« 手作り簡単ドライトマト | トップページ | 離乳食 »

2009.10.11

ちょっと特別な香り

去年の今頃、出産のために入院していた。
お腹が大きくて苦しいこと以外は
それほど体調も悪くなかったので、
「ほぼ2ヶ月の入院生活」が決まったときには驚いた。

でも病気ではないし、
生まれて初めて体験する泊りがけの入院だったので、
浮かれた気持ちも少しあった。

しかし体は、自分で感じていた以上に
デリケートな状態だったらしく、
「極力安静に」と、
病室がある5階のフロアしか歩くことを許されず、
外出どころか1階にある売店に行くことも禁止され、
本や漫画を読み放題の生活とは言え
ベッドから離れない束縛感と退屈さで、
1ヶ月を過ぎた頃には、
さすがに少しどんよりイライラとした気分になっていた。

そんなある日、
病室の窓を開けたら、ふわっと金木犀の香りがした。
まさか病室で(しかも5階だし)香りを感じられるとは
思っていなかったので、
とても嬉しかったことを覚えている。

入院していると季節の変化が遠く感じる。
見舞いに来てくれる夫の服装が、
半袖から長袖、カーディガンからフリースへと
変わっていくのが別世界のことのようで、

窓から見える空が秋模様に変化しても、
もうひとつ実感には乏しく、
私の皮膚感覚は、
残暑の中、汗だくになりながら大きな荷物を持って
入院した日のままだった。

そんなとき、病室に届いた金木犀の香り。
香りは柔らかなのに力強く秋を感じさせてくれて、
嗅覚は、視覚や聴覚よりも触覚に近いな
なんて思ったりして。

今年は、
出窓から外を見るのが好きな息子たちのために
窓ガラスを開けたときや
乳母車を押しながらの散歩のときに、
子供たちと一緒に香りを楽しんでいる。

金木犀の香りは、私にとってちょっと特別な香りなのだ。

|

« 手作り簡単ドライトマト | トップページ | 離乳食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/46448122

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと特別な香り:

« 手作り簡単ドライトマト | トップページ | 離乳食 »