« 美術館に行くように、科学に触れる | トップページ | ホルモンの部位の名前 »

2007.05.09

玄米が食べたくなると

玄米のモチモチプチプチが食べたい! 野菜をいっぱい食べたい!
と思うと行くお店「みねらる屋」さん。

写真は840円の「みねらるランチ」。

お店の方は栄養士の資格を持っているそうで、
野菜たっぷりなのにすごく食べ応えがあるランチだ。

Mineraruya

今日のメニューは
・玄米+黒米(だと思う)
・オムレツ
・いわしの煮付け
・ごぼうとスナックエンドウとピーマンのきんぴら
・レンコンとブロッコリーとスナックエンドウとニンジンのゴマ和え
・ひじきとコンニャクとニンジンの煮物
・カボチャと玉ねぎのサラダ
・お味噌汁(具沢山)

店内では、お惣菜を量り売りしていて、
それとご飯やお味噌汁をセットにして食べることもできる。

自然食のお店っていうと、女性客っていうイメージがあったんだけど、
20代の男の子や、40代の男性のお客さんも来ていて、
さらに女性客よりも熱心にお惣菜や食材を見ていた。
なんか、時代の変化を感じるなー。

*

阿佐ヶ谷の駅前の西友の裏
杉並区阿佐谷北1-4-12

|

« 美術館に行くように、科学に触れる | トップページ | ホルモンの部位の名前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61012/14987645

この記事へのトラックバック一覧です: 玄米が食べたくなると:

« 美術館に行くように、科学に触れる | トップページ | ホルモンの部位の名前 »