« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.30

クーラーをつけない日

3RIMG0288

毎年梅雨の時期は肌寒くて、仕舞った布団やカーディガンを出したりするのに、
今年はそんなこともなく、夏がやってきそうだ。

「30度を超える」「熱帯夜」そんな言葉の毎日に、
やっと聞いた「平年並み」。
いつも歩く道が、今日はとても瑞々しくて、爽やかで心地よかった。
ビール(猫)も今日は、ごはんをよく食べた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.24

♪新宿のカメラ屋さんの~♪

torukotoruko3toruko2西新宿のカメラ店で、買い物や家電品の下調べに行くと、いつもお昼ご飯に困っていた。
食べたい!って思うものがない、でも歩きつかれて座りたいし・・・と。

そこで見つけたのが「トルコレストラン ウスキュダル」
メイン(日替わり)と、スープ、サラダ、ライスorパン、チャイ、デザートがついて900円!(ケバブランチは1200円)
日替わりメニューは「具だくさん野菜と仔羊の煮込み」「肉団子(羊)のトマトソースオーブン焼き」「ナスとひき肉のムサカ」など。美味しいお手ごろ価格で嬉しい。
3階にあるので小さいエレベーターを上がってお店に入るまではちょっと不安だったのだけれど、タイルや布で飾られた壁や、花型の電気など、さっぱりしているのだけど可愛らしくて、居心地のいいお店です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.06.23

パチパチ世代

楽しかった~!80年代ジャパニーズロックのビデオ。

友達の手料理をいただきながらお酒を飲んでいると、家主のK君が「そうそう」と言いながら、TVKの「ライブ帝国」のビデオを見せてくれた。
80年代に活躍したバンドのライブがそれぞれ1曲づつ流れて懐かしかったー。すごく時代を感じるバンドと、そうでもないバンドがあるのも面白かった。

THE STREET SLIDERS、レベッカ、米米クラブ、ZIGGY、RED WARRIORS、バービーボーイズ、JUN SKY WALKER(S)、ユニコーン、Princess Princess、岡村靖幸、RCサクセション、佐野元春、PERSONS、THE MODS、THE ROOSTERS、浜田真理・・・などなど。

「わたし、PATIPATI(音楽雑誌のタイトル)の切り抜き、下敷きにはさんでた!」
「私も~!」
「ハリーみたいな髪型にしてた~」
「俺も~!」

集まった5人中私以外の4人は、それぞれにバンドを組んでライブもやっているメンバー。年齢も近いので、話は弾む、ギターを弾く、歌い出だす。お料理もとても美味しかったし(牛筋のキムチ煮、最高だった!)、ライブ帝国のビデオは楽しかったし、とても幸せな夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.22

パッケージに思う

父の日のプレゼントを買いにデパチカへ。

結婚前は衣類を贈ることが多かったのだけれど、最近は夫の実家もあるので、父の日も母の日も、もっぱら食べものを贈っている。
今年は「新茶の季節だから、お茶とお菓子を贈りたいな」と思って混雑する食料品売り場を歩く。
それなりに日持ちするお菓子で、美味しそうで・・・。
私が惹かれるものは、すべてパッケージに工夫があるものだった。
竹かごに入った可愛い鈴型の最中(もなか)、ざるに入った冷やしうどん、竹筒に入った水ようかん(去年はこれを贈った)、風呂敷と組み紐で包まれたお茶の詰め合わせ、キレイな和紙に包まれた佃煮。
お菓子やお茶を食べた後も、使いたくなるようなパッケージばかり。

日持ちしないお菓子は、そのものの美しさやみずみずしさで生菓子より見劣りする。だって、ケーキや和菓子はそれ自体が美しいんだもん。ツヤツヤ光る鹿の子餅や、しっとりしたチョコレートやカラフルなフルーツが飾られたケーキ・・・。だから、パッケージで日持ちするお菓子に楽しさや特別感をプラスしたいのだ。

お茶とお菓子を発送した後、いつも買っている化粧水を買った。
いつも買っているので、瓶は家にある。シャンプーみたいに中身だけ買いたいな。
化粧品メーカーで空き瓶の回収も行っているのだけれど、デパートまで持っていくほどの気力はない。
化粧品の美しい瓶やコンパクトは大好き!だけれど、いつも買っている人は簡易なパッケージを選べるようになるといいなと思う。

過剰というわけではなく「楽しく演出するパッケージ」と、「容器としてのパッケージ」と、両方欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.21

WE WILL ROCK YOU

qeen1 RIMG0214

友達から招待チケットをもらったので(ラッキー!)行って来ました、クイーンのミュージカル「WE WILL ROCK YOU」。

まずビックリしたのが「新宿コマ劇場」。
扇子やお団子やおにぎりが似合うような会場を想像していたのだけれど、リニューアルされてシャンパンやカクテル、ペンネサラダやモッツアレラチーズのサンドウィッチなどが販売されオシャレ~。シネマコンプレックスみたい。(昔のコマを見てみたかったな~)。でもお値段が高い!生ビール1000円、ウーロン茶500円!

ミュージカルに行く習慣がないので、新鮮で楽しかった。
話はベタだけれど「クイーンの音楽」を楽しむためのミュージカルだから、話しはシンプルでいいのだと思う。
お客さんも、一緒に歌ったり手拍子したり手を振り上げたり、まるでライブみたい。
クイーン好きの友達同士で行ったら、盛り上がって楽しいと思う!

私としては、鍵盤弾きながら演奏の指揮をしてる人に惚れました。眼鏡をかけて優しそうな人なんだけど、音楽が盛り上がるところは、熱く演奏していて、かっこよかったな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.14

蜂と夢

雨戸と窓の隙間に、蜂が巣を作った。

雨戸を開け閉めする時は、刺されないかとドキドキする。巣がだんだん大きくなっていくのはハラハラする。
処分しなくっちゃ。
ずーっと気になっていたのだけれど、巣を作って卵を育てている蜂を殺してしまうのが、やはり気の毒でなかなか処分できなかった。

そんなある日夢を見た。
私が蜂の巣に殺虫剤をシューッとかけると、ブワーーーッ!ワサワサワサーッと、携帯電話ほどの大きな虫がありえない量飛び出してきて、地面でひっくりかえって息絶える。
私はそれを、ほうきと塵取りでかき集める。
なぜか虫は蜂ではなく、カブトムシのようなゴキブリのような黒光りした堅い羽を持った虫だった。
後味悪い感じ。

普段、生活と密着してる夢をあまりみないので、「私よっぽど蜂の巣のこと気にしてるんだな」と思い、夢を見た日に、現実の世界で蜂の巣に殺虫剤をかけて捨てた。
蜂の巣にはいくつかの卵が入ってて、ひとつはまだブチブチ動いてた。
ごめんね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.10

韓国ランチ 阿佐ヶ谷

purokogidonnorinotamagoyakiwakamesu-puyuzutya







韓国料理「しなぶろ

石焼ビビンバやプルコギ丼、クッパや冷麺などがあります。嬉しいのは、カクテキがおかわり自由なこと。私は毎回おかわりしてます。(「すいませ~ん、おかわりを」と言わなくても、お皿がからっぽだと「おかわりできますよ」と聞いてくれるのが嬉しい)
スープ、小皿(この日は海苔入り玉子焼き)、カクテキ、飲みもの(コーヒーか、ゆず茶!)がついて、1000円以下でお得!
要注意なのは、スープのニンニクがかなり効いていること。午後からデートとか、仕事でプレゼン!とかいう場合は、控えたほうがいいかな~。あと量がかなり多めなので、お腹すかして行くといいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.04

パスタランチ 阿佐ヶ谷

RIMG0165RIMG0163







「スパゲティ松下雄二」
ここのパスタは、ニンニクがみじん切りじゃなくて輪切り。今日はちょっと焦げてて残念だったんだけど、焦げてないとニンニクが甘くて美味しい。
それと、サラダのドレッシング(写真のオレンジのソースみたいなのがドレッシングです)が美味しい。マスタードと摺り玉ねぎが入っていると思うのだけれど、あとは何が入っているか分からなくて悔しい。どうやって作ってるのか知りたいっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.02

新じゃが

sinjaga新じゃがっていうと、なぜか「皮つきのまま素揚げ」っていうイメージがあったのだけれど、小さいコロコロした可愛さに惹かれて買ってしまったので、煮物にした。作ってみたら煮くづれしにくく、ねっとりした感じが煮物のコッテリ感と合って、とても美味しかった!(豚バラと煮ました)

揚げ物は、揚げ油の処理に困るのでほとんどしない。
中華料理屋さんみたいに頻繁に揚げ物を作る厨房なら、揚げ油をこして、炒め用油として使いたいのだけれど、2人暮らしの我が家では、こした揚げ油を使わないうちに、油の鮮度が不安で結局捨てることになってしまう。
だから、我が家では、揚げ物は外で食べるものになってます。

先日、仕事で発展途上国の食料援助への話しを聞いたのだけれど、自給自足で作ることができない「食用油」は、発展途上国ではとても貴重なものだそうだ。ますます、家で揚げ物を作ることができないな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »