« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.11.30

ぞろ目

ぞろ目運が上がっている。

「運」と言っていいかどうかわからないけれど、
何気なく見たデジタル表示が、ぞろ目になっていることが多い。
小さく嬉しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.29

小さな秋

Kokeaki200611

6月に我が家に来た、小さなお庭が、すっかり秋色になりました。

今日は、レースのカーテンも開けてしまいたいくらい、
いいお天気!
(部屋の中が丸見えになるので、開けられないのが残念)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.11.27

二人で50曲。

Karaoke20061125

まだ締め切りの原稿は、書き終わっていないのだけれど、
土日の1日くらいは休んでもいいかっ!と、窓があるカラオケ屋さんへ。

前にも書いたけど、この「窓がある」ってのがポイント。
広い空を感じながら歌えるのが気持ちいい。

背中に、窓から入る秋の陽射しを、暑いくらいに感じながら、
歌った、歌った、二人で50曲。
(ビックエコーのカードは、店内の端末にログインすると、
ウェブ上で自分が歌った曲を確認できるのだ。
初めて見に行って数えてみたら、50曲だった。自分でビックリ)

”寝貯め”っていうけど、”歌い貯め”って感じ。
途中、隣の部屋から聞こえてくる人の歌に触発されて、
「あーそうだ! そういういい曲があったじゃん」と
懐かしい歌を歌って、
アレンジのかっこよさに感激したり、詩に感動したり。

人によっては、こんなに長時間カラオケするなんて、
つまんないし、そうとう暇だなー、バカだなーと思うだろう。
つくづく、相方が一緒に歌える相手でよかった。
(そうは言っても、私はまだ歌えたけど、相方はちょっと飽きてたかも)

歌うって、本当に気持ちいいな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.24

今日も机に向かって

陽の当たる広い場所で、空を感じたい。

思いっきり歌いたい。

髪の毛を切ってしまいたい。


そんなことを思う日々です。
締め切り間近です。
テスト前に、漫画や本を読みたい!と思っていた気分です。
秋が冬になっちゃうよ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.22

ケガの功名?

大根と豚バラの煮物を作った。

大根もお肉も柔らかくできたのだけれど、
味が薄くなってしまったので、
柚子胡椒をつけて食べてみたら、美味しい~。

もともとの薄味好きに加えて、
適当に作る料理は用心して、さらに薄味になりがちなので、
テーブルに塩やしょうゆを置くことが多い。

今日の柚子胡椒は、ヒットだったなー。
(もしかして、ヒットって古い表現?)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.11.21

リリーさん効果再び

おとといと昨日のブログのアクセス件数が高い。
なんで?と思ってアクセスワードを見ると、

リリーフランキー

『東京タワー』のドラマが放映されたからだ。
以前、小説『東京タワー』のことを書いたときに
アクセス件数が伸びて以来の、リリーさん効果だ。
そして、おもしろいなーと思ったのが、

リリーフランキー 結婚

というワードが多かったこと。
ドラマは原作と違って恋愛もテーマになっていたらしいから、
「リリーさんって結婚してたことあったっけ?」と思った人が
多かったのかしら。

リリーさんは結婚していませんよー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.17

「バック・ビート」

仕事で、ビートルズのことを調べてて、
スチュワート・サトクリフ関連の記事をネットで読んでいたら
また、泣いてしまった。

スチュワート・サトクリフの生涯を描いた映画
『バック・ビート』
たまたま深夜にテレビでやっていたのを見て、大泣きしたことがある。
見終わっても、涙が止まらなくて止まらなくて、
自分でも不思議なくらい涙が出てきた映画だ。

スチュワートのことは、その映画で初めて知ったくらいなのに。
何か、たまらない気持ちにさせるスイッチがあるみたい。

 *
スチュワート・サトクリフは、ビートルズが大ブレイクする前の
メンバー(ベース)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.11.16

切れた電球

家の階段の電球が切れて、もう1ヵ月以上たっているだろうか。

ワット数や形を覚えていない。
それをメモっても、つい買い忘れる。
なくても生活できるので、そのままになりがち。

蛍光灯や電球って、ほんと、買いずらい商品だなって思う。
ワット数などを覚えたつもりで店頭に行ったけど、
種類が多くて買わないで帰ってくることもある。

ちょっと違うけど、
パソコンのプリンターインクって、品番を覚えていなくても、
パッケージの写真で見分けがつくようになっているので便利だ。
(たとえば、マーブルチョコの写真がウチのプリンターだ!って感じ)

電球の上手な買い方、誰か知りませんかー。
(ただ、ずぼらなだけなんだけどさっ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.13

似てる?

