« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010.03.31

母は、危ないよ、という言葉が増えてきた

最近の双子のトピックス(1歳5ヶ月)。

高い場所に登りたがる。
高い場所からおりたがる。
不安定な場所が楽しい(積み上げた布団など)。
絵本の仕掛け部分は、必須とばかりに必ず破く。
鍵を開ける。
オモチャで壁や窓を叩く。
お皿やスプーンでテーブルを叩く。
カーテンの中に入りぐるぐるねじって走って遊ぶ。
目をつつこうとして叱られて泣く。
ジャンプの練習。
♪カステラ一番♪で踊る。
♪頭、肩、膝、ポン♪で踊る。
♪アンパンマンの歌♪で踊る(観てないのに)。
♪オモチャのチャチャチャ♪で踊る。
♪お母さんといっしょの「ゴーチャ」のチョウチョで踊る。
ピタゴラスイッチのアルゴリズム体操の上達っぷり。
石を拾う。食べようとする。
影、鏡の反射に興味津々。
グーチョキパーの「チョキ」に興味津々。
歯磨きは好きだけど、仕上げ磨きはちょっと苦手。
手を洗うのが好き。ジェスチャーで「洗いたい」と要求する。
絵本『だるまさんと』が好き。自分でもムギュってする。
絵本『1,2,3』が好き。特に手と足の写真。
動物(犬、猫、ハト、すずめなど)、花に会うのが嬉しい。
調光付き電器のダイヤルを回して部屋を暗くする。
自分で暗くした部屋で、暗い中を遊ぶのが好き。
猫に触れると嬉しい。
二人きりで遊んでいるとき、たまに抱き合っている。
こんにちは、はーい、ばいばい、ができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.25

1歳までの写真集

Photobook

1歳までの写真でPhoto Bookを作った
(タイトル部分は名前が入っているためボカシています)。
利用したのはココ
編集ソフトをダウンロードしてPC上でレイアウト&
送信すれば、写真集が送られてくる。
半透明のカバーもついて本格的っぽい(変な日本語!)。

ソフトにはレイアウトのフレームや
写真の切り抜きテンプレート、イラストなどもあり
手軽に写真集を作ることができる
(とはいっても、写真選びやレイアウトで
けっこう時間はかかったけれど)。

サイトにアップされている写真集を見ると、
写真もレイアウトもみんなすごく上手。
それらを参考にしながら、
自分のオリジナルを作ることができる。

ただ残念なのは、
ネット上では原寸大で写真集を見られないこと
(他のサイトは知らないけれど)。
「なんとなく」で作って後悔するのはイヤだな、
1冊あたりの単価だってけっこう高いものだしと思い、
青山にあるショールームに行って
いろんな仕様の写真集をみせてもらった。
写真集の大きさやページ数と綴じ方と厚み、
仕上げはマットかコートか、そしてそれぞれの価格
などを確認してから、いざ、製作。

締め切りもなく、
文末に入れる文章を夫婦で添削しあったりしていたら
3ヶ月ほどかかってしまった。

毎日毎日
飽きるほどレイアウト画面や写真を見ていたので、
出来上がったら驚くほど感動がなかったのだけれど(笑)
大きくなった子供が見て楽しんでくれたら嬉しい。

それと、私はマメに写真を送ったりするたちではないので、
こういう形で、
父や母や叔母に写真をプレゼントできたのは良かった。
特に、田舎に住む叔母は、
近所に見せてまわってるほどの感激ぶりらしい。
「1冊2万円ほどかかるんじゃないの?」
と言ってたそうだが、
そんなにかかるなら何冊も作らないって(笑)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎朝、ガムテープ工作

子供たちがぶつかってケガをしないように
子供部屋の家具の角、出窓の枠、壁の出っ張りなどに、
棒状のクッション材を貼っている。

商品的には両面テープで貼るようになっているのだが、
それだけではすぐに子供たちにはがされてしまうため
見栄えは悪いが、上からガムテープで固定している。

それも、
棒状になっている長い辺に沿ってテープを貼ると
貼ったそばから、ビーッとすぐにはがされてしまうので、
棒の上から下までを
長い辺に対して直角になるように
何枚ものテープで覆うように貼っている。
それでも、
午前中にこっちの1本、午後にはあっちの1本が
はがされている。

もう、いたちごっこ。

「僕たちがはがして遊ぶために貼ってるんでしょ」
くらいな様子で、当然とばかりに嬉々としてはがす。
「ダメ」と言うと、ダメなものをはがすのが楽しいらしく
私の顔色を見ながら嬉しそうにはがす。

貼るだけなら簡単なのだけれど、
ベタベタに丸まったガムテープをはがすのが一苦労。
そうじゃなくても荒れている指が、
テープの粘着力や除光液
(きれいにはがすために使っている)で
さらにガサガサになるし、
私の気持ちも、そろそろささくれだってきた。

別の場所に「はがして遊ぶコーナー」を作ろろうかとも
考えたりしたけれど、きっと、
そっちもこっちもはがすだろうし、
キャベツみたいに、
むいてもむいても芯がでてこない
みたいな構造にできないかしらと思ってみたり。

はぁ。
明日の朝も、
大きな2本と小さなコーナー部分を貼り直さなきゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.24

テケテケテケ

おたふく風邪の予防接種のために小児科へ。

その日の病院は、
まだ1歳に満たない赤ちゃんとそのママ&パパ
(たぶん、何かの予防接種で)が多く、
歩きまわったり、オモチャで遊んでいる子は、
うちの子たちくらいだった。

音が出るおもちゃに合わせて踊ったり、
絵本の中の付いている鏡に喜んだり・・・。
それだけでもうちの子たちは
ちょっとした注目の的だった(と思う)。

注射を終え、お会計もして帰ろうかなという頃、
すっかりご機嫌になったミギが
(オモチャや本がたくさんあるので、
二人とも病院が大好き)、
「テケテケテケテケ」と言いながら、
待合室の端から端を歩き出した。

この「テケテケテケ」が他のママ&パパに大ウケ。
みんなの目が「もっとやってほしい」とミギを見ていた。

家では日常的な光景なので
最近ではあまり気にも留めていなかったのだけれど、
ミギは「テケテケテケ」と言いながら駆けるように歩く。
教えたわけでも
テレビか何かを真似しているわけでもなく、
気がついたらテケテケ言っていたから
これは「ミギ語」だと思う。

こういうとき、ミギはたいてい
追いかけっこをしたがっているので
私も一緒に「テケテケテケ」と言いながら追いかける。
するとヒダリも、ニコニコしながら、
一緒に追いかけっこに参加してくる
(ヒダリはテケテケとは言わないけど)。

あとどれくらい3人でテケテケ遊びができるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.23

子供と触れ合う心地よさ

ウサギのパペット。
耳の部分に指を入れて動かすことができる。

その耳で、
子供たちの首を「コチョコチョコチョ」と言いながら
くすぐると、はにかむように喜ぶ。

そして、自分から首をウサギの耳に近づけてくる。
もっとやってほしいって。

か、可愛い!

洋服の首の部分を少し引っ張って、
背中やおなかに向かって
息を吹きかけてあげるのも大好き。 
自分で服をひっぱりながら、
「あれ、やって」と歩いてくる。

か、可愛い!

子供は気持ちいいこと、楽しいことに正直だ。
だから、こっちも思いっきり、
ギュッとしたり、くすぐったりできる。
その心地いいことといったら!
育ててみないと分からなかった感覚。

二人目、三人目の子供が欲しくなる理由には
この感覚をもういちど味わいたい気持ちもあるでは!?
と思うのだ。


| | コメント (0)

2010.03.19

ばらの花

ラジオを聴きながら子供と一緒に朝食。

くるりの「ばらの花」が流れてきた。
ノリノリのヒダリ。

いい曲だよねぇ。
ヒダリ、分かってるねぇ。

なんか嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.18

それ、食べてみたい!

私の食べているものを欲しがるようになってきた。

あんなに嫌がっていた納豆も食べたいというので
お皿に入れてみると、
ヒダリはなんの抵抗もなく食べ始めた。

ミギは、納豆を触っては嬉しそうに手を高くあげ、
糸がなが~く伸びるのをしばらく楽しんでから
おもむろに口に入れた。
一瞬、変な顔はしたものの食べた。

朝食に私が食べていた乾燥プルーン。
子供に食べさえる気は全くなかったのだけれど、
欲しがるのであげてみたら大好物になったし、
面白いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.16

コンセントプレート

子供たちが静かに遊んでるなぁと思ったら、
子供部屋のコンセントプレートが外されていた。
そのはずされ方にビックリ。

コンセントプレートというものは、
土台が上下2本のネジで壁に取り付けられていて、
その上にパチンッとはめるカバーがついているのだが、
その土台ごと外されていたのだ。

見ると、ネジは壁についたまま。
土台のネジ穴部分が上下とも割れていた。

最近、爪でテープなどをはがすのが大好きな子供たち。
おそらく、
その小さい爪で壁と土台の間を引っかき、
そこにできたわずかな隙間をその小さな指でこじ開け
ネジ穴をも割って、土台ごと外したのだと思う。

外れたままでは危ないからと、
夫が別の部屋のプレートを外してきて
取り付けてくれたのだが、
次の日の昼頃に見たら、もう外されていた。
同じ手口で・・・。

困ったものだ・・・とも思うけれど、
そのときの子供たちの頭の中を想像すると
楽しかっただろうな、達成感があっただろうなと思う。

そして今、コンセントプレートは、
ガムテープで固定してあるのだが、
さて、ガムテープがいつまで持つやら・・・。
テープをはがすの大好きだからね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.15

