« 透明人間になれたら…。 | トップページ | バイバイのタイミング »

2010.05.27

飲ませたいときには飲んでくれず

子供が病気になって面倒なことのひとつが「薬」だ。

うちの場合、
粉薬を水で溶いて飲ませるタイプが多いので、
薬を小皿に入れて少量の水をいれ、
スポイトで吸って口の中に入れる
(以前は、そのまま小皿から飲ませていたけれど
今はその方法では飲んでくれない)。

なぜかうちの子たちは、
一番飲んでほしいときに飲んでくれない。
のけぞって、もがいて嫌がる。
だから、「イヤー」とかなんとか言って
口が開いた隙を狙ってスポイトで薬を入れる。
ベーッと出されないように、なるべく口の奥のほうに。
でも、喉に入るとむせて吐き出してしまうので、
喉までは届かないあたりを狙って入れる。

ところが、症状が軽くなって
「そろそろ薬はやめてもいっか」という頃になると
昨日までの抵抗が嘘のことのように
すんなり飲んでくれる。
まるで美味しいものを飲むみたいに。

もうひとつ面倒なのが、薬の管理と置き場所。
例えば風邪をひくと、
抗生剤と咳と鼻水と整腸剤って感じで、
3つも4つも薬をもらう。

しかも、途中で薬が変わることも多く、
それまで使っていた薬をしばらく取っておくこともある。

二人揃って病気になることが当たり前。
親もうつされることが多いから、
食器棚の上の一部は家族4人の薬の袋に占領される。
こっちも体調が悪かったりすると、
この風景だけでイライラしたりする。

食事のたんびに
お盆にたくさんの小皿を並べ、
それぞれの袋から薬を取り出しては
「こっちがミギ」「こっちがヒダリ」と薬を作り、
嫌がるのを無理やり飲ませ、
一つ目の薬を上手に飲ませることができても
二つ目の薬を飲ませたら喉に入ってむせてしまい
二つ目と一緒に一つ目の薬も吐き出されたりして…。

それにしても、
症状が軽くなると美味しそうに飲むのは
なんでなんだろう? 

|

« 透明人間になれたら…。 | トップページ | バイバイのタイミング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/48162269

この記事へのトラックバック一覧です: 飲ませたいときには飲んでくれず:

« 透明人間になれたら…。 | トップページ | バイバイのタイミング »