Imoningyou_1


質問:これは、何で作ったお人形でしょう。
正解:さつまいもの天ぷら

吉祥寺で仕事の打ち合わせが終わった後、
天ぷら「万平」で天ぷら定食を食べた。
庶民的で安くて、揚げたてサクサクなので、たまに来るお店。
天丼550円、定食600円。安い!
今日の定食は、エビ、ゴボウ、イカ、キス、サツマイモ、春菊、カボチャ。
お味噌汁がしじみ汁なのが嬉しい。

お勘定を済ませると、
「あと30秒待ってて」と言われ、
しばし待っていると、おじさんがこのさつまいもの天ぷらをくれた。

以前にもネコだったかイヌだったかの、さつまいもの天ぷらを
もらったことがある。
今度は髪の長い女の子、私に似ていなくもない。

おじさんにとって、私はまだ若い女の子なのかなー。
おじさん、ありがとう!

きっと、このお店で、かわいいさつまいもの天ぷらをもらった女子は、
かなりの数いるに違いない。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.11.09

ごほうび

フローリングの汚れが気になったので雑巾がけをしていた。
もうそろそろ終わろうかなという時に、
ビール(猫)が、通りすがりに顔を近づけてきて、
キスしてくれた。

勝手な思い込みだけど、ご苦労様って言われたみたい。

ちなみに、ビールはメスで、しかもおそらく、
かなりおばあちゃんですが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.11.08

大風

昨日の風は、
突風や竜巻になって、たくさんの被害を出したことを知った。

そういえば昨日、
「台風一過みたいで、変な天気」と思ったことを思い出した。

大雨の後は、大風。 
変なのだ。

呑気に風を感じている場合ではなかったのだと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風のち冬?

昨日は強い風が吹いた。

たくさんドングリが落ちていたり、
あちこちで、たくさんの枯れ葉を掃く人たちをみかけた。

知らない間に、こんなに木の葉が枯れていたのかと思った。

今日は寒い。
少し冬の匂いだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.04

「花は桜木、男は桜井」

えーっと、今回は、真心ブラザーズを知らない人は、
読んでも全然分からないので、あしからず。
誰も読まないかもしれないけれど・・・。

でも書かずにはいられないのだ!

桜井さんしか歌わないライブ、
「花は桜木、男は桜井」に行ってきた!
(桜井さんが作った曲でも、ヨーチの持ち歌は歌ってはいけないという
ルール付き)

スーツでバシッと決める桜井さんに対して、
ヨーチ&MB’Sは、私たちは黒子ですとばかりに、
ウェイターのような黒いパンツに白いシャツ姿。
彼らは緊張している桜井さんを見るのが楽しくてしょうがなくて、
ニヤニヤしてた。いじわるだなー(笑)

のっけから、ギター持たずに歌わせられて
(たぶん、プロデューサーであるヨーチの指示)
どう立っていいか、ノっていいかも分からない感じだったけど、
中盤からは、「歌うって、ライブって、めちゃくちゃ気持ちいい!」という
桜井さんの新鮮な感動がガンガン伝わってきて、
音も声も動きも会場もひとつになって、すごくかっこよかった。

ライブの中で、ぐんぐん成長していく桜井さんを見せてもらいました~。

「悪口」「僕は喜劇王」「今しかない後がない」など
レアな曲が目白押し。
「まばたきの間」には、文明さんのピアノだけで、しっとり歌い上げ、
「それが本当なら」はジギースターダスト風アレンジだったり、
(あれっ、これはヨーチの持ち歌じゃん? 
でもむちゃくちゃ好きな曲なので、歌ってくれて嬉しかった♪)
他にジャジーなアレンジのものもあったり、新しい真心ブラザーズを堪能。

アンコールで「メトロノーム」などを演って、下がった後、
もう客電付いているのに、アンコールの拍手。
そしたら!桜井さんひとりで出てきてくれて、
これは、ヨーキングさんの持ち歌ですが、と断りつつ、
「I’m in LOVE」を弾き語りしてくれて、さらに感動。

本当に、ライブタイトル通り、
固い蕾が満開になる様を、この目でしかと見ることができ、
すごくいい時間を過ごさせてもらいました。
ますます真心好きになっちゃうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »