« オチチバイバイ Part6           ~最終章~ | トップページ | サンタさん »

2010.12.25

怪獣ヤダノ

言葉数が増えたと思ったら、
即、イヤイヤ期突入。

今までの傾向どおり、
ミギのほうが我が強くて、ガンッとしていて、
なんでも大人と同じことをしたがる。
口癖は
「ヤダノ」
「ミギクンモヤリタイ」

ヒダリは、イヤだと言葉には出さないが、
オモチャを投げたり振り回したりするのを注意しても、
ヘラヘラしながら、延々やり続ける。

そんな怪獣ヤダノがいる我が家の朝の風景
(この年頃の子がいるうちは、みんなこんな感じです)。

寝ている私の耳元でミギが、
「カアサマ カアサマ アッチイクノ!」と私を起こし、
「ギュッ ギュッ オニギリ!」を連呼する。
目が開かない状態でミギに塩むすびを作っていると
ヒダリが起きてきて、
「カアサマ~ カアサマ~ カタイ~」
(スリーパーのジッパーがうまく外せなくて脱げない)
と訴えてくる。

ヒダリは「パン パン バナナ!」と朝食を催促。
ヒダリにパンをあげるとミギも欲しがるので、
二人に同じものを出す。すると、
たいていミギは何かしらを少し残す。
そして残したものを、ヒダリが食べたり、食べなかったり。

朝食を終え、オムツを変えようとすると、
何がいやなのか「ヤダノ! ヤダノ!」を連発して
服を脱がせてくれないミギ。
テレビをつけてお気に入りの番組に気を取られると、
何事もなかったかのように、されるがままになる。

靴下を履かせると、
「ミギクンモ ヤリタイノ」と
おもむろに靴下を脱ぎ始め、自分で履き直すミギ。

掃除機をかけると、またもや
「ミギクンモ ヤリタイノ!」といってきかない。
その横でヒダリが「ヒダリクンモ!」と叫ぶので、
10秒ずつだよ!と言って、何往復かやらせる。
最後に掃除機をとりあげるのが一苦労。

登園直前になると、
まだテレビを見続けたい。
保育園には行きたくないとだだをこねる。
「モッカイミル モッカイミル! センセイヤダノ!」
ミギは、やっと着させた上着を脱いでしまう。
靴下も脱いでしまう。
人に注意するのが好きなヒダリは、
「ミギクン ダメ!」とミギにかまいたがり、
よけいにミギが反抗するというスパイラル・・・。

玄関に行くと、
ミギは、雨でもないのに長靴を履きたがる。
自分で履いて少し歩けば満足するので、
「上手に履けたね~、お片づけも上手にできるよね~」と
機嫌を損ねないように対応する。
その横でヒダリは、傘や空気入れを消火器に見立てて
シューシューと遊びはじめる
(保育園の避難訓練で消火器の実演を見たため)。
それらを、ある程度やらせてから、
二人をベビーカーに乗せるのがこれまた一苦労。
 
 *

「ギュッギュッ、オニギリ!」と言うミギに
「食べすぎだからダメ」というと、
「オニギリ! パンパン! テレビテレビ! 
アンパンマンアンパンマン!!!」と、
オニギリが食べたかったはずが、
最終的にはアンパンマンを見たい!に要求が変わり、
「何でもいいんかい!」とツッコミを入れたくなることが
何度があって笑った。

つまんない、おなかがすいた、さみしい、ねむいなどの
「何か足りない感」がごちゃまぜなのかも。

あれっ?でも大人も変わんないか。
お腹がすいているわけじゃないのに、
コーヒー飲んでお菓子食べたりするもんな。


|

« オチチバイバイ Part6           ~最終章~ | トップページ | サンタさん »

コメント

「いやいや」可愛いなあー。
まだ足元がおぼつかないのに、
いっちょまえに口とんがらして
「やだー」とか言ったり。
でも「むかっ」とするときもしばしばでした(とおーい目)。
ママもパパもほんとうにお疲れ様です…。

投稿: noza | 2010.12.26 10:14

■nozaさま

先日はどうも~。
いつものことながら、ほとんどしゃべらず終わっちゃったね(笑)。
イヤイヤが始まってから、
子供にキツク言うことが増えました。
まだ2歳児なのにねぇ~。
子供にとって私は
怪獣「ダメダメン」ってところでしょうか。

投稿: はたはた | 2010.12.26 10:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/50333398

この記事へのトラックバック一覧です: 怪獣ヤダノ:

« オチチバイバイ Part6           ~最終章~ | トップページ | サンタさん »