« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006.12.27

ジュンク堂にあった。

またひとつ、私の中でジュンク堂のポイントが上がった。

探していた「ピアノ譜」があったのだ。
楽器店にはなかったのに、ジュンク堂にあるなんて!

ネットの楽譜ショップでは見つけていたのだけれど、
内容を見てから買いたかったので、
吉祥寺と新宿の楽器店4件でチェックした。
でも収穫なし。
もしかしたら・・・と新宿ジュンク堂に行ったら、あった~!

図書館みたいだし、本が探しやすいし、
探してないけど会いたかった本にも出会いやすい気がするし、
喫茶コーナーのコーヒーも美味しいし、
好きな本屋さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.22

「作りたて」

夜から取材があった。
朝からずっと家にいたので、夕方、化粧をして出かけた。

電車に乗って窓に映った自分の顔を見たとき、
なにか違和感を感じた。
化粧がケバイような気がしたのだ。

太陽の光ではなく、電車の蛍光灯の下でみる「作りたて」の顔は、
どことなく浮いて感じた。
なるほどー。夕方化粧をするとケバくみえるのかも・・・と思った。

朝、化粧をして出かければ、夕方には化粧はわりと落ちている。
化粧なおしをしても「作りたて」の顔とは違う。
夜の街で「これから仕事かな?」と思う女性にたまに会うけれど、
それは、化粧や髪型のニュアンスだけでなく、
夜なのに作りたての顔だからかもしれない。と思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.21

かっこいい~

ダニエル・クレイグかっこいい~。セクシ~。
と、ミーハー的にはしゃいでしまいそうなほど、
映画『007カジノロワイヤル』の新ジェームズ・ボンドはかっこよかった。

マッチョな人はあまり好きではないのだけれど、
彼は別! って思ってしまうほど。
少し前に公開されていた映画『レイヤーケーキ』もよかったけれど、
007はいいな~。はまり役だな~。
いわゆるボンドガールの女優エヴァ・グリーンも
弱さと強さ、あどけなさと女らしさがスクリーンに映えていてイイ感じ。

007に全く思い入れがないので、歴代の作品や俳優さんと比べて
どうかは分からないけれど、いい作品だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鼻呼吸

ちょっと気づいたこと。

ピアノを弾くときって、自然とゆっくりした鼻呼吸呼吸になってる!

体のためには鼻呼吸がいいらしい。
鼻には繊毛(鼻毛のことね)があるので、鼻で息をすると
ばい菌が入りにくい。喉も傷めない。
ヨガでは、ゆっくりした鼻呼吸が基本だ。

ピアノを弾くときって、集中するし、耳からは心地よい音が入るし、
なおかつゆっくり鼻呼吸。新陳代謝にも良さそうな気がする。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.12

イッセーさんの一人芝居

先週、ご褒美みたいな夜を過ごした。
イッセー尾形さんの一人芝居のチケットをプレゼントしてもらったのだ!

照明が全て消えた真っ暗な舞台。
パッと明りが付くと、そこには異様な人がいる。
明りが付く瞬間は、その異様さのために、
ワクワクだけじゃなくて、緊張が入り混じった気分になる。

ぬいぐるみを抱いた、金髪パーマ厚底靴のギャル。
おかっぱ頭で、前髪を子供みたいにしばった掃除のおばちゃん。
制服のズボンを腰まで下げて靴を引きずって歩く男子高校生。
などなど。

ほんの少しデフォルメしただけで、人間ってすごく異様で可笑しい。
いや、デフォルメしてないかも。そのままで充分異様なんだな、きっと。

イッセーさんは、舞台の端で着替えをする。
華奢な体と筋肉とパンツ一枚の姿から、次の人物へと変身する。
その様子は、ラーメン屋さんがラーメンを作るかっこよさや、
引越し屋さんが重たい荷物をひょいひょいと運んでいくかっこよさに
似ているなと思った。

言葉遣いや動きや、話し方にもその人らしさは表されてるんだけど、
人間って「髪型と服装、そして姿勢」でできてるんだなって感じた。

そんなイッセーさんの、舞台を終えた後の服装は、
キレイな明るいグリーンのセーターと、いい感じになじんだジーンズと、
ちょっとデザインが洒落ている茶色の靴。
そしてほんの少し猫背気味で、とても控え目な感じで、
サインをしたり握手をしたりして、お客様に感謝の気持ちを伝えていた。

 *
終戦前後の昭和天皇を描いた映画「太陽」で、
イッセーさんは昭和天皇を演じている。
あの映画では、不思議な異様さと可笑しさをすごく感じたのだけれど、
一人芝居の舞台で、その原点を見たような気がした。

この場を借りて、kanameさん、本当に本当にありがとうございました!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.12.04

サッカー選手を思う

自転車同士で、正面衝突してしまった。
ジーンズを履いていたので、擦り傷にはならなかったけれど、
内出血で足が腫れた。
おばちゃんは、大丈夫だったかなー。

転んですぐは、かなり足が痛くて、
自転車をこぐのも、おぼつかない感じ。
ふと、
サッカー選手って、思いっきり足を蹴られたり踏まれたりしたあと、
すぐ試合に戻ってるけど、ホントすごいなーと、
足の痛みを感じなが思った。
きっと、彼らの痛みはこんなもんじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.01

動くコサージュ

ペットショップに、ネコ砂を買いに言ったら、

(解説しよう!)
ネコ砂とは、ネコのトイレに敷くもの。
ネコは用をたすと、それを隠すかのように、砂をかける習性があるので
ネコ砂は必需品。
うちは、オカラでできた、燃やせる、流せる、ニオイもとってくれるモノを
使っている。

レジのお姉さんが、ちょっと大きめのインコを肩に乗せたまま
仕事をしていた。
「ママ! あれ欲しい~」と子供なら絶対おねだりするだろう。
販促効果抜群だ!と悲しいかな大人の私は思ってしまった。

あまりに、当たり前のように肩に乗っていたので、
脳が「これはコサージュか何か」だと認識してしまったらしくて、
インコだと気づくまで、ちょっと間があったのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »