« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008.09.18

名前

子供の名前を考えようと、色々な文字の画数を調べてたら、
ふと、自分の名前はどうなんだろうと調べてみたくなった。

姓名判断には色々な流派があり、
同じ文字でも画数の数え方が違ってくるらしいが、
手元にある本によると私の名前は…

感性豊かで、芸術や芸能で才能を発揮。物事の理解が早く、
友人には恵まれるものの、人間関係はあっさり。
全体運としては、波乱万丈傾向なので、謙虚さを心掛けて
とのこと。

前半のくだりはライターという仕事をしている身としては、
なかなか嬉しい運勢だ。

でも「波乱万丈」ってほどの人生じゃないよなぁと思い
夫に問いかけてみると、
「そう? ○○とか、○○とか、なかなか普通は体験しない
人生を歩んでるんじゃない?」と、
今となっては笑い話だが
当時は何かと大変だった過去の出来事を指摘された。

ちょっと驚いた。
端から見たらちょっとした波乱な人生なの!?

誰しも人は、他人とは違う体験をしているわけだし、
自分が人より波乱な人生を歩んできたなんて
全く自覚がなかった。
(謙虚さが足りなかったのかといまさら自戒したりして…。
あくまで一流派による姓名判断だし、
おそらく私の両親は、この流派とは違う考え方で
名付けてくれたんだろうけど…)

上記は旧姓の運勢。
仕事を旧姓のまま行っているため、
これまでは名前を呼ばれるといえば旧姓がほとんどだった。
しかし最近は産休で仕事を休んでいるため、
病院や役所など、戸籍上の名前で生活することのほうが多い。

そうすると、
「波乱万丈」から
「手を広げすぎて全て中途半端になりがち、目標を絞って!」
という傾向になるそうだ。

今の目標はなんと言っても、
元気に元気な赤ちゃんを産むこと。

謙虚に、目標に向かって、がんばるのだ。
そして赤ちゃんの名付けは、悩ましく楽しい作業なのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.09.12

不便なこと

わざわざ書くことではないのだけれど…。

お腹が大きいと不便なことがある。
例えば、キッチンに立つと、流しにお腹が当たる。
水しぶきや油ハネがお腹を汚すので、エプロンは必需品。
(腰に巻くタイプのものも、お腹に巻いて使っている)
靴や靴下が履きにくい。
足の爪が切りにくい。
寝返りがしにくい。

って、この程度のことは体験する前から
聞いて知っていたのだけれど、
もっと日常的に頻繁に不便に感じることがある。
それはトイレの中でのこと。

用を足して拭く時に、お腹が邪魔になるのだ。

これは知らなかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.09

リズム

一定のリズムで、ポン…ポン…ポン…ポン…と
胎動を感じることがある。

心臓の音にしてはテンポが遅いし、
第一、心音は胎動としては感じないだろうし。

看護師さんに聞いてみると、『しゃっくり』だそうだ。
「痙攣かと思って心配しちゃいますよねぇ」と看護師さん。

とたんにあのリズムが可愛いものに感じられる。

でも、あんなに何回もしゃっくりをして、苦しくないのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.09.08

心(臓)音

赤ちゃんの状態を確認するため、
定期的にお腹の上から赤ちゃんの心(臓)音を拾って
心拍の速さの変化を見る。

二人なので2か所。20分間ほど。

赤ちゃんの心臓の早さは大人に比べてとても早い。

赤ちゃんは動いているので、心音が拾える場所が動いてしまったり、
ここにいた! と思ったら、同じ赤ちゃんの心音だったり…。
看護士さんが赤ちゃん探しに苦戦することも多い。

元気な赤ちゃんの状態を看護師さんに聞いてみると、
ずっと一定の心臓の速さではなく、
急に速くなったりなど、変化があるほうが良いそうだ。
へぇ〜、そうなんだ。

心音チェック中に赤ちゃんが動くと、ゴゴゴッと音がする。

毎日、お腹で赤ちゃんの存在や動きを感じてはいるけれど、
超音波画像で赤ちゃんの様子を見たり、
赤ちゃんの心臓の音を聞くと、
安心できるし、とても楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »