« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.23

戦争の一面

Photo_3
平和祈念展示資料館に行った。

きっかけは、西武線の中の資料館のポスター。
『ゲゲゲの鬼太郎』などを書いている、漫画家の水木しげるさんが
絵を描いていて、前から少し気になっていた。

「このポスター、前からあるよね。」
「気になるよね。」
「じゃあ、明日行ってみようか。無料だし」

行ってみて分かったのだけれど、
戦争という大きなテーマについての資料館ではなく、
戦争によってうみだされてしまった
 ・恩給欠格者(※1)
 ・戦後強制抑留者(※2)
 ・引揚者(※3)
の方々についての資料が展示されていた資料館だった。

だから、とても分かりやすかった。
テーマがはっきりしていたことと、
体験者本人が提供してくれた多くの現物や写真、
戦争を体験した画家や漫画家などが当時の様子を描いた絵、
などの資料で構成されていたから。

・召集令状(赤紙)
・友人が亡くなったことをその家族に伝える手紙
・日本に帰る日を夢見ながらシベリアで作った手製の箸
・マイナス30度の極寒のシベリアで着ていた、薄い防寒着
・1日分の黒パンを人数分に切る時の、ギラギラした眼
   ・
   ・
   ・

見ごたえ十分。
復習用のクイズコーナーなどもある。
機会があったら、ぜひ。
戦争が起こす悲劇の一面を、少し知ることができます。

平和祈念展示資料館
〒163-0231 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル 31階

※1恩給欠格者:
兵士として働いたのにもかかわらず、兵士として働いた期間が定められた期間に達しないなどの理由で、恩給や年金をもらえなかった人。
※2:戦後強制抑留者
戦争が終結したにもかかわらず、ソ連やモンゴルに連れていかれ、強制的過酷な労働をさせられた人。
※3:引揚者
外地と呼ばれた海外(旧満州など)に住んでいた日本人で、敗戦によって命も危ない状況においやられ、日本への帰国を余儀なくされた人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.22

また会えた

Neko_hanbaiki

これはきっとあのときの猫たちだ!

「お願い、起きないでねー」と思いながらシャッターを切る。
(もっと上から撮れればよかったんだけど)

仲がいいなー。
また会おうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.21

春の真っ赤な葉っぱ

Kanamemoti2

あちこちの生垣で、ツヤツヤの赤い葉っぱが輝いている。

「ベニカナメモチ」っていうんだって。

秋じゃなくて、春に赤い葉っぱが広がるのは、
若芽が赤いから。
だから、緑の葉より赤い葉のほうが、
ツヤツヤで柔らかに光っている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.20

ナズナ

Rimg0311

ハートの葉っぱをそっと引いて、
シャンシャン鳴らして遊んだ。

ハートの形が、三味線のバチの形に似てるから、
ペンペン草。

いつ名前がついたのか分からないけれど、
その頃「ハートの形」があったら
もっと可愛い名前がついたかもしれないのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.19

陽ざしを感じて歌う。

Photo_2
もっぱらカラオケは、料金の安い昼間に行く。
でも、昼間なのに太陽が感じられない場所に行くのが、
嫌だなと思っていた。

少し前に大きな窓のあるカラオケ店を見つけた。
日差しが入る部屋で歌うのは、開放感があって気持ちいい。

と思っていたら、近所に窓のあるカラオケ店ができた!
阿佐ヶ谷駅前のビックエコー。
4・5階にあるので、窓からの景色は、空が広く、
JR阿佐ヶ谷駅のホームも見えて、駅前ロータリーが見下ろせる。
他のカラオケ店に比べると部屋は狭かったけれど、
この景色は、かなりポイント高いと思う。
Asagaya_karaoke

Asagaya_karaoke2

これから、窓のあるカラオケ店が増えるかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.18

春のスリ傷

お風呂でシャワーを浴びるとき、
手の甲から手首の下あたりに、カーッと痛みが走る。
イタタタタッ。

家のまわりの草抜きをした。
(もちろん夫も誘って。家のことは一緒にしないとね)

ブロックとフェンスの間の狭い幅に腕を入れないと、
草に届かないところがあって、
なんとか根っこから草を抜こうとするので、
知らず知らずのうちに、グイグイと腕をブロックと
フェンスの間に押し込みながら作業をしていた。

そのときは、気付かなかったのだけれど、
腕に小さなスリ傷と打ち身がたくさんできていた。

お風呂に入っても痛い。
服がすれてもちょっと痛い。
ドライヤーの熱風も意外に痛い。
ヤカンや鍋の湯気も油断して痛い。

でも、運動をした後の筋肉痛のように、
ライブに行った後の難聴のように、
ちょっと誇らしい気分。
家のまわりが爽やかになった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.16

米ぬか

Photo
生の筍を八百屋さんで買った。

「筍の下茹で用の米ぬかありますか?」
袋入りの米ぬかは売っていたのだけれど、
たくさんの量は必要ないので、おじちゃんに聞いてみた。

「あるよー。ささにしき、こしひかり、どっちかいい?」
当たり前だけれど、米ぬかにもブランドがあるんだね。
「こしひかり!」
ひとつかみ分の米ぬかをビニール袋に入れてもらった。

今年は筍の出が遅いらしい。
「寒かったからねー」と、
聞いてないのに八百屋のおじさんが教えてくれた。

これが八百屋さんで買う楽しさ。

(写真:筍ご飯、にんじんの簡単胡麻和え、きくらげとゴボウの炒め煮)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.14

お父さんが、はんぶんこ?


「お父さんを、はんぶんこ、四分(よんぶん)こ、八分(はちぶん)こ」

え~っ!と思ったら、
「お豆腐さんを、半分こ、四文こ、八分こ」だった。

上戸彩ちゃんが出てる、キッコーマンの「うちのごはん」のCM。
画面を見ないで音だけ聞いてると、
どうしても、「お父さん」に聞こえてしまう。
「ふ」の声が小さいんだもん。

このサイトで見られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.13

ルー

「わたし、フランクフルートが食べたいな~」

小学生の女の子のおしゃべりから、もれ聞こえた言葉。
「ルー」って伸ばすと、
エクレアみたいな、洋菓子を想像させる。
ただ伸ばしただけなのにな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.12

不思議な感覚

木村カエラちゃんが、トーク番組で、
「手の親指が、部屋いっぱいに大きくなる感覚ってありませんか」
という話しをしていた。

それとは違うのかもしれないけれど、
お風呂で目をつむって髪を洗っていると、
自分がお風呂いっぱいの巨人になっているような気がすることがある。
ちょっと怖い。

夫に話したら、「分かる分かる!」って言ってたから、
みんなが感じてる感覚なのかな。

この感覚はいつからあるんだろー。
もし、子供のときからあったら、
怖くて目をつむれないだろうから、大人になってからかな。

みんなも感じる?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.10

靴に思う。

この春は、ヒールの高いパンプスやサンダルが
たくさん店に並んでいる。

それだけで、なんとなくワクワクする。

ヒールが低い靴も嫌いではないけれど、
ヒールがある靴は、靴そのものも美しいし、怠けてない感じが好き。
「今日の靴はこれでいっか」ではなく、
「今日はこれを履く。履きたい」って気持ちになる。

余談だけど・・・。
夫にヒールの高い靴への気持ちが分かるわけないのに、
隣にいるので、
「ヒールが高い靴がたくさんあって嬉しいなー」と言うと、
ヒールの高さよりも、靴の金額の高さにビックリしていた。

夫はそれほど洋服や靴に頓着しない。
ちょっとつまんないなと思う。もう少し鏡を見て欲しいなとも思う。
一緒に出かけるときに、私はよく
「その上着は暑苦しくそう~」
「え~っ。こっちの靴のほうがいいよ~」と言う。
でも、服や髪を気にしすぎる男性より私は好感がもてるし、
家計を考えるとありがたい(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.07

映画「ヒストリー・オブ・バイオレンス

ほとんど前情報がない状態で、夫に誘われるがままに行った映画。

すごい映画だった。
好き嫌いが分かれる映画かもしれないけど、とても面白かった。
静かで、緊張感があって、せつなくて、怖い。

監督がデイヴィット・クローネンバーグ。
カンヌ映画祭で大絶賛したと言われれば、
映画好きな人は、なんとな~くイメージがわくかも。

主役のヴィゴ・モンテーセン(ロード・オブ・リングのアラゴルン役)が、
派手な演技じゃないし、表情が大きく変わるわけじゃないのに、
すごく優しく見えたり、凶器を感じたり。すごい!

