« 春休み | トップページ | カミナリ »

2012.04.16

結局は抱っこに尽きる?

春休みに子どもたちと過ごして、一番ヒヤッとしたのは
出かけた先で遊び疲れてしまい
帰りの電車で二人とも眠ってしまったこと。

約14kg×2、しかも眠ってだらーんとなっている状態を
電車の椅子の低いポジションから両脇に抱っこするのは
かなり難しい。
一人が抱っこ紐などで固定されていたり、
私の腰くらいの位置に二人が立っている状態なら
可能なのだが。
起こしても起きないため
「乗り過ごしてどっかの駅でUターンするか・・・」
と考えていたら、ギリギリでミギが起きてくれたので
ヒダリを抱っこし、ミギと手をつないで電車を降り、
ホームのベンチに二人を座らせた。

まだ眠いミギは大泣き。
ヒダリも目を覚ましたが、眠いので大泣き。
私は笑えてきてしまったのだが、
周りの人の心配そう&冷たい視線も気になり、
二人を抱っこはできないので、自分で歩いてもらうために
「今日は二人ともがんばったからアイス食べにいこっか。
食べたら、おうちまで元気に帰れるかな?」と
食べ物で、しかもアイスで釣ってしまった。はあ。

さらにこのあと、アイスを食べに行ったら、
ヒダリが私の飲んでいたコーヒーをこぼしてしまい、
ミギの足にかかり大騒ぎ。
まだ少し熱かったからミギの足を冷やしたり、
着替えさせたり、抱っこしたり。
怒られたヒダリも、こぼしたショックと怒られたショックで
抱っこしてほしいのに、それを我慢させたり。
そしてここでも、心配そう&冷たい視線。

結局、私一人でミギとヒダリと過ごす大変さは、
『二人を同時に抱っこできない』ってことに尽きるのかも?


|

« 春休み | トップページ | カミナリ »

コメント

そうか、抱っこ問題ですか。
兄弟だとどうしても上の子を我慢させるんだけど、
うちも0歳2歳ぐらいのときは、2歳を我慢もさせられず、結局どこにもいけない日々だったなー。
アイスでつるのは、有りだと思いますよ!もう少し大きくなったら、飴もおすすめっす。
手っ取り早く疲れをとるのと、口の中に入れていて、眠気覚ましとか神経を落ち着かせるのに、意外と有効です。

投稿: のざる | 2012.04.16 08:59

のざるさま

3歳でも我慢させられないのに、2歳じゃ無理だー。
ってか、二人とも眠ってしまったらお手上げでした。
のざるさん、自転車の前後で寝てしまって、動くに動けないってことありましたよね(写真を見たことがあるような)。
ってそんなこと、しょっちゅうか。

幼稚園では、1日1個肝油ドロップを食べさせてもらうのですが、
「きょうも あめちゃん もらった!」と大喜びの二人です。
他の子はみんな食べ終わってる中、
「はに つまっちゃうから なめてるの」と言って、
お迎えにいくと、いつも嬉しそうに、口の中のドロップを見せてくれる
ヒダリです。
そろそろ、飴ちゃん(大阪のおばちゃん言葉)デビューかな。

投稿: hatahata | 2012.04.19 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/54456488

この記事へのトラックバック一覧です: 結局は抱っこに尽きる?:

« 春休み | トップページ | カミナリ »