« 冬の非日常 パート2 登園 | トップページ | 冬の非日常 パート3 お迎え »

2011.02.19

だいじょうぶ?

私がヒダリを叱る。

すると、その後ミギが

「かあさん だいじょうぶ?」と私に聞くのだ。

ほぼ毎度。

なんとも言えない気持ちになるのよねぇ。

|

« 冬の非日常 パート2 登園 | トップページ | 冬の非日常 パート3 お迎え »

コメント

うちは寛二が何度座らせなおしても椅子から脱出するのを、
「また落ちるよ! いい加減座んなさい!」
などと声を荒げて押さえつけて、“ビエーン”と泣かせてしまうと、康太が気まずいような表情を浮かべ、そわそわと落ち着かなくなります。わたしも一瞬なんともいえない気持ちになります。

弟を慰めたいけどどうしていいかわからない、の図にも見えるし、脱走王の異名をとる己が姿を弟に見て、“げげっ”としている図にも見えるし、謎。

子供って子供なりに気を遣ってたりするよねー。こっちはおかしかったりヒヤッとしたり。

投稿: | 2011.02.20 00:23

■パローレさま
「叱ってる空気の気まずさ」への敏感度には感心するわー。

叱った後は必ず「抱っこして」って言うし、

ご飯を全然食べないときに
「スープだけでも飲んで」とか
「人参一枚でいいから食べて」とかやってると、
スプーンを振り回しておどけてみたり、
「かあさん ミッフィー(歌って)」と言って来たりする。
(これで、気分を逆なでされることも多い。)

でもこの「子供の気遣い」に救われてること多いのよねぇ。

投稿: はたはた | 2011.02.20 00:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/50917155

この記事へのトラックバック一覧です: だいじょうぶ?:

« 冬の非日常 パート2 登園 | トップページ | 冬の非日常 パート3 お迎え »