« 熱気球搭乗レポート 1 | トップページ | 一心同体 »

2012.10.19

熱気球搭乗レポート 2

(前回からのつづき)

熱気球のバスケットに乗り込む。
一緒に乗った人数は、大人5人、子ども2人。
(夫、私、3歳児2人、女性の2人組、
熱気球を操作するスタッフの方)

ゴーッ!というバーナーの音は大人の私でも驚く。
(待っている間は、この音が何度も公園に響いていた)

フワーッと浮き上がる。
人や車がしだいに小さくなる。
見ていたときはさほど揺れているように見えなかったが、
少しの風でも大きな揺れを感じる。
ロープで係留されてはいるものの
足が宙に浮いていることを実感。少しゾゾッとする。
遊覧飛行はどれほどの揺れだろうか。
いや、遊覧飛行なら風に逆らわないから揺れが少ないのか?
でも、気持ちいい~。

子どもたちは、バーナーの轟音もあって
最初は少し顔が強ばっていたが、
高いねー、楽しいねー、とそれなりに楽しんでいた様子。
乗り物って、乗ってる自分を見られないのが残念だよね。

正味3分~5分。
待ち時間に比べれば、あっという間だけれど、
レア体験&早朝&行列&2時間待ちという状況が
さらに達成感を高めたこともあり、満足感大!

子どもたちに熱気球からの風景を見せるため
夫も私も息子たちを抱っこしながら乗ったので、
カメラを構えることができず
乗っている様子や上からの写真が撮れなかったのが残念。

搭乗後は、「気球に乗ったぞ」という淡い優越感に浸りながら、
航空公園の子供冒険広場で遊んだり、どんぐりを拾ったり、
虫を探したり、芝生に寝転んだり。
ふと時計を見るとまだ9時半で、
「こんなに遊んでまだ9時半。午前中が長いね~」と夫と話す。

 *

9月の体験搭乗が台風で流れてしまったので、
今回の10月の体験搭乗は予想よりも人数が多かったらしい。
11月になると寒くなるので、ぐんと人数が減るとのこと。
ちなみに今回最後尾の方は、
山形から連休をとってわざわざ来たというお話だったので、
搭乗できていればいいなと思う。
(今回は人数が多かったため、7時には行列が締め切られた)
ちなみに、今回1番に並んだ方は5時頃に来たとのこと。
夏場も混むらしく、
中には、前夜から駐車場で車中泊して待つ方もいたとか。

気球搭乗の行列の横では、
コーヒー、ビール、唐揚げ、かき氷などを移動販売する
お店と、ケバブのお店が出店していた。
早朝&長丁場ということで、お弁当などを持参している方も
多かった。

 *

帰りの電車では、夫と子どもが即寝落ち。
家の最寄り駅について子どもを起こし、ラーメン屋でランチ。
家についてひと息つくと、夫はすぐに昼寝。
私と子どもたちも少し遊んで昼寝。
起きたら17時、真っ暗。
夕飯作って食べてお風呂に入ったら、
家族みんな即就寝。
疲れたけれど充実感のある1日だった。

Kikyuu2201210134


|

« 熱気球搭乗レポート 1 | トップページ | 一心同体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/55907409

この記事へのトラックバック一覧です: 熱気球搭乗レポート 2:

« 熱気球搭乗レポート 1 | トップページ | 一心同体 »