« なにたべるの? | トップページ | 始まった!? »

2011.06.01

かあさん だいすき

夫が子供たちをお風呂に入れる。
出る間際になると風呂場から
「せーの、かーさーん」と子供たちが私を呼ぶ。

洗面所が狭いため、
私と夫がそれぞれ一人ずつ子供たちをバスタオルで拭き、
タオルでくるんで居間まで抱っこして連れて行ってから、
オムツとパジャマを着せるのがうちのやり方。

このお風呂上りのとき、
ミギもヒダリも“母さんに拭いて抱っこしてもらいたい”ので
軽くもめる。
「かあさんが いいの!」
「ひなくん かあさん。 そらくん とうさん!」

じゃあ今日は、オモチャをたくさん片付けてくれたミギくん!
じゃあ今日は、髪の毛を嫌がらずに洗えたヒダリくん!
じゃあ今日は、最後にちゃんと湯船につかってたヒダリくん!

子供たちが納得できるような理由をつけて
今日はどっちが母さんと行くかを決めているため
それほど激しくは抵抗しないけれど、それでも
「ひなくんが かあさん!」「そらくんが かあさん!」と
言い合う。

家族四人で散歩をすると、
ミギもヒダリも私と手をつなぎたがる。
(私は両手に子供、父さんポツン)。

「父さんと手をつなぐ人~」と聞くと、
二人とも「とうさん やだ~」という。
さらにヒダリは
「ミギくん とうさん いいでしょ!」と言って
私を独り占めしようとさえする。
(でも、縁石や草むらや虫などに寄り道している間に
いつの間にかどちらかが、父さんと一緒に歩くのだけれど)。

毎回ではないけれど、
父さんがオムツを替えようとしたら
「やだ! かあさん!」と言ってみたり。

こんなふうに書くと
まるで子どもたちがとうさんを嫌っているみたいだけれど
そうじゃない。

毎朝「とうさんは?」と聞くし
(平日は子供たちが起きる前に出勤しているため)、
父さんが仕事から帰ってくると
「あっ父さんだ~!」と喜ぶし、
私が家を留守にしても、
父さんが作ったご飯をパクパクと食べ、父さんと楽しく過ごす。
父さんのことも大好きだ。

発達心理学の授業で、
母親から引き離された赤ん坊猿に
 ・針金でできたミルクが出る母親人形
 ・柔らかい布でできたミルクなしの母親人形
のふたつを置いたら、
お腹が減れば針金人形のところに行くけれど、
それ以外はずっと布人形のところにいた。
という実験の話しを聞いた。

子供たちの母親好きは、
こういう要素も大きいのかしらねぇ。


|

« なにたべるの? | トップページ | 始まった!? »

コメント

ウチは割と「とーと」人気ありますよん。
「かーか」はやはり一緒の時間が長く、よくおこられるようなので、その時は「とーとがいい」とごねるようです。
「もっとやさしくおこってぇ~」と訴えたこともあるようです。
でも「とーと」がちょっとホンキでおこるのにはビビるようです。
オムツとお風呂はなぜか「とーと」が人気があります。

投稿: Picasso | 2011.06.01 13:06

■picassooさま

うちも私のほうが叱ることがほとんどなので、
それなのに何故こんなに好いてくれるのか?と不思議。
picassoさんのところのように
「とーと」人気の高いお宅の話しを聞くと、
理由が分からないだけに夫が少しかわいそうです。

うちも私が強く叱ると、
たまにヒダリが泣きながら
「とうさん いっちゃった~」と言います。
母さんに叱られた→父さんに甘えたい
→でも父さんは会社に行っていていない
→「とうさん いっちゃった~(泣)」のようです。

投稿: はたはた | 2011.06.01 13:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/51739612

この記事へのトラックバック一覧です: かあさん だいすき:

« なにたべるの? | トップページ | 始まった!? »