« 短冊 | トップページ | いってらっしゃい »

2011.07.04

チョキ

小さいな子どもは
手の指を1本立てるのは簡単。
3本立てるのも、比較的簡単。

でも、2本立てるのは、つまりチョキ、つまりピースの形は、
2歳児にとって、ちょっとした目標だった。
(中指が曲がってしまうのだ)

先にミギができるようになった。
「2、2、2、できるよ!」

2ができると、手でカタツムリを作ることができる。
片手をチョキで、片手をグーにして。
ミギはよくカタツムリを作って見せてくれる。
そして「チョンってして~」という。

 *

雨が降った日の保育園のお迎えのときに、
園庭でカタツムリを見つけたので、
カタツムリの触覚を、チョンッと触ってみせた。
「あれっ、なくなっちゃったね。
ちょっと待っててね、出てくるかなぁ、出てくるかなぁ。
あっ、出てきた~」と私。

 *

ミギが手で作ったカタツムリの触覚をチョンッと触ると、
「くにん」と言って、チョキの指をひっこめる。
「出てくるかなぁ、出てくるかなぁ」と待っていると
またチョキにして、私が触るのを待つ。
これを何度が繰り返して遊ぶ。

「2」が、まだできないヒダリのカタツムリは、
片手がパーで片手がグーの、ちょっとグロテスクな(笑)
カタツムリだった。

先日、「ヒダリくん 2 できた~!」
きれいな2、チョキ、ピースができていて、とっても嬉しそう。

「ヒダリくんのカタツムリ見せて~」と私が言うと、
いつも作っている五本指カタツムリを作ろうとするので、
「こっちをチョキにして」と教えると、
「できた~!」。

これで、カニさんもできるね。

|

« 短冊 | トップページ | いってらっしゃい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/52117996

この記事へのトラックバック一覧です: チョキ:

« 短冊 | トップページ | いってらっしゃい »