« 双子に見えないかも。 | トップページ | 初めてのプール »

2010.07.09

ごっご遊びとスイッチ。

絵本に描いてあるお菓子に口をつけて
むしゃむしゃと食べる真似をして「おいしい」と言ったり。

絵本に描いてあるケーキを両手ですくって
私に食べさせてくれたり。

絵本の中で泣いているネコの真似をして、
両目に手を当てて、エーンエーンと泣き真似をしたり、

おもむろにバイバイと手を振ると、
部屋の隅のほうに歩いていったり。

ごっご遊び的なことが上手になってきた2人
(でも、私の真似をしてクイックルワイパーで
床を拭きたがる“掃除ごっこ”は、
1歳児にはあまりに柄が長いので危なっかしくて困る)。

それと、最近の流行りは、
あらゆる電気のスイッチを触りたがること。
(今までは触らせていなかったのだけれど、
だんだんそれも難しくなってきて・・・)。

CDデッキを開ける。
DVDプレーヤーを開ける。無理やり押して閉める。
「(開くと必ず「開いた!開いた!」と大げさに騒ぐ)

部屋、階段、洗面所、トイレ、あらゆる電気のスイッチを
つけたがる。何度も何度も。

お風呂に入ると、給湯器のスイッチをいろいろ触るので
「ピロロン♪」「温度が設定できます」「足し湯ができます」
「優先スイッチを押してください」などの案内フレーズが
次から次へとお風呂に流れる。
お湯の設定温度が60度になっていることもあって焦る。
さらに、キッチンとお風呂で会話ができるボタンを押しては、
「ハイ? ハイ? 」と誰もいないキッチンに向かって、
イクラちゃんのように話しかけている。

このどれもが、とても可愛くもあり、
時には、とても面倒に感じるのだ。

|

« 双子に見えないかも。 | トップページ | 初めてのプール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/48818688

この記事へのトラックバック一覧です: ごっご遊びとスイッチ。:

« 双子に見えないかも。 | トップページ | 初めてのプール »