« 何歳になったら | トップページ | お化粧とれて… »

2012.07.02

ヒダリ 幼稚園を嫌がる。 

まさかヒダリが幼稚園をこんなに嫌がるとは。

最近は少し落ち着いてきたが、私の予想に反して、
ミギではなくヒダリが幼稚園に行きたくないと
毎日めそめそしている
(保育園では、ミギのほうが登園を嫌がっていたため)。

朝起きると“おはよう”より先に
「きょう ようちえん?」
そうだよ、と答えると
「ようちえん いかない。 かあさんと いえで まってる」

夜寝るときには
「あした ようちえん?」
そうだよ、と答えると
「ようちえん いきたくない。
とうさんと かあさんが だいすきなんだもん」

そして、毎日何度も
「MちゃんKちゃんのおうちに あそびにいきたい」と
従姉妹ののお姉ちゃんに会いたいと言うようになった。
「あかちゃんになって ほいくえんに いきたい」とも。

保育園では、年下の赤ちゃんが大好きだったヒダリ。
そして、お兄ちゃんお姉ちゃんと遊ぶのが好きなヒダリ。
かまったり、かわまれたりが好きだから、
同い年の子との付き合い方が、
うまくできないのかなと勝手に想像しているのだけれど。

幼稚園を嫌がるようになった頃から、
一人で行くことができた家のトイレに、
絶対一人では行かなくなった。
「かあさんと いく~! こわい! さびしいの!」。

たくさん泣きたいから、幼稚園の話をしてとせがむことも。
「ようちえんにいったら なけないから、
なくおはなし 、ぜーんぶ(たくさん)して」。

そして、泣き方が少し芝居がかってるというか
大げさになってきた。
「えーん、えん、えん、えん。えーん、えん、えん、えん」
嘘泣きではないのだけれど、
泣いていることに酔っているような。
ボクはつらいんだ泣きたいんだよーとアピールしているような。

一度、登園後に「かあさ~ん!かあさ~ん!」と大泣きして、
泣きつかれて寝てしまい、午後になっても起きないので
先生から電話をいただいて迎えに行ったことがあった。

それからは、毎日登園して私と別れると、
事務室に一人で行って、
「かあさんに おでんわして」というのが日課らしい。
(その場ですぐ電話するということではなく、
どうしてもダメだったら母さんにお電話しようね、
という約束というか確認)。

そういえば、大泣きして眠ってしまった次の日、
顔に発疹が出ていたので小児科に行ったら
「大泣きしましたか?」と先生。
子どもにはよくあることらしいが、大泣きして力むと
毛細血管から軽く出血して発疹ができるとのこと。

別の日には、大泣きして吐いたこともあったっけ。
これも子どもには多いことではあるけれど。

切ないねー。
そう思う反面、毎回トイレに付き合わされたり、
うじうじうじうじ泣かれてまとわりつかれると、
シャキッとせい! もう一人でできるでしょ!と
冷たい態度をとってしまうこともある。
一度できたことを、子どもができなくなると、
かなりイライラするものなのだなぁ。

子どもには子供の社会があって、
子どもの変化に気づいたとしても、
そこでどんな気持ちで過ごしているのか私は分からなくて。

優しくする、毅然とする、淡々とするなど、
見守り方にもその子のキャラクターにあわせた
その場その場の対応があって、

幼稚園を嫌がるなんて「よくあることよ」と言われても、
親としては気になってしまうものでして。

息子たちはまだ3歳。
どんなことが待っているやら。
おっと、私もまだ母さん3年目だった。
おろおろしながら、でもしっかりつきあっていきたいと思う。

|

« 何歳になったら | トップページ | お化粧とれて… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/54834082

この記事へのトラックバック一覧です: ヒダリ 幼稚園を嫌がる。 :

« 何歳になったら | トップページ | お化粧とれて… »