主役級の役はもちろんのこと、脇役が全員、本当に全員良かった!
お兄ちゃん役のジャック・ストール・アシュトン・ホームズが可愛い!

ストーリーとは余り関係ないけど、素敵だった台詞
 (映画を見ないと、素敵さは伝わらないけど・・・)
「時々あなたは、私を落ち込ませる」
「そうだろ。僕の得意技だもん」
そう言って、二人でとても楽しそうに笑う。
なにげなくて、可愛くて、やんわり愛を感じるシーンだったなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.05

不思議な音

仕事でインタビューをするときには、会話を録音させてもらう。
お話しを聞く場所は、店の中だったり、会議室だったり、
ご自宅だったり、教室だったりまちまちなので、
いろんな音が入っている。

家に帰って録音したレコーダーを聞き返して
気が付いたことがある。

飛行機が近くを通ると、
「ゴーーーーーッ」と全ての会話をかき消してしまう轟音とともに
「チュラチュラチュラッキュラキュラキュラッ」みたいな
なんとも文字にしにくい、
細かくて軽くて、ちょっと硬そうなモニョモニョした音が聞こえるのだ。

飛行機の音が、何かを振動させている音なのかなー?
異性人がしゃべっているように聞こえなくもない不思議な音。
あの音だけを取り出して聞いてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.03

桜のお風呂

Sakuranyuuyokuzai_2
まだまだ桜はきれいに咲いているけれど、
家の前の川には、散った桜の花びらが帯のように流れている。

もう桜も終わりかー。
そんな気分のときにピッタリなのが、桜のお風呂。

仕事で桜関連のグッズを探していたときに見つけた入浴剤。
岩塩と桜の花の塩漬けがネットに入ったシンプルなもの。
香りは、本当にかすかに桜の塩漬け香るくらい。
でもその儚さが桜に似合っている気がする。

花冷えの夜、自然のお塩と桜の香りで温まるって
出来すぎなくらい風流でしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.01

ひとり花見?

絶好のお花見日和の4月1日土曜日!
お花見のお誘いも受けていたのだけれど、
夫が仕事にでかけてしまい、自分の仕事も混んできているので、
うちで仕事をすることに。

でも、外に出た~い!

1時間ほど近所を散歩した。

Sakurakinjo_1

ついでに、前から気になっていたお惣菜屋さんでお弁当を買った。
家に帰ってきたら、日差しがちょうど仕事部屋に入ってくる時間で、
目の前の団地には、桜も雪柳もキレイに咲いているし、
まるで外でお花見弁当を食べてるみたいじゃないかー♪

「今日はご飯が黒米なんだけどいい?」とお惣菜屋のおばさん。
白米より嬉しいです。大歓迎です。
おかずはメイン1品とと副菜3品を選べる。
鶏肉のパン粉焼き、
カニカマ・アスパラ・ブロッコリー・キュウリの酸っぱくないマリネ
ちくわ・春菊・小松菜のおひたし
イカの煮物
野菜がいっぱいで、これで630円。
素朴な味で料理が作りたくなるお弁当だった。
Obenntou

おまけに、
別の商店街で買い物をしたら「今プレゼントしてるんです!」と
ガーベラのミニ鉢植えをもらった。
4月1日を満喫したような1時間だった。
Gabera

さあ。これから仕事再開!


※お惣菜屋さん「彩菜」
阿佐ヶ谷駅から中杉通り通りを早稲田通りに向かって15分ほど歩いたあたり。
隣がラーメン屋さんと古道具屋さん。
ゴマや葱ミソなど、体に良さそうな食材も売ってます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »