« アリガトウ | トップページ | ユキヤコンコン »

2011.02.11

長靴とトイレ

トイレのドアを開けたら、
子供たちの長靴が2足並んでいた。

あるはずのないものがそこにあったので
一瞬、頭の中が?!となった。

でも、
そっか、さっきヒダリが長靴持ってたっけ・・・。

うちのトイレは玄関のすぐそばにある。
でも子供たちはまだ、トイレのドアノブに手が届かない。

しかし、うちのトイレのドアには
猫用の小さな扉がついていて、
猫が頭で押せば開くようになっている。

ヒダリは、その小さな扉から
ミギとヒダリの2足の長靴をトレイの中に入れたのだ。
それだけのことだった。

でも、この「長靴と猫扉」にはミギが関係している。

保育園から帰るとたまに、
ミギは靴箱の横に置いてある長靴
(靴箱があふれていて入らないため)を履いて
遊ぶことがある。
そのときなぜか必ず、
長靴のつま先をトンッとトイレの猫扉に当ててから
靴を履き始めるのだ。

猫扉は下開きになっていて、
下部分は磁石で軽く固定されている。
だから、扉をトンッとたたくと
磁石の軽い抵抗とともに、
扉がブランブランと開く。
その感覚が面白いのかもしれない。

トンッと当てて右足を履き、
トンッと当てて左足も履き、
♪アメアメーフルフルー♪と雨の歌を歌いながら
玄関を歩くミギ。
たたきじゃなくて靴を脱いで上がるところで。

ヒダリは、そんなミギの様子を見ていても
お構いなしだったのだが、
今日は少し気になったのか、
長靴を持って玄関をウロウロしていた。

でも、トンッを通り越しちゃったんだね。
 
 *
(2歳3ヶ月)

|

« アリガトウ | トップページ | ユキヤコンコン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/50832687

この記事へのトラックバック一覧です: 長靴とトイレ:

« アリガトウ | トップページ | ユキヤコンコン »