« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010.07.27

もも

皮をむく前の桃を見せて
「桃だよ~」と言いながら切り分け
子供たちと一緒に食べた。

子供たちは、とても美味しかったらしく、
そして「もも」という言葉も面白かったのか、
その日から、
「ご飯だよ~」と言うと、
ミギが「もも、もも?」と言うようになった。
お腹がすいても
「まんま? もも?」と言う。
買い物に行っても「もも?」と言う。

ミギが発音する「も」は英語の「M」に近く、
大げさに書くと「んもんも」って感じで可愛い。

ヒダリはお皿を指差して
「ん、ん。 ん、ん。」とうなずきながら
もっとちょうだいとボディーランゲージをする。

果汁が多いので、
ミギとヒダリの手と口とテーブルは、ベトベト。
ポケット状になっているエプロン
(こぼした食べ物が受け止められるように)には
果汁がたまり、
気をつけていないと
服や床にバシャッと果汁をぶちまけられる。

でも、旬の野菜や果物を子供が食べてくれると
嬉しいんだよなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.07.25

取り合い

「もう、どうして」?と思うほど、
子供たちは人の遊んでいるオモチャを欲しがる。

その欲求はミギのほうが強い。
ヒダリがオモチャや絵本で遊んでいると、
ミギは必ずといっていいほどそれを欲しがり、
奪い取ってしまう。

ヒダリは取られ慣れているからなのか、
ミギに取られそうになると、「助けて」と言う目で私を見て、
わりとあっさりとミギに渡してしまい
「ふぇ~ん」という感じで泣く。
親としては“もっとがんばればいいのに”とちょっと歯がゆい。

最近は「貸して」というジェスチャーができるようになった。
でも、ヒダリはミギの“貸して”に対して
“イヤ”と拒否するのが楽しいらしく、
ニコニコしながらオモチャを持ってヒダリから逃げ回り、
結局、最後にはミギが力づくでヒダリのオモチャをとって
ヒダリが泣く、というパターンが多い。

一方、ミギは、
オモチャを取られたくない一方で、
ヒダリの“貸して”に対して、
「僕は“はい、どうぞ”ができるよ! 母さん褒めて褒めて!」
という気持ちも強いので、
機嫌がいいときは、ヒダリにオモチャを譲ることもある。
そのあと取り返すことも多いが・・・。

オモチャを取られ慣れているヒダリは、
「ふぇ~ん」と泣いた後、ケロッとした顔で
別のオモチャで遊び始めたりする。

オモチャを取られ慣れていないミギは、
ヒダリにオモチャを取られると「ギャーッ」と泣き、
取り返そうとする。

どっちが強いんだか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.20

病気とご褒美?

「子供の病気の宝石箱や~」と開き直りたくなるくらい、
次から次へと病気になったミギとヒダリ。

はじまりは普通の風邪。
それから、胃腸炎(たぶんロタ)、結膜炎、突発性発疹、
熱性けいれん、ヘルパンギーナと、次々に。

以前、小児科の先生に
「初めの1年は、保育園に、ほぼ行けないと思っててね」
と言われ、「そんな大袈裟な~」と思っていたけれど、
あれは誇張じゃなかったのか!

4月に入園してから今日まで約4ヶ月。
振り返ってみると、
4月の初旬頃からゴールデンウィーク頃までと、
6月の半ばから7月の連休まで、
ほぼ2ヶ月間は、保育園を休んでいたことになる。

ということで、ここ1ヶ月は子供たちと一緒にいる時間が
多かったのだけれど、
3日ほど前から急に語彙が増えてきて、
歌うようにもなってきた双子たち。

つたなくて可愛い、やわやわツルツルの若芽のような
言葉や歌に出会えたのは、
子供の病気につきあったご褒美かなと思ったりして。
保育園に行っていても体験できることではあるけれど。

それにしても、子供は強い。
こんなに次から次へと病気になっているのに
毎日元気に遊ぶ。もっともっと遊びたいという。
もしこれが大人だったら
病気そのものはもちろんのこと、
「病気が続くこと」のダメージが大きい気がするなぁ。

梅雨明けと同時に元気になったミギとヒダリ。
夏を元気に過ごしておくれ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.12

初めてのプール

保育園で、生まれて初めてプールに入った双子たち。

最初は、水しぶきが嫌なのと、
みんながワーッとはしゃいでいる様子がダメだったらしく
(みんながはしゃぐと、水しぶきが立つからか?)、

集団から離れてミギとヒダリの二人だけで、
ボトルに入れた水を出しては入れるという
地味な遊びをしながら静かめに水と戯れていたそうだが、

1週間もたつと、
「早くプールに入りたいの~!!」と
服を着たまま入りそうになるのを
先生が抑えるほど。

日に日にたくましくなるねぇ。

それにしても、
普通なら一人で慣れていくところを、
一緒のタイミングで経験できる相棒がいていいねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.09

ごっご遊びとスイッチ。

絵本に描いてあるお菓子に口をつけて
むしゃむしゃと食べる真似をして「おいしい」と言ったり。

絵本に描いてあるケーキを両手ですくって
私に食べさせてくれたり。

絵本の中で泣いているネコの真似をして、
両目に手を当てて、エーンエーンと泣き真似をしたり、

おもむろにバイバイと手を振ると、
部屋の隅のほうに歩いていったり。

ごっご遊び的なことが上手になってきた2人
(でも、私の真似をしてクイックルワイパーで
床を拭きたがる“掃除ごっこ”は、
1歳児にはあまりに柄が長いので危なっかしくて困る)。

それと、最近の流行りは、
あらゆる電気のスイッチを触りたがること。
(今までは触らせていなかったのだけれど、
だんだんそれも難しくなってきて・・・)。

CDデッキを開ける。
DVDプレーヤーを開ける。無理やり押して閉める。
「(開くと必ず「開いた!開いた!」と大げさに騒ぐ)

部屋、階段、洗面所、トイレ、あらゆる電気のスイッチを
つけたがる。何度も何度も。

お風呂に入ると、給湯器のスイッチをいろいろ触るので
「ピロロン♪」「温度が設定できます」「足し湯ができます」
「優先スイッチを押してください」などの案内フレーズが
次から次へとお風呂に流れる。
お湯の設定温度が60度になっていることもあって焦る。
さらに、キッチンとお風呂で会話ができるボタンを押しては、
「ハイ? ハイ? 」と誰もいないキッチンに向かって、
イクラちゃんのように話しかけている。

このどれもが、とても可愛くもあり、
時には、とても面倒に感じるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.08

双子に見えないかも。

ヒダリは、ぶどうパンのぶどう部分を好んで食べる。
ミギは、ぶどうパンのぶどうをよけてパンを食べる。

ヒダリは、マッシュポテトやカボチャが好き。
ミギは、マッシュポテトやカボチャは苦手。

ヒダリは、水は好きだけど、スープや味噌汁は好まない。
ミギは、スープや味噌汁をごくごくと飲んで褒められたい。

ヒダリは、知らないテレビ番組や知らない場所も大丈夫。
ミギは、知らないテレビ番組や知らない場所は警戒する。

ヒダリは、石橋を叩かずに、フラーッと渡ってしまうタイプ。
そして、渡っちゃった~。僕もできたよ~と
ニコニコしているタイプ。

ミギは、石橋を叩いて、積極的に渡るタイプ。
そして、叩いているところや渡ったところを
褒めて褒めて!というタイプ。

顔も、髪質や肌質も、性格も、
食べ物の好みも、ぜーんぜん違う、うちの双子。

2人乗りベビーカーに乗って、
おそろいの服を着ているからこそ双子に見えるけれど、
そうじゃなければ、双子とは気づかれないかも。

同じ双子でも一卵性と二卵性では、
本人たちの気持ちも、周りの反応も、
だいぶ違うだろうなと思う。

にしても、
お腹の中からずっと一緒にいる人間がいるって、
なんとなくドラマチック♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.07

お母さんのイライラ

3歳くらいの男の子とお母さんが
公園に向かって歩いていた。
お母さんは、
まだ歩けない下の子を乗せたベビーカーを押している。

もう少しで公園の入り口、というところで
「あっちの公園がいい! あっち! あっち!」と
男の子がぐずりだした。
「あっち! あっち! あっちがいい、あっち~!!!」
どうやら「あっちの公園」は、
来た道を戻る方向にあるらしい。

「あんたがこっちの公園がいいって言ったんでしょ!」
お母さんはイライラしながらそういうと、
子供を「あっちの公園」の方向に向かせるために
男の子の肩をグイッと引っ張った。

ドタッ。 ワーン、ワーン(泣)。

お母さんの力が少し強かったのか、
バランスが悪かったのか、
男の子は結構派手に転んでしまい、
ワンワンと泣き始めた。
それを見て、動きが止まるお母さん・・・。

私は胸がギュッと苦しくなった。
涙が出そうになった。
見てはいけないものを見てしまった気にもなった。

子育ての中では、イラッとして、
子供に強く言い過ぎたり、力を入れすぎてしまったり
することがある。
そしてそのあと、ものすんごく落ち込む。

・強くひっぱり過ぎちゃった、ごめん。
・あぁ私はなにをそんなにイライラしてるんだろう。
・でも、これくらいの力で転ばなくても・・・。
・最近わがままばかりで、疲れたよ、もう。
・私だって2人の子育てで泣きたい気分だよ~。
・ハタから見たら、乱暴な母親みたいで恥ずかしい。

お母さんの「やり場のない思い」を勝手に想像して
私は胸が苦しくなったのだ。

でもきっと「あっちの公園」で、3人仲良く、
ケロッと遊んだり笑ったりしたと思うんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.05

拭いて、拭かれて。

ミギを抱っこしているときに
ティッシュペーパーを欲しがるので渡したら、
私の肩を拭いてくれた。
ミギの鼻水が私の肩についていたのだ。
「可愛い!」
実際には、ティッシュが肩に触れる程度で
ちゃんとは拭けてないのだけれど。
ちなみに、床やテーブルはよく拭いてくれる。
たぶん、私の真似。

そうかと思えば、
食事中、ミギは何度も
「ベタベタ」と言って、自分の手を差し出す。
「手が食べ物でベタベタに汚れているから拭いて欲しい」
ということなのだが、
おにぎりをひと口も食べないでグチャッと握り、
手を振ってつぶれたおにぎりをぶんぶんと飛び散らかし、
その挙句に
「ベタベタなんですけど」と手を差し出されるときには、
「はいはい」「あぁあ」「はぁ」「もう」と
そのときの私の心の余裕度によって、
いろいろなため息が出る。

まっ、食べ物遊びは毎日のことなので、
いちいち気にしちゃいなけどさっ。

そうそう、
私の体重が、出産前に戻ってしまった理由のひとつは、
子供が残したご飯を食べてしまうことだと思う。
頭では「食べなきゃいいだけ」だと分かっていても、
食べ物をゴミにするのがもったいなくて
(いや、たんに卑しいだけか)、
ついつい食べちゃうんだよな~。
その分、自分のご飯を減らせばいいんだけど。
頭では分かってるんだけどな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.01

オチチ

テレビ『ケンミンショー』で、
大阪人は、胸のことを「おちち」といい
東京人は、「おっぱい」という。
大阪人は、「おっぱい」というほうが気恥ずかしく、
東京人は「おちち」というほうが気恥ずかしい。
と言っていたが、

10年ほど大阪に住んでいたことがあるからか、
私は双子に授乳するとき
「おちちだよ~」と言っている
(1歳8ヶ月になったが、昼寝前、就寝前、
夜泣き時だけ授乳中)。

最近、子供たちが
「オチチ、チチ」と言えるようになった。
夜9時頃、そろそろネンネの時間だよ~って頃になると
ちょっとぐずりだす。
「何なに、どうしたの?」と聞くと
「オチチ」「チチ」と、始めはなぜか遠慮がちに言う。
その言い方が可愛い。

でも、こうなると、
オチチって言えるようになる前に、
卒乳しておけばよかったかなとも思う。
要求がハッキリしていいることを止めさせるのって
お互い、大変そうだもんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »