« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007.08.31

たぶん、私は虫歯になったことがない

前回の歯医者の話題に続いて・・・。

「たぶん、私は虫歯になったことがない」

小学校の歯の検診で、“虫歯の可能性あり”と言われ、
歯医者に行ったことはあるけれど、結局、虫歯は存在せず、
治療までには至らなかった。

かといって、すごく歯に気をつけてきたわけでもなく、
両親が歯磨きにうるさかったわけでもなく、
歯磨きは朝と夜の2回だけだし、
酔っ払っていたり、すごく眠かったり、
歯磨きしたあとにお菓子をつまみぐいしてしまったときなど、
面倒だからと、歯磨きしないで寝てしまうこともあるほど。
でも、妹も小学生の頃、虫歯がないからって表彰されていたので、
(私は歯並びが少し悪いので、もらえなかった)
体質的に歯が丈夫なのだと思う。両親に感謝。

ただ、なんとなく、このほうが歯がツルツルになるから気持ちいい
と思って、していることがあるので、書いてみると・・・。
 ・歯磨きをほんの少ししかつけない。
 ・小さい歯ブラシを使う。
 ・歯ブラシを、いろんな角度にして磨く。
  特に、歯の付け根部分に斜めに当てて磨く。
  歯というより、歯と歯茎の隙間を磨く感じ。
 ・歯磨きの後、舌で歯を触って歯がツルツルに感じないとヤダ。

あとこれは全然関係ないと思うし、自分でもバカだなーと思うけど、
 ・基本的に左手で歯を磨く(私は右利き)。

左脳は右手、右脳は左手が関係してるっていうじゃないですか。
で、左脳は計算とか分析とか論理的部分を、
右脳は想像とか感覚とか直感的部分をつかさどると言われるので、
右脳が発達してほしい!と思い、
何か毎日することを左手ですればいいんじゃなーい?と
「歯磨きを左手で」しています。

食べることもしゃべることも、こんなに好きなんだから、
年をとっても、気持ちよく、喜びを感じながら、
食べたりしゃべったりしたい。
今までは「歯が丈夫」ってことで、
やや放っておきっぱななしだった口の中。
定期健診をしたことで、これからは少し意識を向けられるかな。

 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007.08.28

お口の中もデトックス!?

歯も歯茎も、全く痛くないけれど、あまりに歯医者と縁がないので、
ちょっと診てもらっておこうと思い立った。
調べてみると、中野区では35歳~70歳までなら、
200円で成人歯科検診を受けることができる。

私は虫歯を治療したことがない。
というより虫歯になったことが、たぶん、ない。
だから、歯医者が痛くて怖くて面倒という認識がほとんどないので、
まるで、マッサージに行くときみたいに、ちょっとウキウキ気分。
区の検診とは別料金だけど、クリーニング(2370円)も申し込んだ。

<結論>
気持ちよくて、楽しい! 
お口の中のデトックスなんや~(って使い方間違ってる?)

 ・歯と歯茎の間にある溝(歯周ポケット)を全ての歯でチェック。
  (この溝が深いと歯周病になりやすい。)
 ・超音波で、歯石や茶しぶなどをすみずみまで除去。
 ・歯の表面(表、裏)を磨く。
 ・そして、虫歯がないかどうか検診。

歯と歯茎の間の汚れを取るときはちょっと痛いけど、
でも、スッキリ、サッパリ、ツルツル。
口の中が引き締まって、体のむくみを取るのと似たような感覚。

私が行った歯医者は、明るくて清潔な診察室に
クールボッサな曲が流れていて、
目隠しにかけてくれるタオルがいい香りで心地よかった。

口を大きく開くので、アゴや舌が疲れるし、
クリーニングで使う水が口にたまって、吸引はしてくれるんだけど
どうしても喉に入って、ゴホゴホしちゃったりして、
全て快適とはいかないけど、でも、ほんと、行って良かった!

次は4ヶ月後。
(歯の状態がいいから、次は4ヵ月後で大丈夫ですよって言われた♪)

毎日の歯磨きが、ちょっと楽しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.08.27

つぎからつぎに、つぎたすつぎたす。

”テレビで見た美味しそうな麻婆豆腐食べに行く?”と
夫と新丸ビルへ。

この「四川豆花飯荘」の売りのひとつが“茶芸師”。
ジョウロみたいな、注ぎ口が1mもある急須から、
アクロバットに湯呑みにお湯を注いでくれる。
Sisen_otya_3

湯のみには、ジャスミン、なつめ、クコ、百合根、胡桃、氷砂糖などが
入っていて、ほんのり甘くて美味しい(特に2煎目からが甘い)。
そして、お湯を足せば何煎でも飲める。

いや~でも、何煎も飲めるのはいいんだけど、
もう、お茶の“わんこ蕎麦”状態なのだ。 
ちょっとでもお茶を飲もうもんなら、
茶芸師のお兄さんがササッとやってきて、
ジャジャーッ、チャッと湯のみにお湯を足す。

「結構です」って言えば、きっとお湯を足さないんだろうけど、
お茶は美味しかったし、初めてで勝手が分からなかったし、
なにしろ面白かったので、何度もお湯を足してもらって、
たくさんお茶を飲んだ。

あのお店では、
お客さんが帰った後の湯のみ全てに、
たんまりお湯が入っているのではないかしら。

最初の目的だった麻婆豆腐は辛さ強めで香りも良くて美味しかった。
でも、また絶対食べた~い!っていうほどではなかったな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.26

おやすみプンプン 第1巻

なんじゃ、これ~!!!

もっちろん、誉め言葉です。めちゃくちゃ面白いです。
浅野いにおの最新作『おやすみプンプン』。

以前、がっつり感動した『ソラニン』とは全然違うテイスト。
可愛くてシュールでせつなくて怖くて。

そうそう女の子ってこんな感じ。
そうそう男の子ってこんな感じ。
そうそう人って、えっそこっ?ってとこで切れたりする感じ。

まだ1巻だから展開は分からないけれど、
続きがめちゃくちゃ楽しみだー!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

映画 Sicko

「たくさんの人に見てほしいー!!!」

アメリカに驚く。
そんなひどいアメリカに近づこうとしている日本を不安に思う。
そういえば中山美穂と辻仁成ってフランスに住んでるんだよなー
とか思い、
私たちは、うるさい国民にならないといけないんじゃんと思う。

この映画は、『ボーリング フォー コロンバイン』『華氏911』の
マイケル・ムーアー監督が撮った、医療制度をテーマにした
ドキュメンタリー映画。
ドキュメンタリーといっても、そこはマイケル・ムーアなので、
笑えます。面白いです。泣けてもきます。

国民健康保険に入ってない人が増えてるし、
年金問題もゴタゴタしてるし、
郵便局が民営化したし、
高齢化は進んでいくし、
格差社会とか言って、それをなくす情報より、
格差の上に行くための情報がもてはやされてるし、

そんな日本に住むたくさんの人に見てほしいと思う映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.25

映画「陸(おか)に上った軍艦」

映画館で予告を見て、見よう!と思った行った映画。
95歳の映画監督、新藤兼人さんが、
戦争体験、主に軍隊体験を語っているドキュメンタリー映画だ。

戦争のむごさや悲しさやむなしさを描いたものはあるだろう、
私は嫌いだけれど、潔さや美しさやかっこよさなんかを
描いたものもあるだろう。
それに比べてこの映画は、戦争という異常な状況になったときの
人間の愚かさや滑稽さ、怖さ、惨めさなどを描いている。
特別な話やドラマチックな話ではなく、
普通の男性が軍隊に入って、感じたこと、見たことなどを、
新藤監督から聞かせてもらっている感じだ。

戦争は、”いろんな人間がいる”ということを認めない。
人が殺し合うという愚かさだけでなく、
全てにおいて”人間らしさを奪い、狂わせる”ものなのだ、
ということを感じる。

戦争じゃなくても、全員が同じ方向を向いて、同じことを言っている
場面を見ると、薄気味悪さを感じる。
渦中にいると分からなくなりがちだけれど、
この薄気味悪さは、大事にしなくちゃいけないんじゃないかなと
思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.24

痩せた説得力

岡田斗司夫さんのダイエット遍歴を見ると、
その変貌ぶりに驚く!

そして、痩せることで、人格まで違って見えることに驚く。
(お会いしたことはないのでどんな人格かは知らないけれど)

上にリンクを貼らせてもらったブログの中で
岡田さんの著書『いつまでもデブと思うなよ』が紹介されている。
その中の一部。

真理1.ダイエットは面白い
「毎週、ベルトの穴が一つずつ縮む。
どんどん体が軽くなっていく。走っても息が切れなくなる。
階段を駆け上がれるようになる。
48歳という中年男性にとって、
これはまるで自分がスーパーマンになっていく気分だ。
おおげさでなく『若返るとはこういうことか!』と感動の毎日である」

上記の他、様々なダイエットの効用が紹介されているのだけれど、
その切り口が面白い。
それに、痩せるって、結果が歴然としているから、
説得力があるんだよなー。

ブログに紹介されている文章を読むだけで、
本を読んだ気分になるくらい詳細に紹介されているので(笑)、
興味がある人は、リンク先の下のほうに紹介されている
本の紹介文を読んでみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

新サンマ!

スーパーで”北海道産 新サンマ”の文字。
1尾128円。
早速買って、塩焼きにしてたっぷりの大根おろしと一緒に食べた。

「焼き魚は家で食べるとホント美味しいな~。
焼きたてで美味しいな~」と夫。
外でどんな焼き魚を食べてるんだろう。

久しぶりの涼しい日の訪れと新サンマ。
残暑はまだまだ続くらしいけど、チラッと見えた秋の気配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.23

日本の夏の風景

昨日の昼下がり、近所から
「うそー! まじでー! そんなのありー!」と
大きな声が聞こえてきた。

瞬間、
きっと高校野球ですごいことが起きたんじゃないかなと思った。
そしたら、ホントにすごいことが起きていた。

昨日は、何人の人が叫んだんだろな。

| | コメント (0)

2007.08.17

例年以上に、残暑お見舞い申し上げます。

残暑お見舞い申し上げます。

そろそろお盆休みが終わり、仕事に戻る人が増えてくる頃。
今年の夏の暑さや冷房との温度差は、
例年になく体がダメージを受けてるかもしれないので、
体の不調を感じたら、いつもより体をいたわることをオススメします。

最近ちょっと体を壊し、治ったかなーと思ったら、今度は頭痛。
家にあった薬を飲んでも効かず、病院に行き、そこでもらった薬も効かず、
別の病院で「これとこれが効かなかったんです」と伝えて、
偏頭痛向けの薬をもらったら、やっと痛みがおさまった。
もしかしたら、体が治りかけていたのかもしれないから、
本当にこの薬が効いたのかどうかは分からないのだけれど、
何にしても、掃除をしようとか、ご飯を食べたいとか、出かけようとか、
何かをやろうという普通の気力が戻ってきたのが嬉しい。

本当、今年の夏は、快適な場所や時間がないと感じる。
とても暑いか、エアコンが効いているかのどちらかなのだもの。

具合が悪いと、エアコンの風がいつも以上にイヤで、でも止めると暑いし、
体が弱い人や、具合が悪い人にとって、この夏は、
とても体力が消耗しやすいんじゃないかなと思う。

植物に肥料を与える時期は、夏が終わる頃が良いと
花屋さんに聞いたことがある。
「暑い夏を耐えてご苦労様」ということなのだ。

まだまだ残暑は続くらしいので、皆様本当にお見舞い申し上げます。
体調を壊して病院に行くときには、
カーディガンを持っていくことをオススメします。
待合室のエアコンが、けっこうしんどかったりするので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.14

遊園地での、とある気持ち

遊園地の乗り物に乗るとき。

ジェットコースターみたいに、順番に一列に乗る乗り物じゃなくて、
例えば、メリーゴーランドやコーヒーカップみたいに、
乗り物が並ぶフロアを自分で歩いて、どれに乗るかを選ぶ乗り物の場合、
フロアを歩いて(走って)いるときの気分は、どこか心もとなくて、
ちょっと泣きそうなときの気分に似てる気がするんだけど。

と夫に話したら、
それが、ワクワクしてる、楽しいってことじゃん と言われた。

そうか。でも、なんか違う気がするんだけどなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.13

夜空を見上げて その2

流れ星を10個見た。

ペルセウス座流星群。
夫は明日も会社なので、眠ってしまった。
私はずっと起きてるつもりが、ソファーで眠ってしまい、
ふと目覚めると夜中の2:30。 
ちょうどいい時間じゃんと、ベランダから夜空を見上げる。

マンションや外灯の明りがあるし、ベランダからの夜空は狭く、
好条件とは言えないけど、
見上げて5分ほどで、明るく大きな流れ星を発見。 
俄然やる気になる。
それから約40分くらい見てたかな。
首が疲れるので、10個見たらおしまいにしよーと数えながら見た。

この条件で10個なんだから、もう少し暗いところだったら、
もっと見えるんだろうなー。 車があったらなとぼんやりと思う。
小学校の林間学校で、山の上で見た降るような夜空。
あそこで見たら、心に残る風景ベスト5に入っただろう。

朝、出勤前の夫に「流れ星10個見たよー」と言うと、
「すごいねー、でも、夢だったりして」と言われる。
「夢じゃないよー」と答えたものの、
一瞬で消えてしまう流れ星は、存在が希薄で、
見ている星が流れるのではなく、
突然、視界の端でシューッと流れるので、
心の中では「確かに、夢みたいだったな」と思った。

| | コメント (2)

2007.08.12

夜空を見上げて その1

各駅停車でのんびりと「西武園ゆうえんち」へ。
8月の土日&13日は花火大会があるのだ。

何万発も打ち上げられる大花火大会に惹かれつつも、
未体験なので、鑑賞スポット探しや混雑を考えると夫を誘いずらく、
西武園ゆうえんちの花火大会を提案。

良かったな~。すごく良かった。
まあ、どんな花火大会でも「つまんなかった」という人は少ないと思うけど。
光の線と色、音、タイミングとリズム。
シンプルな花火も、いやシンプルだからこそ? 進化してるんだね。
他の花火大会とは比較できないけど、内容がギュッと凝縮された印象。
2500発だけど、大満足!

花火との距離が近いので花火が大きい。
屋台との距離が近くて便利。
花火大会の時間が30分とコンパクトなので、
座る場所を確保できなくて、立ったまま見ても疲れにくい。
花火を待っている間は乗り物やゲームで遊べる
(かなり年期の入った、ローカル、ロースピードの乗り物が多いけど
 その、のんびり感も楽しい)

花火大会が終わった後、観覧車に乗って遊園地の夜景を楽しんだ。
古い遊園地だから、夜景のほうがキレイだな。

帰りの電車は拍子抜けするほどすいていて、のんびり座って帰った。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »