« 抑制しあってる?  | トップページ | 2013年 »

2012.12.20

ジャンケン

双子は同い年なので、なにかにつけて取り合いは必至だ。
それはもう生まれたときからだと思う。
いや、お腹の中からか?

しかし、こういう争いごとを解決したり、
順番を決めるときに最もポピュラーな「ジャンケン」は
子供にとってはハードルが高く、
4歳になった今でも、
円滑な解決方法としては使うことができない。
早く使えるようになってー!

まず人間の発達段階として、
赤ん坊はグー、チョキ、パーができない(特にチョキが)。

2歳頃、ようやくチョキもできるようになるが、
この年ではまだ、勝ち負けのルールが分からない。

そしてようやく3歳頃にルールが分かっても、
「負ける」ことが気に入らないのでジャンケンの意味がない。

うちの場合は最初にグーで“あいこ”になることが多いのだが
(いきなりチョキを出すのは難しいのだろう)
それ以外を出すと負けるかもしれないから、
お互いに他のサインが出せない。
そうして3回ほど“あいこ”になると、
自分のことは棚に上げて怒り始める。
「ヒダリくん、グーばっかり出すんだもん!」
「ミギくん、チョキ出して!」

いやいや、ジャンケンはそういうものじゃないから。

仮に1回目で勝敗が決まっても、
負けたほうが必ず「もう1回やる!」と言う。

結局、“勝っても負けても恨みっこなし”ということが
まだできないのだ。
なのにすぐ「じゃあ、ジャンケンしよう」って
言いだすんだよなー。
必ず自分が勝つと思ってるのだろうか。
  
私にとって子供たちの「ジャンケンしよう」は
ケンカが始まる合図。
この時点でジャンケン以外の方法を誘導しないと
一層こじれたケンカの仲裁をすることになるのだ。

 *
そういえば大阪に住んでる頃は
ジャンケンを「インジャン」って言ってたなー、懐かしい。

|

« 抑制しあってる?  | トップページ | 2013年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/56327466

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンケン:

« 抑制しあってる?  | トップページ | 2013年 »