たまにつぶやいてます。

Twitterやってます。
このブログにも貼り付けてみたりして。

ミクシーのように休眠状態になるかもですが、
よかったらフォローしてくださいな♪
名前は「addhumor」です(わかりずらい!)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.11

母(ばあちゃん)の手作り

今までに私の母(パッチワークが趣味)が作ってくれた、
子供のためのおもちゃ。

Baatyannomotya_1003


■いろんなボタンがついたおもちゃ
つまんだり、つかんだり、くわえたり、投げたり。
(もらったときは、ボタンが取れたら誤飲しちゃうじゃん! 
とキーッとなったけれど、かなり頑丈につけてくれて
いるので、何ヶ月も経ってるけれど大丈夫。
でも油断は禁物!)

■猫のポーチ
入れ物としては使ったことがなく、
もっぱら子供がスナップを外して遊んでいる。
留めることはまだできないので、
私が留めて、子供が外して、のくり返し。

■ボール
投げたり蹴ったり、隙間に入れたり、箱に入れたり。
軽いのでぶつけても怪我をしないところが嬉しい。
色味が渋いのが母親らしい。

ヒダリとミギのために、
全部二つずつ。

子供が寝返りを打つ頃には
ゴロゴロと布団からはみだしてしまうので、
大小のパッチワークの敷物が重宝した。
出産とは関係なく、随分前に母からもらっていたもので、
インテリアに合わないからと
長い間仕舞い込んでいたのだけれど・・・。
今、子供たちが小さい頃の写真を見ると、
赤ん坊と手作りパッチワークって絵になるんだよね。

母も婆ちゃん業を楽しんでいる様子。
ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春一番

子供をベビーカーに乗せて散歩している途中、
偶然ママ友に会った。
「これから公園で他のママと合流するんだけど、
一緒に行く?」

公園に着くと、
うちの子とほぼ同時期に産まれた子供たちが
楽しそうに公園を歩き回っていた。
その光景に軽くショックを受けた。

「そっかぁ。もうみんな外を歩かせてるんだねぇ」

うちの双子たちも、部屋の中ではもう走り回っている。
でも外を歩かせたことはまだ2回。
その一番の理由は、
私一人で二人を追いかけるのは危険で不安だからだ。

でも「今日はママ友もいるし、二人とも遊びたそうだし」
と、思い切って二人を歩かせてみた。

ヒダリは足を地面につけるなり、嬉しそうに
あっちへパタパタこっちへパタパとと歩き回る。
地面がゆるい坂になっている場所では
加速がついて転びそうになる。
すべり台の鉄筋に頭をぶつける。
それでもパタパタと歩き回る。

ミギは慎重派なのでじーっとひとつの場所を動かない。
でも、鳩や犬を見て興奮気味にしゃべったり、
すべり台の降り口に座って(この場所は安心するみたい)
外の空気や風景を楽しんでいる。
(家の中ではヒダリより走り回ってるのに、面白いなぁ)

二人はとても楽しそう♪

あぁ、でも! やっぱり一人で二人は無理~!

ヒダリはちょっと目を離すと、
石や葉っぱや小枝を口に入れてしまうし、
短い時間なのに2回も転ばせてしまった。
ミギがあまり動かないうちは良かったけれど、
慣れてきて動くようになると、
結局どちらかを片手で抱っこしながら
もうひとりの相手をするという格好になった。

他の親子は、すべり台を滑らせたり、
一緒に走ったり、地面に枝でお絵かきしたりする中、
「ちょっと待って! あ~食べないで!
そこの石は尖ってるから危ないよ! 
それはお友達のでしょ」と私はアップアップ。
今思うと恥ずかしかったなぁ。
(そのときは恥ずかしいと思う余裕さえなかった!)

ごめんね。
外遊びをあんまりさせてあげられなくて。

暖かかったけれど風が強かったこの日。
春一番が吹くたびに、今日のことを思い出しそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.08

プー

握ると「プッ」と鳴るオモチャ。
ヒダリが上手に鳴らして遊んでいたので
「プッて鳴ったね~♪」と声をかけたら、
自分のおしりを触って、?みたいな顔をした。

あ~。
ヒダリがおならをしたときに、
おしりを触りながら「プー出たね~」って
話しかけてるもんね。

今日も笑わせてもらった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

おしりを拭きたがる

ひとりのオムツを替えていると、
もうひとりがオムツやおちんちんに触りたがることは
前にも書いたけれど、
最近は、私の真似をして、
ウエットティッシュでおしりを拭きたがる。

さらに、替えられてる本人も、
自分のおしりを触りたがるので、
4つの手がウンチを触らないようにオムツを替えるのが、
毎回トホホなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »