« オムライス | トップページ | 電車の中で »

2011.08.06

傘(子ども用)

都立家政の阿波踊りに家族4人で。

雲ゆきがあやしいので
子どもたちにレインコートを着せる。

“雨が止んでたら傘は持っていかないよ”と何度言っても、
「かさ さして いこーねー」
「はっぱ ぬれてるから! あめ ふってるの!」
と言ってゆずらないヒダリ。
子どもたちの傘は親の荷物になるからイヤなんだけどなぁ。

玄関をあけると・・・雨が降っていた。
“傘はささなくてもいっか、折り畳みを持っていけば”
程度の小雨。

仕方がないので、2人に子ども用の傘を持たせる。
私が傘をささずに歩こうとするると
「かあさんも かさ さして! はーやーくー」というヒダリ。
「もう少し雨が強くなったらね」
「だーめー」
「傘さしちゃうと、ヒダリくんと手をつなげないからさ」と
ずるい言い訳けをすると、納得した様子。

実は、以前から“子どもたちが喜ぶだろう”と
子ども用の傘を買ってあったのだけれど、
一度出したら最後、何かにつけ
「かさ さして いこうねー」と言われそうだったので、
隠してあったのだ。
でも、この日の午前中、小雨が降る中散歩に行こうとすると
私と夫が持ってる傘(大人用)を
「ヒダリくんが もつ!」
「ミギくんも もつ!」と言ってきかないので、
「じゃあ、みんなの傘を持ってくるよ」と言ってしまったのだ。

傘を持ちながらのお祭りまでの道中は、
本当に鼻歌が出るほど、2人ともご機嫌。
でも、子ども用の軽い傘とは言えずっとさすのは難しいらしく、
傘が雨をよけてくれたのはほんの数分。
ほとんどの時間、傘は横向きだった。

お祭り会場では人が多くて危ないので、
傘をたたんで私と夫が傘持ちに。
それも、
「ヒダリくんが傘を持ってると、もし誰かにぶつかって
“ヒダリくん 痛いよ!”って言われると困るから、
母さんが持つね」と説得してのこと。

“誰かにぶつかったら困る” だとイマイチ納得しないけれど、
“ヒダリくん痛いよと言われるかも” と言うと納得するのね。

|

« オムライス | トップページ | 電車の中で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/52372095

この記事へのトラックバック一覧です: 傘(子ども用):

« オムライス | トップページ | 電車の中で »