるんだよ!」

「かあさーん! ミギくんばっかり DVD入れてる!」

「かあさーん! ヒダリくんばっかり さきに手をあらってる!」

「かあさーん! ハミガキは ミギくんが先!」
「ヒダリくんが先!」

「かあさーん ヒダリくん いっしょにおトイレ行かないって!」

「かあさーん ヒダリくんが さきにおトイレ行ったー!」

「かあさーん! ミギくん どいてくれない ヒダリくんも
ここに入りたいのに! ずーっとずーっと どかないって!」


早く、
別の遊びをするとか、仲直りするとか、提案するとか、
譲るとか、気にしないとか、先にできるようにがんばるとか、
とにかく、その状態をおさめる方法を覚えてほしい。

双子だから、
「お兄ちゃんだから貸してあげなさい、がまんしなさい」が
使えないのはいいことだと思っているのだけれど、
毎日ほとほと疲れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.17

年少組のクリスマス会

1ヶ月前のことでも、
年が明けると随分前のことのようで気恥ずかしい・・・。

幼稚園で同じクラスのママがクリスマス会を企画してくれた。
有志のママたちが「得意なこと&できること」で
係りを分担して事前に打ち合わせや準備を行い、
畳敷きの地域センターの1室を借りて、
クラフト(工作)、紙芝居、歌とダンス、ゲーム(すり替え仮面!)
プレゼント交換、サンタからのプレゼント、飾り付けなどを
準備して行った。

ママたちの仕事っぷりが素敵だった。

クラフト用に、白いボンボンがついた赤い三角帽を作る材料を
子どもたちの人数分きれいにパッキングしてくれたり、
サンタが子どもたちにプレゼントするバルーンアートのお花を
人数分ひとりで作ってくれたり、
すり替え仮面の衣装を作って準備してくれたり、
お土産のお菓子をパッキングしたり、サンタが来たり(!)、
センスのいい素敵な飾り付けを作ってきてくれたりなどなど。
時間配分もバッチリでいいクリスマス会になった。

きっと、ママたちはまだまだ底知れぬパワーを
秘めているに違いない、と感じた1日だった。

ちなみに、私は紙芝居係りで参加した。
係りのみんなで紙芝居をセレクトして練習して
読み手を担当させてもらった。
選んだ紙芝居がなかなかよかったのでご紹介。

◆『よいしょ よいしょ』(紙芝居)
動物などの登場人物が紐で何かをひっぱっていて、
次のページで答えが分かるという内容。
中には紐だけしか絵が描かれていないページもあって、
「あれ?何かひっかかってるみたい。
みんなも一緒に、よいしょって言ってくれるかな」
というような展開があったり、
小人が引っ張っているものの答えをいくつかの絵から選べたり
(魔女、サンタ、ケーキなど)、
白紙があって好きな絵を貼れるようになっていたり。
つかみもOK! 使い勝手もOK!な紙芝居。

◆『クリスマスなんか だいっきらい』(紙芝居)
ひとりぼっちのオオカミはクリスマスが大嫌い。
理由は、みんなが仲良くクリスマスを楽しんでいるのが
うらやましかったから…。
はらいせにサンタのプレゼントを盗んだオオカミは
プレゼントを隠そうとしてモグラの家に落ちてしまう。
すると、モグラの子どもたちは「サンタが来た!」と大喜び。
思いがけず、モグラの家で楽しくて温かい時間を過ごした
オオカミは、そのあと大急ぎでサンタにプレゼントを返し、
家に帰ると「クリスマスを一緒に過ごしましょう」という
招待状が!
オオカミはクリスマスが大好きになりました、というお話。
ストーリーと絵に引き込まれるし、読み手も楽しい。
とても素敵な紙芝居。

◆『まどから おくりもの』(大型絵本)
五味太郎さんの絵本。
ヘリコプターで(!)やってきたサンタクロース。
1軒1軒、窓から贈り物をプレゼントするのだけれど
ちょっとした勘違いで贈り物を間違ってしまう。
その間違い方が五味さんらしいユーモアで展開していく。
最後は、間違った贈り物でもプレゼントは嬉しいね楽しいね、
というお話。
大型絵本は子どもの興味をひくし、
サンタクロースの勘違いを楽しみながら
「次はどうなるのかな?」と読み進められる楽しい絵本。
ただ、複数の子ども相手に読むときは少し工夫が必要なので
事前に予習が必要。

