« 一人が寝ると | トップページ | 夏休みの目標(私も) »

2012.08.02

夏休み。マットや跳び箱で遊ぶ。

幼稚園は夏休み。
毎日毎日この暑いのに
「外で遊びたい」「おでかけしたい」と言う。

これは要求というより命令に近い。
従わなければ、泣くし叫ぶし機嫌が悪くなるし、
家にいても、結局は何かしら
子どもが喜び発散できる遊びを提案しなければいけない。

そんな中、幼稚園のママ仲間が企画してくれて
“一緒に体育館や集会所で遊びませんか”とのお誘いが。
ありがたい! 子どもを連れて行くあてがあることが!
エアコンの効いた室内で遊べることが!

企画してくれたママ仲間のひとりは
区の体育館で子どもに体操を教えているプロ。
手遊びで子どもたちの意識をまとめてから、
親子で一緒に体操。
その後は、マットや鉄棒、跳び箱、平均台などを利用して
子どもが楽しめるコースを作ってくれて
前転、ジャンプ、よじ登る、バランスなどしながら、
子どもたちが何週も回る(サーキットというらしい)という内容。

すごい! すばらしい! たのしい! ありがたい!(涙)
マットを丸めたり重ねたりして高さを変えたり、
踏み台を使ってマットにゆるい高低を作ることで
前転しやすい形を作ったり。
無理強いはしない、でもちょっとしたアドバイスで
子どもたちが課題をクリアできるようにサポートしてくれる。

広い体育館で走り回るだけでも、子どもたちは嬉しい。
母さんたちも体を動かすのは気持ちがいい。
隅のほうでは、0歳1歳の子どもたちを遊ばせたりもできる。

ちなみに、うちの子たちは、
ミギは「かあさんといっしょに!」と、
常に私が隣にいる状態での参加。
(他の子たちの中には、
母さんは遠くから見学という子も多かった)。

ヒダリは「あそばなーい」と、
体操やサーキットには基本的に不参加。
お友達の弟くん(0歳)が大好きなので、
その0歳の子と遊んだりかまったりしながら、
たまに平均台や鉄棒に参加する、と言った感じ。

子どもたちのそんな様子や、
好きなこと苦手なこと、できることできないこと
などを知ることができたのも、得がたい収穫。

ママ仲間に感謝!
そして、自分の得意なことを、
惜しみなく、力(りき)みなく与えてくれてるママたちは
とてもかっこいいのだ。


|

« 一人が寝ると | トップページ | 夏休みの目標(私も) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/55330106

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み。マットや跳び箱で遊ぶ。:

« 一人が寝ると | トップページ | 夏休みの目標(私も) »