« 原始人音頭、見たかったのにな。 | トップページ | 語尾 »

2010.08.30

喫茶105号室へ

8月の初旬、
女友達と、子育て仲間のライターさん一家
(ご主人と赤ちゃん)と
阿佐ヶ谷の寅印菓子屋の予約制自宅カフェ105へ。
オトノハの日記や
ツイッターで気になっていたお店なので嬉しい♪

喫茶105は、入った瞬間、落ち着く~というお部屋。
大きな窓から入る柔らかい陽の光、
白い壁と渋い色の板の間。

ソファー席、ちゃぶ台席、テーブル席があり、
私たちはちゃぶ台席へ。
ライターさんの赤ん坊は、
ちゃぶ台の上のモノたちに伸びる手を
パパに制御されたりしながらも、板の間をハイハイ。
ちなみにライターさんのお子さんはまだ1歳前。
ついこの間のことなのに、
「うちの子も、こんなに小さかったんだよなぁ。
赤ちゃん可愛いなぁ」と思う。

席に着くと、ご主人が喫茶室厳選の
コーヒーやお茶の説明をしてくださる。
私は季節の「桃のショートケーキ」を食べたかったので
それに合う少し濃い目の華やかな香りのコーヒーを選ぶ。
コーヒーはおかわり用のサーバー付きで、
おしゃべりしたり、読書をしたりしながら、
ゆっくりとお茶とスイーツが楽しめる心配りが嬉しい。

ケーキ以外に、人気商品ザッハクッキーもいただく。
これもオトノハ日記で読んで、
ぜひ食べたい!と思っていたのだ。
だって、いろいろスイーツがある中で
クッキーにスポットライトが当たるなんて、気になる~!

甘みを抑えた大きめココアクッキーは、
しっとりとしたショートブレッド風で
フランボワーズジャムがサンドされている。
なるほど~。
パクッと食べてしまう“手軽なクッキー”というより
ゆっくり味わいたくなる“スイーツな焼き菓子”。
だから、この大きさなのかもなぁ。
Zahha201008

余談ですが・・・。
“ザッハクッキー”という名前だけを覚えていて
どんな商品か知らずに頼んだため、
初めは、2枚のクッキーがお皿に乗っていると思っていた。
だから、1枚は友達にあげようと考えていたのだけれど
持ってみたら2枚のクッキーに
ジャムがサンドされていたので、
その2枚を一瞬でも、はがそうとしたことが恥ずかしくて
慌てて全部をひとりで食べてしまった。
あとで考えたら、半分に割ればよかったのに。

桃のショートケーキは、
スポンジはしっとり、クリームはやさしくて
桃のまろやかな甘みを感じる爽やかなケーキだった。
Momokeki201008

帰りに、いろいろとお土産を買う。
といっても、夫が食べられる甘いものは限られるので
ほとんど私用なのだけれど(笑)。
だって、パウンドケーキ大好きだし!

105omiya201008

・いちじくのパウンドケーキ
・大人ゼリー(サングリアのゼリー!)
・子供ゼリー(グレープフルーツ)
・マシュマロ(パッション)

パウンドケーキはお酒に漬けた(たぶん)いちじくたっぷり
&クルミ入りで、とても大好きな味。
サングリアのゼリーは目からウロコ。これは美味しい!
子供ゼリーは子供たちのおやつに。
子供ゼリーといっても甘みが強いわけではなく、
グレープフルーツの味。
あっという間に双子のお腹におさまった。
マシュマロは、こんなの初めて!
“ふわふわの香り”を食べてるみたい。
食パンに乗せてトースターで焼くと、
熱々のパッションのジャムみたいになって、
美味しかった~。
Masyumaro201008

それと、
寅印菓子屋さんは猫好きということもあり、
こんな可愛くて楽しいマップもいただいた。
自分が好きなお店が載っていると嬉しかったりして。

イラストマップって温かみと愛敬がある感じが好きだぁ。
今は、パソコンで簡単に地図を検索できるし、
パソコンで簡単に地図を作ることもできるから、
絵はもちろん、線や文字も手書きのマップって
すごくクリエイティブだよなと思う。

105map1201008 105map2_201008

あぁ、こんなに長くなってしまった・・・。
読んでくださった方、ありがとうございます。

この日は、ランチにオトノハに行ってから
105でスイーツを食べるという贅沢な1日だった。
オトノハレポは、まだ後日。

|

« 原始人音頭、見たかったのにな。 | トップページ | 語尾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/49284443

この記事へのトラックバック一覧です: 喫茶105号室へ:

« 原始人音頭、見たかったのにな。 | トップページ | 語尾 »