« 温度差 | トップページ | 嬉し泣き »

2011.08.23

双子が別々に過ごす時間

ミギが病気で保育園を休んでいたため、
日中はこの4日ほど
ミギは私と2人で過ごし、
ヒダリは、ミギのいない保育園で友達と過ごした。

ミギは私に甘えられて嬉しい日々。
毎朝「ミギくんね ぶつぶつできてるから おやすみなの」と
病気であることを私にも、保育園の先生にも主張する。
たまにはかあさんを独り占めしたいもんね。

ヒダリは、保育園の先生の話によると、
お友達と元気に(元気すぎるくらいに)遊んでいるとのこと。
保育園でも一緒に遊ぶことが多いミギとヒダリ。
だからこんなふうに一人で登園するのも大切だなと思う。

私は。
私も、ミギと2人で過ごすのが楽しかった。
いつもは2人の動きに注意しているけれど、
ミギのことだけ見ていればいいし、
子ども一人だと電車やバスにも気軽に乗れるし、
時間がゆったりと感じられた。
たまたまミギが手足口病になったのはお盆の時期だったから、
“これが私の夏休みかしら”と思った。

保育園がお盆休みも関係なく子どもを預かってくれる場所で
本当によかった。
ヒダリに手足口病がうつらなかくてよかった。
ミギの病状が軽くてよかった。

そのいろいろなおかげで、
いつも一緒にいる子どもたちが別々に過ごす時間を
それなりにみんなが楽しむことができた。
ありがたい。

そういえば去年の今頃は、
ヒダリが病気で連日保育園を休んでいたのだった。
そのときも、あぁ子どもがひとりだとゆとりがあるなと
感じたことを覚えている。
そして去年の夏は、
ヒダリがかあさん独り占めだったんだよ。

|

« 温度差 | トップページ | 嬉し泣き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/52512821

この記事へのトラックバック一覧です: 双子が別々に過ごす時間:

« 温度差 | トップページ | 嬉し泣き »