« きのう きょう あした | トップページ | 初、上野動物園 »

2011.11.30

お絵かきのひとコマ

ミギもヒダリも(特にヒダリ)、
描く絵がなんとな~く、それらしい形になってきた。
でもまだ何を描いたのか聞かないと分からないことが多い。

「これは何かな~」
「ねこちゃんだよ」とヒダリ。
「ほんとだ、これがお目目だね。
ヒダリくんお絵かき上手だね~」

ヒダリは、ミギにも絵を見せる。
「ほら、ねこちゃんだよ」

「ほんとだ~、ねこちゃんだ~、
ヒダリくんじょうず~」

ハッキリ言って、
かなりがんばって見ないと猫には見えない。
がんばって見ても、何を描いたか分からないこともある。
でも、ミギもヒダリも必ず「ほんとだー」と言う。
相手の絵を否定しない。

近くに私がいなくて二人で絵を描いているときでも
相手の絵を否定しない。
同い年同士の双子ならではか?
まるで、否定することを知らないかのよう。

でもそのうち、違うよとか、分からないとか、
そうは見えないとか言い出すのだろう。
今だけの風景。

|

« きのう きょう あした | トップページ | 初、上野動物園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/53335280

この記事へのトラックバック一覧です: お絵かきのひとコマ:

« きのう きょう あした | トップページ | 初、上野動物園 »