« 夏休み。マットや跳び箱で遊ぶ。 | トップページ | できる、できない。 »

2012.08.04

夏休みの目標(私も)

夏休み前に、幼稚園からシール帳とシールが配られた。

早寝早起きをしましょう。
目標を決めましょう。
お手伝いをしましょう。
それが出来た日にはシールを貼りましょう。

というもの。

7月、8月前半、8月後半の3ページに分かれており、
子どもたちと話しをして(誘導的ではあったが)
7月の目標は「朝ご飯を食べたらすぐに着替える」に決めた。
最近は、何度言っても「よーいドン!」とあおっても、
遊びに夢中でなかなか着替えなかったのが
「着替えたらシール貼ろうね」の威力はすごい。
(その効力は日ごとに劇的に弱くなっているものの…)

さて。
私は普段、あまり明確な目標を立てないほうだが、
この夏休みは「子どもを誉める」という目標を掲げようと思う。

わざわざ「子どもを誉める」なんて、
なんだか育児ハウツー的で、
半年前の私なら「生活の中で自然に誉めるだろうし、
無理やりすることでもないよねぇ」と言ってただろう。
でも今の私には、誉めることが切実で重要な課題だと
感じているのだ。

『遊ばないで、ふざけないで、早くして、危ないよ、まってて』
かなり意識していないと、
私が息子たちに話す1日の言葉のほとんどが
注意語と禁止語で埋め尽くされているのでは!?と感じる。

こんなふうになるとは1年前頃までの私は思っていなかった。
「毎日加速して可愛くなる息子たちってばどうしましょう~♪」
と思っていたし、いわゆるイヤイヤ期と呼ばれて自己主張が
強くなる2歳のときも、「これが2歳の反抗期ね~」と
客観的に思える余裕があった。

でも今は自分でも驚くほど、呆れるほど、落ち込むほど
余裕がない。
四六時中、注意語を発しているため
険しい顔をしているほうが多い(たぶん)。
「かあさん こわいー!」「さっきのかあさん こわかったー!」
と泣かれることも、たびたび…。

子どもたちには、自分に自信を持ってもらいたいし、
私は怖い顔の女性になんてなりたくないっ!
あぁ、あんなに可愛いと思っていた息子たちなのに。
Oh!No!

というわけで、
私の傾向と息子たちの様子から考えると、
注意語と禁止語を劇的に減らすというのは現実味がない。
それならば誉めようと。
いいところに注視しよう、認めようと。
だって、案外、可愛くていい子たちなんだもの。

そして、以前読んだ毛利子来さんの言葉が、
罪滅ぼし的に私の救いになっている。
「同じことをしても怒る人、怒らない人がいる。
同じ人でも、機嫌が良ければニコニコ、悪ければ怒られる。
そういう、理屈でなく感情をぶつけられる経験を積み重ねて
子どもは人の事情や気持ち、状況を感じ取る力が育つ」

うちの母さんは、
こういうときに、こういうことをすると、ものすごく怒る。
でも、お友達の母さんは、同じことをしてもそんなに怒らない。
人ってそういうものなのよ、ということを、
体で覚えていくということ。

“誉める”ことを意識しながらも、
冷静になれないときは“これが君たちの母さんなの”と
少し開き直る。 
そんな感じでやってみようと思う。

|

« 夏休み。マットや跳び箱で遊ぶ。 | トップページ | できる、できない。 »

コメント

うちもヨメ様は常に怒ってます。
で、たまにはその役を私もと思い、
先日はこっぴどく説教をしました。
「お前は子どもなんだからオトナに合わせろ。オトナが子どもに合わせるんじゃない。子どもがオトナについてくるんだ。モタモタしてたらおいてくゾ」と。
泣きながら「はい、わかりました」とは言ってたものの、
やはり毎朝、
「早くしてぇ~、もう時間ないよぉ~」
と叫んでます。
褒める、って言ってもねぇ、
「その、トミカをきれいに並べる感じ、いいねぇ」くらいかなぁ。

投稿: Picasso | 2012.08.04 10:02

picassoさま

「オトナに合わせろ」。
そういうことを、たまに父親が言ってくれると効きそうだなぁ。

「トミカを並べる感じ、いいねぇ」
そうそう、そういうことです。そういうとこです(笑)。
怒られてるばかりじゃなく、自分にも何かしらいいところがあるんだ、母さんに好かれてるんだなというのを伝えないとヤバイかなと。
でも結局は、怒ってばかりの自分が嫌だという、
親のエゴとも言えますが~。

投稿: | 2012.08.04 15:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/55280729

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの目標(私も):

« 夏休み。マットや跳び箱で遊ぶ。 | トップページ | できる、できない。 »