« 叱ったあとには | トップページ | 冬の非日常 パート2 登園 »

2011.02.15

冬の非日常 パート1

子供たちと一緒に
昨晩のカレーの残りで作った
カレーうどんと人参とリンゴのサラダを食べ終え
後片付けをしていると、
粗い紙ふぶきみたいな雪が降っていることに気がついた。
一片が大きい。
すでにもう積もり始めている。

「ミギくん、ヒダりくん、すごい雪だよ!」と
窓際に二人を呼ぶが
録画したアンパンマンに夢中の二人は
振り返ってはくれるものの、こっちには来てくれない。
週末に少し雪が降ったこともあって、
“雪は知ってるし~”って感じ。

つまんない。

身勝手な母はアンパンマンを一時停止させると
「ミギくん、ヒダリくん来て~」と再び窓際に呼ぶ。
まずヒダリが、そしてミギが
テテテテテッと走ってきてくれた。

二人を抱っこして、
私の腰ほどの高さの窓に上がらせる。
ここからだと道や近くの工事現場や川が見下ろせる。

「スゴイネ」
「アソコニモ ユキガツイテルヨ」
「ユキヤコンコン アラレヤコンコン フッテモフッテモ
ジュンジュン チュモル ダネ」

そうそう、こういう反応を待ってたのよ!

二人が窓から落ちないように支えながら、
3人で雪景色を楽しむ。

「あっ、足跡だよ」
目の前の通りは、人通りが少ない通りなので、
人が通ると、くっきりと足跡が分かる。

「アシオト」「アシ」「アシト」♪
足跡が残るのが楽しそうな二人。

5分ほど見ていただろうか。
「窓際は寒いから、雪はもうおしまい」
「ユキ マダ」「マダ ミル~」

もう少し見る。

部屋の中でも窓際は寒いし、
ガラスの窓が思いのほか冷たい。

「雪おしま~い。アンパンマン見よう」
「ミヨウ~!」

明日の朝は
出かける前に家の前を雪かきしたほうがいいかもな。
面倒というより、
非日常がちょっと楽しい。


|

« 叱ったあとには | トップページ | 冬の非日常 パート2 登園 »

コメント

今度の日曜日、
BABAPicassoにて「ちびっこ会」やります。
お時間あえばぜひどうぞ。

投稿: Picasso | 2011.02.15 12:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/50877049

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の非日常 パート1:

« 叱ったあとには | トップページ | 冬の非日常 パート2 登園 »