今回、紙芝居や絵本選びのときに相談させてもらったり、
参考にさせてもらった方のサイトをご紹介。

「おすすめ紙芝居」

「ヴィアックス・テクニカルサポート室 紙芝居120選」

「ヴィアックス・テクニカルサポート室 大型絵本リスト」

「キュリアス」
長く使えるおもちゃや絵本、素敵な雑貨のお店。
魅力的なワークショップも随時開催。
私は、子どもの誕生日のおもちゃや出産祝いのプレゼント
絵本選びなどでお世話になっています。
お店のオーナーの方とのおしゃべりも楽しみのひとつ。

「シトロンブックス」
絵本と雑貨のネットのお店。
出張販売「おでかけシトロン」も行っている。
阿佐ヶ谷のギャラリー「CONTEXT-S」で
定期的に出張販売されているので、
私はそのときにうかがうのが楽しみ。

(キュリアスさんとシトロンブックスさんは、
読み聞かせの絵本というよりも、1対1、もしくは
一人で読む絵本が専門なのですが、
絵本に興味のある方ならきっとお好きなんじゃないかなと)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.12

迷子

ショッピングセンターで
「紫のダウンジャケットに・・・の3歳の男の子を
お母さまが探しています。お心当たりの方は
従業員までご連絡ください」
という内容のアナウンスが流れた。

よくある案内だけれど、その日はなんとなく耳にとまり
「3歳の男の子が迷子かー」と独り言のような
子どもたちに聞かせるような言葉が漏れた。

10歩ほど歩くと、ミギが目をこすっている。
どうやら少し泣いているようだ。
「迷子って聞いて心配になっちゃった?」と聞くと
「うんうんうん」と声を出さずにうなずく。
その後もなんとなく元気がないので、力強く
「大丈夫だよ。もしミギくんが迷子になっても
母さんは絶対に見つけるから。迎えに行くから。
今までだって、母さんが来なかったことないでしょ」と言うと
また「うんうんうん」と声を出さずにうなづいた。

ミギはよくジワッと泣く。
テレビアニメで怖いシーンがあったときや、
逆に、子どもがギューッと抱っこされているシーンなどを
観ているときに、
流れ落ちるまではいかないけれど涙が出ちゃう
くらいの泣き方をする。

その後、ショッピングセンターの屋上で、
子どもたちと私の3人でかくれんぼをすることになったのだが、
ミギは断固として鬼になろうとせず、
私が鬼になることも許さず、私と一緒に隠れた。
かあさんと離れるのが怖かったのだろう。
(だったら、かくれんぼしようって言い出さなきゃいいのに)

鬼になったヒダリはしばらく私たちを探した後、
アンパンマンの乗り物に乗ってしまった。
遠目だったので、飽きた?それとも泣いている?と
走って近づいてみると涙を流して泣いていた。
泣いているところを人に見られたくなかったらしい。

つい先日もここで隠れんぼをして、
ミギとヒダリが二人で鬼になって私を探したときは、
長い時間かけて探してくれたのだけれど、
“迷子”の話を聞いたあとだし、
一人で隠れるのも一人で探すのも心細かったね。
少しかわいそうだったけれど、
本当に迷子になったわけじゃないので
こういう経験もありかなと思ったひとときだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.08

猫のおもちゃ

何度か書いているが、うちの猫はかなりの高齢だ。
人間で言えばおそらく90歳以上。
でも病気らしい病気にもならず元気に過ごしている。

しかしさすがに「遊ぶ」ことはほとんどない。
ないのだけれど、子どもたちは遊びたくて仕方がない。
ペットショップに行くと必ず猫のおもちゃを買いたがる。

しかし、
おもちゃを買う→猫(ビール)はほとんど遊ばない→
無理やり遊ぼうとする→ビールはほとんど遊ばない→
自分たちがそれで遊ぶ(子どものおもちゃになる)→
1日2日でどこかが壊れる→私に怒られる。
もしくは1日2日で飽きてそのへんに投げ置かれる。

猫のおもちゃはネズミ風なものがついていることが多い。
それが家の中に無造作に置かれている風景が
私はあまり好きではない。
それに、無駄!

だから、夫が子どもたちとペットショップに行って
猫のおもちゃを買ってくると、
またそんなもの買ってきて、と少しイラッとする。

なのに今日買い与えてしまったよ。
「これなら少しは遊んでくれるかも?」
とわたしも思ってしまったのだ。
(だって、ビールってば元気だからさ)
「たまにだからいっか」と。

結果、ビールは全く遊ばず、子どもたちはその日に壊した。

もう買わないからね!と子どもを怒ったが、
自分にも腹が立ってたんだよな、あれは。
子どもたちに少し、ごめん。
ビールにも、ごめん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.06

インフルエンザ予防接種

12月に恒例の予防接種を受けた。
毎年私も子どもと一緒に小児科で注射を打ってもらう。

昨年は夫も一緒に4人で行ったので、
それぞれが子ども一人を担当すればよかったのだが、
今回は私一人でヒダリとミギを連れていった。

子どもが怖がっているので、まず私が打つ。
平気な顔で「痛いけど、大丈夫だったよ。
次はどっちが打ってもらう?」と聞くと、ヒダリが立候補。

私はヒダリを抱きかかえて抑えつつ、注射を打ってもらった。
ここまではすんなりと進んだのだが、
ヒダリは私のように平気な顔でいられるわけもなく、
「いたいー! いたいー!」と大泣き。
(大人でも薬を入れるときはけっこう痛いもんな)

すると、それを見たミギは、
「ちゅうしゃ うたないー! やだー!」とヒダリ以上に大泣き。

そりゃそうなるわなー。
しかも、私はヒダリの注射跡の出血を脱脂綿で押さえる
必要があったため、ミギは看護師さんと一緒にいたから
さらに心細かったのだろう。
慌ててヒダリの血が止まっていることを確認してから
ミギを抱っこしたが、力いっぱい病室から逃げようとする。

はて、どうやってなだめるかと思っていると、
ミギの大泣きぶりを見て冷静になったのか、
普通なら「いたいー!」ともっと泣き続けそうなヒダリが、
すぐに泣き止んでくれた。

「ほら、ヒダリくんもう泣きやんだよ。ミギもがんばって」と
少し強引に抱きかかえてミギも注射完了。

もちろんミギは「いたいー!」とこれまた大泣きだったが、
がんばったご褒美に看護師さんから
ヒダリはラムネを、ラムネが嫌いなミギはシール
(しかも大好きな恐竜!)をもらうと、
プレゼントの嬉しさと注射が終わった達成感で
すぐに泣き止んだのだった。

待合室で絵本を読みながら、注射後の30分待機。
「ヒダリくん、すぐに泣き止んで強かったねー」
「ミギくんは、ヒダリくんを見て怖くなっちゃったんだよねー。
でもがんばったね」とがんばりを讃える。

その夜、夫が帰ってきてから二人とも
「ヒダリくん、すぐに なきやんだんだよー」
「ミギくん、おおなき しちゃったんだー」と報告。
泣いたことも報告できるのがいいなぁ。

子どもは2~4週間以内にもう一度打たなければならない。
今回の痛さの記憶が新しいから、どうなることやら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.05

2013年

あけましておめでとうございます。

昨年いろいろな形でお世話になってみなさま
本当にありがとうございました。

今年もよろしくお願いもうしあげます。

 *

昨年は、このブログを初めてから
最も記事数が少なかったのではないだろうか。
書きたいことや伝えたいことはあったというのに。
今年は、もう少し多くアウトプットして
バランスをとれるようにしたいと思う。

さて、お正月といえば、
いただいた年賀状の中に、
おめでたや赤ちゃん誕生のニュースを見つけると、
とても嬉しい気持ちになる。
妊娠前は、正直、赤ん坊の愛おしさや可愛さが
分かっていなかったなぁ。

どうぞ、母子ともに健やかに過ごせますように。
そして何か力になれることがあったら
声をかけてくださいな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »